【パワーストーン浄化】パワーストーン・天然石の浄化方法のおススメ8選とは

パワーストーンは、生き物です。

目には見えないパワーで、あなたを守護しています。

しかし、時には休ませてあげたり、リフレッシュするための「パワーストーン浄化」が必要です。

そんな、パワーストーンの浄化方法の仕方を、厳選で8つを詳しく説明いたします。

 

スポンサーリンク


パワーストーンの浄化が必要の理由

アクセサリーや、リングも使用した後、そのままではくすみ、本来の輝きが無くなります。

そのためには、定期的にクリーニングすると、宝石や、貴金属は購入した時の様な美しい輝きを取り戻します。

 

パワーストーンも日常的に身に着けていたりお部屋に置いておくと、様々なマイナスエネルギーを吸い取り、それが知らないうちに石の中に溜まっていきます。

お金が自然に貯まるのなら有難いですが、邪気では迷惑な話です。

そのため、定期的にパワーストーン浄化を行い、石に溜まったものを一度リセットしてあげることも必要です。

 

あなたの大事なパワーストーンは、真心を込めてしっかりとメンテンスを行うことで、石は再び力を取り戻してくれます。

浄化が終わりましたら、あなたの「お願い事」を、パワーストーンの持つ本来の力で再び発揮できるようになります。

主な浄化方法

天然石のパワーストーンは、使い続けているとパワーが落ちてきて効果が薄れてきます。

そこで、定期的にパワーストーンの浄化をすることで、天然石のパワーが戻り、持ち主のあなたに運気上昇の協力をして運気アップにもつながります。

わたしが、パワーストーン浄化に効果があると思われる、8つの方法を厳選して詳しく説明させていただきます。

(1)塩で浄化する

ネガティブなエネルギーの除去と、石をリセットする

最近、パワーストーンの効果が感じなくなったと思ったら、パワーが低下しています。

塩で浄化すると、ネガティブなエネルギーを取り除き、石をリセットして、新しく新鮮なパワーを出すようになります。

(1)やり方は、お皿に塩をもって、石を10分間ほど埋めます。

(2)取り出したらしっかりと石を丁寧に拭き取ります。

パワーストーン浄化の方法の中ではかなり強力なやり方で、強いマイナスエナルギーもしっかりと取り除くことが出来ます。

ただし、石の種類によっては塩分に弱い天然石もありますので注意が必要で、下記を参照にして下さい。

【注意】塩の弱い天然石

セレナイト

アンバー(琥珀)

パイライト

ヘマタイト

ピンクスミナイト

ボージーストーン

ターコイズ(トルコ石)

アポフィライト、など

(2)流水で浄化する

水の力でマイナスエナルギーを洗い落とす

綺麗なグラスや、コップなどに浄化したい石を入れ、そこに水を流しっぱなしにして約5分~10分ほど置きます。

水の力で、マイナスエネルギーを文字通り流してくれます。

ただし、水流が強すぎますと、「柔らかい石」や「脆(もろ)い石」の場合は石が欠けることもありますから注意が要ります。

【注意】水に溶ける天然石(透明石膏)

セレナイト(透明石膏)

ジプサム

岩塩、など

(3)音楽で浄化する

あなたが癒されるミュージックで石も癒す

あなたが心地よく感じるミュージックや、ベルや音叉など、いわゆる「癒し系」の音や、ヒーリングミュージックを石に聴かせることで浄化する方法です。

激しいリズムの音楽などは逆にストレスを与えてしまうこともあります。

あなた自身がリラックスしたい時に、石と一緒に音楽を聴くのもおススメのひとつです。

(4)アロマを使用して浄化する

精油の力でパワーストーンをリラックスさせる

スプレー容器に精製水(天然水、ミネラルウオーターでもOK)を入れ、精油を一滴たらしよく振り、石にスプレーして浄化します。

ただし、石や精油の成分によっては変色する天然石もありますから注意が要ります(下記に掲載)

【注意】水に弱い天然石(輝き減退、色あせ)

ラピスラズリ

ターコイズ(トルコ石)

クリソコラ

マラカイト

ラリマー

ヘマタイト

パイライト、など

(5)日光浴で浄化する

太陽の力で蓄積したマイナスエネルギーを解放す

お天気の良い日に、ベランダや窓際に石を置き、日光に当てて浄化する方法です。

出来れば早朝の日の出の時や、午前中の太陽の光に当てると良いと思います。

照射時間は、10分から1時間程度で良いですが、天然石の中には日光や紫外線に弱い石もありますから注意が必要です。

【注意】太陽光は避けた方がよい天然石

アズライト

エメラルド

エンジェライト

オパール

ラリマー

サルファー

セレスタイト、など

【注意】太陽光により変色の可能性のある天然石

アメシスト

ローズクォーツ

ロードクロサイト(インカローズ)

ターコイズ(トルコ石)

フローライト

カーネリアン

マラカイト

クンツァイト

スギライト

チャロアイト、など

(6)お香の煙で浄化する

煙にくぐらせて石を浄化

石の傍でお香をたいて、煙に数回くぐらせて石を浄(きよ)める浄化方法です。

何度かくぐらせてから、後はお香をたいた同じ空間で石を1時間程度置いておくと良いかと思います。

また、お香ではなくハーブに火をつけ、その煙にくぐらせる浄化法もあります。

ハーブですと、来客時にもお部屋に素敵な香りがして、一石二鳥の効果があるかもしれません。

(7)月光浴で浄化する

月の力で穏やかに石を浄化する

日光浴と同様に、ベランダや窓際に石を置き、月の光を当てて浄化する方法です。

この方法ですと、「太陽光で変色の可能性のある天然石」や、「太陽光を避けた方がよい天然石」にも使用できます。

満月であればより効果的といわれていますが、そうでなくても、十分に効果は期待できます。

夜の静けさの中で、あなたを守ってくれる石を、穏やかな月の光が石に溜まったマイナスエネルギーをゆっくりと放出してくれます。

(8)土に埋めて浄化する

大地が石の本来持つ力を取り戻させます

石をご自宅の土に埋めることで浄化する方法で、これが意外にも効果があります。

擬似的に天然石が生まれた自然に返してあげることで天然石が生まれた時の状態に戻り、本来の力を取り戻させることも可能です。

さまざまな浄化方法の中でもかなり強力なものですが、できるだけ清浄な土で浄化を行うことをおススメします。

スポンサーリンク


この記事を読まれた方はこちらも読まれています

コメントを残す