仕分け作業(宝石・貴金属品・宝飾品)の考え方

宝石・貴金属の仕分け作業は他人が思う程、簡単にはできません。

こと宝石や貴金属品になるとご自分で購入した品、大事な人からのプレゼントや生前仕分け、遺品整理の形見分け等があり、どれ一つ取りましても大事な貴重品です。そこで簡単に宝石・貴金属品の仕分け作業を考えてみませんか?

 

 

修理して使う品

思い出の品やプレゼントされた品は貴金属は修理してまた再使用できます。

① リングの変形直し(修復後の文字入れ可能)

 

②サイズ直し(大きくしたり縮め)

③新品仕上げ(購入した時のように綺麗に仕上げ)

④チェーン直し(途中の切れや丸環の外れ直し)

 

⑤石留め(宝石が動いたり、パールが廻る)

⑥リングの文字彫り、刻印消し、(サイズ直しの後の刻印入れ直し)

⑦メッキ仕上げ(金、銀メッキ加工)

⑧リングの腕打ち換え(地金を足してアームを太く)

⑨パール(真珠)ネックレスの糸換え(糸加工やワイヤー加工)

⑩ブレスレットのシリコン伸び直し

⑪指から外れなくなったリングカットと修復(サイズに合わせて修復修理)

⑫宝石・貴金属製品のメンテナンス(クリーニング時の注意事項:超音波洗浄機使用時)

*超音波洗浄する時は宝石の種類で注意が必要です。

加工・リホームして後世に残す品(生前仕分け、遺品整理品)

①リングの宝石をペンダント加工

②ペンダントの宝石をリングに加工

③ピアスをイヤリングに加工

④イヤリングをピアスに加工

⑤昔の6本立爪リングを最新のデザインリングやペンダントに加工

⑥婚約指輪を最新デザインペンダントに加工

⑦イヤリングを単純ピアスやアメリカンタイプのピアスに加工

⑧宝石の付いたリングをペンダントに加工

⑨サンゴの古いデザインをオシャレなピンブローチに加工

⑩爪止めリングをストッキングが引っかからないように覆輪加工

他には、同じ宝石でもリペア、リフォーム、セミオーダー、フルオーダーで加工の仕方と料金がが違うので宝石の価値と加工代金のバランスが大事です。

換金処分する品

【重要】買取には「古物商許可証」が要ります。

各県の公安委員会の認定許可証がないと、宝石・貴金属品の買い取りはできません。換金処分の前には下記の事も考えておいた方がスムーズに出来ると思います。換金処分は単にお金に換える目的ではなく、新しいジュエリー購入や旅行、洋服購入やご家族との楽しい思い出作りの費用として生まれ変わります。

①リフォーム時の旧枠や結婚指輪の換金処分

②生前仕分け、遺品仕分けでもらった品の換金処分する目安

③純金売買と手数料

④宝石・貴金属の贈与と税金

⑤貴金属や純金処分の課税対象金額(サラリーマン、自営業者)

⑥購入時と換金処分時の価格差の理由

⑦宝石売却時に付いている保証書と鑑別書や鑑定書の違いと説明

⑧思い出と換金処分との罪悪感の解消

⑨ジュエリーボックスや金庫の中の宝石・貴金属品の整理整頓して仕分け処分

⑩記念品でもらった金杯、銀杯や金銀の置物処分

金杯の刻印(K24GPやK24GF)これは本物なのか(別途記事記載しています)

金の含有量と換金価格の違い(K24,K22,K20,K18,K9)

PTの含有量と換金価格の違い(Pt1000,Pt950,Pt900,Pt850)

銀の含有量と換金価格の違い(SV1000,SV925,SV刻印だけ)

⑬大判、小判、外国コイン、国内金貨の資産価値と換金処分

⑭ダイヤモンドと色石の換金処分時の注意

⑮真珠は換金できるのか

他に、宝石・貴金属品の本物と偽物の見分け方も大事ですが、信頼のおける買い取り業者はその時の地金相場で、本物と偽物区分や安心できる査定をしてくれますので心配はありません。

その他の依頼仕分け

①国産時計と輸入時計の仕訳(修理して使用、もしくは換金処分)

②メンテナンス作業する時の金額の目安。

③電池やベルト交換して使用時のアドバイス

④金時計や高級時計の仕分けと換金処分

高級ブランド時計は中古品としても人気があります。処分する前には楽天やYahooオークションで大体の相場を知るのも良いことかもしれません。

コメントを残す