カラーストーンジュエリーを、お得に買う3つの方法!?

ジュエリーが好きな人は多いと思います。

そして、カラーストーンのリングやネックレス、イヤリングも・・・

また、手頃な価格で買えるピアスでおしゃれに楽しんでいると思います。

カラーストーンの価格基準を知る事で賢い買い物ができます。

宝石の見る目ができると、無駄なお金を払わないでお得を見つける事も可能です。

では、カラーストーンの見分け方はどうすれば良いのでしょうか?

カラーストーン(色石)の判断基準

カラーストーンのジュエリーをオシャレに着けたい!!

ダイアモンドと違って、カラーストーン(色石)の場合は、厳密で客観的なグレードはありません。

カラーストーンを選ぶ多くの人は、「自分の好み」でジュエリーを選ぶことが多いと思います。

 

しかし、購入するカラーストーンの評価についての正しい知識があれば、見る目が出来ます。

欲しいと思うジュエリーが、はたして「適正価格」で販売されているかわかります。

何も知らないまま、「ジュエリーは高いもの」と、とんでもなく高い価格での購入は避けたいものです。

カラーストーンの価値基準

カラーストーンの良いジュエリーの見分け方

カラーストーンの価値基準のキーワードは「色、内包物、輝き」の3つです。

この「3つ」が基準ですから、これを見極めるとお得な買い物ができると思います!!

 

その石(例えばルビー)の「最高の色」に、より近いものほど評価は高くなります。

石の色が濃いからよいという訳ではありません。

 

内包物

宝石の内部に、インクルージョン(内包物)が無いか、少ないものがよい石です。

しかし、内包物がまったくないものは殆どなく、あれば珍品です。

 

輝き

ツヤとテリをもち、透明感が感じられる石ほど評価は高くなります。

カラーストーンの色

カラーストーンの「色」は、基本的には「最高の色」とされる色に近づくほど評価は高くなります。

しかし、その石が単純に色が濃ければいいという訳ではなくて、濃すぎて黒味を帯びたものは、薄い色の石と同等の評価になります。

カラーストーンの内包物


カラーストーンの「内包物」とは、宝石の内部に入り込んでいる、宝石の主成分と明らかに違う異物です。

気泡などのことで、「インクルージョン」といいます。

内包物が多ければ、当然輝きに影響を与え、石の美しさを損ねるので評価が下がります。

 

ただ、天然石は自然の賜物ですから、内包物が全くない石は実際には存在が難しいと思います。

内包物については、人に例えれば、どんなに美人さんでもホクロの一つはあります。それと同じで致命的なものでなければ神経質になる必要はないと思います。

カラーストーンの輝き

カラーストーンの「輝き」は、テリともいいます。

最高の色石、つまりカラーストーンのもつ独特のツヤとテリがあり、透明感が感じられる石は評価が高いです。

カラーストーンの「色、内包物、輝き」この3点がどれも最高ランクであれば、当然値段も高くなります。

店頭で目が飛び出すほどの値段が付いていてビックリしますが、それがカラーストーンの評価プライスです。

カラーストーンを賢く買うには?

カラーストーンの価格差を見極めるにはたくさんの石を見比べる事です。

カラーストーンの指輪やネックレスを「おしゃれ」して楽しんでいる人は多いです。

同じカラーストーンでも、「色、内包物、輝き」はそれぞれ違います。

 

天然石は自然の産物ですから同じ石が無いのは当たり前で、それが天然石の個性かもしれません。

そのようなカラーストーンの価値を評価する方法は「色、内包物、輝き」の総合点です。

超特級クラス

特級クラス

A、B、Cクラス

このように宝石業界ではカラーストーをランク別に分けて価格を割り出します。

このサイトにご訪問のあなたが賢くカラーストーンをご購入する秘訣をお伝えします。

 

良いカラーストーンをたくさん展示してある宝石専門店で値段の高い石を見ます。

それが、ルビーでもサファイアでもエメラルドの指輪でも構いません。

 

基本的にはペンダントには超特級品の石は使用しません。とにかく、そのお店と他店の最高品質を見比べます。

どのようなお店の規模で、ブランド品なのか、石の色で、大きさで、テリで、そして価格はいくらなのか・・・?

あとは、たくさんの色石をいろいろなお店で見比べて、カラーストーンの知識を身に着けてください。

そうすることで、自然とそのカラーストーンの値段の価値が見えてきます。

コメントを残す