ダイアモンドの選び方は、「大きさ」それとも「カット」?

ダイアモンドを選ぶ時には、

小さくても「高品質」でカットも良いものを選べばよいのでしょうか?

それとも品質はそこそこで、少しでも大粒の方がよいのでしょうか?

あなたなら、どちらを選びますか?

 

スポンサーリンク


ダイアモンドの選び方

ダイアモンドは「永遠に輝く」愛のメッセージ

ダイアモンドを選ぶ時は、今だけのことではなく、5年後10年後を考えてください。

彼氏が貴重なお金から愛する人に「婚約指輪」としてプレゼントしてくれます。

もらうときは、嬉しさが一杯で、ダイアモンドをプレゼントされるだけで舞い上がります。

ご結婚して5年も経つとほとんどの人は婚約指輪は使用していません。

そして、大事なものだからタンスや宝石箱の中に閉まってあるといいます。

その通りかもしれません。

 

ある人に本音で話してもらいました。

すると、30歳過ぎて、人前にダイヤモンドの指輪を着けていったら、周りの人が大粒のダイアモンドをしていて、私のは小さくてできなかった。

 

ちなみにこの方はの婚約指輪は、0.20カラットですが、極上品質です。
(ダイアモンド 0.20CT D VVS1  EXCELLENT)

後ほど、下取り価格の方で説明いたします。

 

結論からいいますと、どんなに高品質でもダイアモンドが引き立たないのです。

ですから、せめてクラスを落としても0.50カラットは欲しいところです。

ある程度の迫力もダイヤモンドには必要です。

ダイアモンドの価格を決める4つの要素

あなたも良くご存知のダイアモンドの評価の基準となるのは4Cです。

①カラット(carat) ②カラー(color) ③クラリティ(clarity) ④カット(cut)です。

 

ダイアモンドの情報に関しましては、下記のサイト内でもご紹介しています。

  ハート&キューピッド ダイアモンドの知られざる事実があった!!

  「ダイアモンド」と「ダイヤモンド」の正しい呼び方とは

  宝石 ダイアモンド4Cの厳選の賢い購入方法とは

  【宝石種類】4月誕生石「ダイアモンド」の意味と不思議な宝石言葉とは

 【宝石のパワーストーン】ダイアモンドの意味と恋愛効果とは

 【宝石種類】4月誕生石 ダイアモンドの意味や「生前整理」活用法とは

ダイアモンド4Cに関しまして下記にて、順次ご説明いたします。

カラット(carat)

ダイアモンドの重さを表します。(大きさではありません)1カラットは0.2グラムです。

カラット数が高くなれば、ダイアモンドの評価もあがります。

総カラット数が同じの一粒の1カラットと、小さなダイアモンドが多く入った1カラットでは、当然一粒ダイヤモンドの方が高いです。

カラー(color)

ダイアモンドの色あいを表し、Dカラーからアルファベット順に品質が落ちます。

ほとんどのダイアモンドは無色透明と思われています。

しかし、実際には厳密にいいますと、わずかな褐色や黄色をおびているものがほとんどです。

カラーは無色透明が最高でしかも稀少で、からの23段階で表されています。

Hカラーがボーダーラインで、以後黄色みが強く感じられます。

クラリティ(clarity)

ダイアモンドの透明度(内包物)を表します。

ダイヤモンド内にある亀裂や内包物の程度によってランク付けされます。

亀裂や内包物は、石そのものの自然発生したもの、加工時に出来てしまったものがあります。

IF   = 10倍の拡大で無欠点石

VVS1 = 10倍の拡大でも内包物の発見は困難な石

VS1  = 10倍の拡大でどうにか発見できる石

SI   = 10倍の拡大で楽に発見できる石

I   = 肉眼で容易に発見できる石

カット(cut)

ダイアモンドの仕上げの状態やカットを差します。

ダイアモンドが光を取り入れ、美しい輝きをあらわすのはカットで決まります。

カットが悪いダイアモンドは、カラット数が大きくても綺麗に輝きません。

輝きが損なわれたものはダイアモンドとしての価値も下がってしまいます。

 

こんな笑い話があります。本人は真面目ですから笑い話ではないと思いますが?

生前仕分けでダイアモンド1カラットのペンダントをもらったんです。

ところが肉眼でも見える凄い内包物で、その上に輝かない。

1カラットですが、あとは、Iカラー、I-1で、カットはプアー(Poor)だと思います。

お客様は、そのダイアモンドを輝くようにして欲しいとのご相談でした。

しかし、ダイアモンドの内容が悪すぎて、とても解決できない無理難題でした。

 

カットの評価は、良い方から、エクセレント(EXCELLENT)ベリーグット(VG)、グット(GOOD)

それ以下が、フエアー(Fair)や、プアー(Poor)でお薦めいたしません。

ダイアモンドを売ると、ガッカリします。

このサイトでも、買い取り金額を書いてみました。

有名ブランド品や稀少石ではないジュエリーを処分しようとしたらどうなるのでしょうか?

 

正直な話し、どこへ持って行っても、ガッカリするような値段でしか引き取りしてもらえません。

下取り価格は、買った値段の10%~15%が妥当な価格です。

 

販売価格で、0.30カラット、Gカラー、VVS1、カットはGOODのプラチナ枠のダイアモンドリング。

こちらが例えば、店頭価格が35万円で買ったとして、それをリサイクルショップや質屋に査定してもらいます。

すると、多分評価額は3~4万円程度です。

 

本当に力の抜ける値段ですが、実際はそれぐらいしか買い取りしてもらえません。

プラチナの枠代はすぐに値段がでます。後はダイアモンドの評価です。

 

ダイアモンド買い取り価格一例

D VVS1  EXCELLENTの場合

ダイアモンド 0.2 D VVS1  EXCELLENT  24,000円

ダイアモンド 0.3 D VVS1  EXCELLENT  51,000円

ダイアモンド 0.5 D VVS1  EXCELLENT  151,000円

H  SI-1  GOODの場合

ダイアモンド 0.2 H  SI-1  GOOD  10,000円

ダイアモンド 0.3 H  SI-1  GOOD  22,000円

ダイアモンド 0.5  H  SI-1 GOOD   60,000円

 

クラスにより、こんなにも買い取り評価額がちがいます。(あくまでも一例です。)

これに枠の使用貴金属の買い取り金額がプラスされて、合計金額になります。

ダイアモンド指輪がブランド品の価値はどうなるの?

ダイアモンドのリング(指輪)のアーム部分には必ずブランドのロゴマークが入っています。

カルティエやティファニー、ブルガリ、ハリーウイストンなどのマークです。

 

ある程度のブランド品は、低グレードのダイアモンドは使用しません。

ブランド店としてのプライドもあります。

 

ここで大事な事は、リングにブランドマークがあるから「ブランド品」なんです。

しかし、枠から取り外したら、タダのダイアモンド・ルース(裸石)です。

 

ダイアモンド・ルースとしての評価しか出来ないのです。

4Cの基準に基づいた買い取り価格の算定にしかなりません。

スポンサーリンク


コメントを残す