【宝石のパワーストーン】ジェイド(翡翠)の宝石の意味と効果とは

宝石のジェイド(翡翠:ひすい)。

東洋の宝石として古くから人気の宝石です。

翡翠は水鳥のカワセミの羽の色に似ているから付いた呼び名とのこと。

この宝石には色々な魅力と「パワーストーン効果」があります。

 

スポンサーリンク


『宝石のパワーストーン』ジェイドの宝石の意味とは

ジェイド(jede)の和名は「翡翠(ひすい)」は、深緑色の半透明の宝石の一つです。

「jede」の語源は、スペイン語の「piedra de ijada(腹痛の石の意味)」がフランス語に混ざり「pierre de jade」となりました。

いつしか、この言葉が英語に入り「jade」となったとされています。

 

なを、「腹痛の石」の名前は、スペイン人がメキシコのアステカ大国を滅ぼした後に、メキシコからこの石を持ち帰ったことに由来しています。

古くから、ラピスラズリやターコイズ(トルコ石)と並び、日本や中国、中南米(インカ文明)では人気の高い宝石です。

かっては、「金」以上に珍重されて、玉(ぎょく)と呼ばれていました。

 

鉱物学的には「翡翠(ひすい)」と呼ばれる宝石は、化学組織の違いで「硬玉(ヒスイ輝石)」と「軟玉(ネフライト)」に区分されています。

見た目は同じように見えるので「翡翠」と呼んでいますが、正確には全くの別の鉱物です。

 

宝石としての翡翠は「硬玉」をジェダイド(jadeite)、「軟玉」をネフライト(Nephrite)といっています。

「硬玉」と「軟玉」はどちらもヒスイと呼ぶ場合もありますが、宝石とみなされるのは現在では「硬玉」だけです。

 

「軟玉」は中国以外では宝石とされず半貴石に分類されています。

中国や台湾に旅行で「翡翠」として安く売られているものは殆どが「軟玉」です。

ジェイドの宝石の特徴と歴史

東洋で珍重された、魔除けのお守り石

中国では、翡翠は水鳥のカワセミの羽の色に似ているから付いた呼び名とのことらしいです。

 

落ち着いた緑色「硬玉」と白に近い色「軟玉」があります。

硬玉はジェイド、軟玉はネフライトと言い、総称してジェイドとよばれていますが、冒頭にも書きましたが別ものです。

 

ジェイドは古くから護符や魔除けのお守りとして使用され、中国では高貴な立場の人物が持つ石とされました。

元々、ヒスイは美しい石として、瑪瑙(めのう)やその他の宝石と共に「玉」と総称されていました。

いつの間にか、中国では「玉(ぎょく)」と呼び、玉は翡翠の意味として使用されてきました。

 

余談ですが、中国の故宮博物館に収蔵されているような玉器は殆どが「軟玉」です。

しかし、台北国立故宮博物院に展示してある有名な「翠玉白菜」の彫刻は「硬玉」製で稀少品です。

 

色:深緑、ピンク、薄紫(ラベンダー)、白、青、黒、黄色など

産地:ミャンマー、中国、日本、アメリカ、グアテマラ

石の硬度:6.5~7.0

石のことば:幸福、長寿、徳

守護:ふたご座、卯年、亥年(紅)

愛:八白土星(白)、九紫火星(紫)

結晶系:単斜晶系

成分:Na(Al,Fe3+)Sl2O6

効果的な使用方法:ネックレス、ブレスレット

誕生石:5月の誕生石

結婚記念日:20年目の結婚記念日(磁気婚式)

誕生花:ヒアシンス(花言葉、青:変わらない愛情)

 

宝石「ジェイド(翡翠)」に関する情報はサイト内でもご覧いただけます。

  宝石 5月「翡翠(ヒスイ)Jade」 の意味とお得な情報

 

宝石・ジェイドのお願い事パワー効果とは

尊重と平和の心をもたらす宝石効果

ジェイドは、尊重や人徳が必要とされる人のための宝石とされています。

特にリーダー的な役割を担う人におすすめの宝石です。

求心力を高めて、人を惹きつけるような魅力のある人間性に導いてくれると思います。

 

また友情や愛情や家庭の平和をつかさどる宝石ともいわれています。

このジェイドは、人間関係に尊敬の心をもたらして、平和な関係性を気付かせてくれるでしょうね。

 

道徳心を育む宝石として有名で、相手に対しての礼節や思いやりの精神を高める作用があります。

人望を集める石とされ、古くから歴史的にも指導的な立場の高貴の人が用いてきました。

 

宝石・ジェイドで期待できる「パワーストーン10」の効果

【宝石・ジェイドの凄いパワーストーン効果10選】

安定や平和を守る

出産のお守り

良い縁と結婚のお守り

冷静かつ落ち着いた判断力

精神的な不安の解消

事業の繁栄と成功

長寿と健康

金運や財運に恵まれる

潜在能力の増加

災いから身を保護する

 

【お勧め】宝石・ジェイドと効果を高める組み合わせ

ジェイドは、「禍を転じて福と為す」効果のある宝石です。

古くから魔除けのお守りとして人気があります。

さらに、下記の天然石や宝石との組み合わせにより強力なパワーストーン効果が期待できます。

 

宝石・コーラル(珊瑚)との相性

人徳とともに繁栄をもたらす良い組み合わせです。

他者との豊かな人間関係を築きたい時におすすめできるのがこのコーラル(珊瑚)との組み合わせです。

 

宝石「珊瑚(さんご)」に関する情報はサイト内でもご覧いただけます。

  宝石 3月「サンゴ(Coral)」誕生石の意味と深堀話!?

 

宝石・エメラルドとの相性

大切な相手との尊敬し合える関係を築けます。

良い関係が、石を保っている間は尊敬し合える関係を永続させてくれる組み合わせです。

 

宝石「エメラルド」に関する情報はサイト内でもご覧いただけます。

  宝石 5月「エメラルド」誕生石とクレオパトラの関係!?

  【パワーストーン】エメラルド 意味とお願い事効果とは

 

宝石・サファイアとの相性

サファイアは古くから高貴な宝石として有名です。

この宝石との組み合わせは、人徳を高めてくれる可能性が大きいです。

 

宝石「サファイア」に関する情報はサイト内でもご覧いただけます。

  宝石 9月「サファイア(Sahttphire)」の 意味と人気とは

  【宝石のパワーストーン】宝石「サファイア」の意味と石の効果とは

 

宝石・ラピスラズリとの相性

高い次元の世界とつながり、より広い視野をもたらしてくれます。

ジェイドとの組み合わせでは、寛大な人間性を育む組み合わせです。

また、人徳を高める効果もあります。

 

天然石「ラピスラズリ」に関する情報はサイト内でもご覧いただけます。

  いて座 パワーストーン「ラピスラズリ」意味と効果とは

  宝石 12月の「トルコ石」と「ラピスラズリ」誕生石の意味

スポンサーリンク


この記事を読まれた方はこちらも読まれています

コメントを残す