【6月誕生石】真珠の種類と魅力、あれもこれも注目の総まとめ!!

宝石の女王と言われる「真珠」

真珠の魅力はどこにあるのでしょうか?

アコヤ真珠、黒蝶真珠、白蝶真珠、マベ真珠、淡水真珠と、

そして幻のコンクパールまで、

真珠の魅力を総まとめしてみました。

 

スポンサーリンク


真珠の魅力あれもこれも総まとめ

真珠の魅力はどこにあるのでしょうか?

古代から海の宝として大切にされてきました真珠。

 

現在パールといえば丸い珠が一般ですが、それは養殖真珠がつくられるようになってからの話です。

当時はすべて天然真珠でしたから、洋梨形、楕円形、涙形などいびつな形のものが殆どでした。

英語で「PEARL」の語源が「西洋梨」ですからバロックを表しています。

 

宝石のなかでも日本人にはなじみ深い「真珠(パール)」は鉱物ではありません。

海のなかで育った自然の恵みからの贈り物です。

 

ある人は神からの贈り物とも言います。それは、鉱物とは違う温かみのある輝きの中に、凛とした強さと優しさを感じさせる、そんな気品にあふれています。

 

真珠は世界五大宝石の一つで「宝石の女王」と呼ばれています。

昔の人は「月のしずく」や「人魚の涙」と表現しましたのでロマンティックな感性だと思いませんか?

 

今回、アコヤ真珠、黒蝶真珠、白蝶真珠、マベ真珠、淡水真珠と、そして幻のコンクパールまで、真珠の魅力を総まとめしてみました。

アコヤ真珠の魅力

パールは女性のための宝石です。

 

パールは、母貝(ぼがい:真珠をつくる貝)に入り込んだ異物(核)に対する防護反応により、その異物を核にして分泌物で包んでいきます。

それが幾層もの真珠層となり真珠の美しいテリと艶となります。

 

アコヤ真珠の母貝(アコヤ貝)がみずからの痛みに耐えながらそれを輝きへと変えていく過程で形成されるパールは、出産で痛みを乗り越えて子供を産む女性の生命力と重なります。

宝石のことばは、「健康」「純真」「長寿」ですが、妊娠や安産のお守りとされています。

 

さらに詳しい「アコヤ真珠」の情報は下記からご覧いただけます!!

 宝石 6月「真珠(パール)Pearl」の 意味と、真珠ネックレスの選び方とは?

黒蝶真珠(くろちょうしんじゅ)は大人の真珠

黒蝶真珠の魅力は、大粒な貫禄と大人の女性が富と権力を身に着けた象徴で,黒蝶貝から採れて、シルバーや黒色の真珠で最高の色は「ピーコック」色です。

 

黒蝶真珠は主にタヒチで養殖されることが多く「タヒチ黒真珠」とも呼ばれています。

主な産出地はタヒチや沖縄近海で直径が平均で直径10~11ミリと大粒が採れます。

 

さらに詳しい「黒蝶真珠」の情報は下記からご覧いただけます!!

  黒蝶真珠ネックレスやリングの選び方と使い方は?

白蝶真珠(しろちょうしんじゅ)はセレブな真珠

業界では、日本産のアコヤ真珠は「和珠(わだま)」と、白蝶真珠は「南洋真珠」と呼ばれます。

白蝶真珠も黒蝶真珠と同様に、暖かい海で養殖されています。

 

白蝶貝は真珠貝では最大の大きさで、そこから採れる白蝶真珠は直径10~13ミリと大粒なのが特徴です。

大粒の白蝶真珠は地位と名声を表現して着ける女性をセレブな気持ちにさせます。

 

白蝶真珠のバロックネックレスもありますが、やはり価格は高価になりますが、色やテリのよいラウンド珠をお勧めします。

その方が第三者から見られても高価なイメージです。バロックは不揃い珠で安いイメージがあります。

 

白蝶真珠でバロックネックレスを着けるのでしたら、私は淡水真珠のバロックネックレスをお勧めします。

価格がとてもリーズナブルでアクセサリーとして楽しめます。

(*バロックでも養殖ではない天然南洋真珠は高価ですからご注意!!)

 

さらに詳しい「白蝶真珠」の情報は下記からご覧いただけます!!

  白蝶真珠とアコヤ真珠の違いはご存知でしょうか?

マベ真珠の意味は「はげ頭」?

マベ真珠は「マベ貝」から採れる半球(ドーム型)の真珠です。

マベ真珠が「はげ頭」ではなくて、宝石のカボッションカットのカボッションは「はげ頭」の意味です。

 

マベ真珠の形が球体やドーム型と似ていませんか?

丸みの中から出てくる真珠光沢は独特な風合いがあります。

 

真珠層から出る美しいテリと艶が何とも言えなく美しく他の真珠と違う魅力があります。

青味がかった虹色からゴールドなど色彩も豊富で、奄美産が最高級品です。

 

さらに詳しい「マベ真珠)」の情報は下記からご覧いただけます!!

  マベパール(マベ真珠)の品質と価値はどうなの?

淡水真珠は無核真珠

淡水真珠は、お手頃に楽しめる真珠のアクセサリーとして使い道が豊富です。

他の真珠は海水で育ちますが、淡水真珠は川や湖水などの淡水で育つ真珠で、池蝶貝(イケチョウガイ)から産出される養殖真珠です。

日本産では「琵琶湖」が有名で、他には中国産もあります。

淡水真珠は基本的には「無核」で養殖されますが、最近は核入れの大粒の淡水真珠も採れます。

 

さらに詳しい「淡水真珠」の情報は下記からご覧いただけます!!

  【知るだけで鼻高情報】淡水真珠バロックネックレスの魅力

幻の真珠「コンクパール」


コンクパールは養殖できない「奇跡の天然パール」です。

現在は真珠と言えばほとんどが養殖真珠ですが、コンクパールは天然でしか産出されない稀少ない真珠です。

メキシコ湾やカリブ海に生息する「コンクガイ」から採れる真珠です。

 

真円のものはほとんどなくて、バロック形や楕円形で大きさも小粒がほとんどです。

コンクパールは、コンクガイが養殖できないので、天然の貝から偶然にパールが発見されるのを待ちます。

その確率は何万分の1とも言われ稀少で高価なパールです。

 

  真珠の物語「ナンダコレ?」ピンク色のパールの話。

スポンサーリンク


コメントを残す