宝石の悪質買い取り「押し買い」あなたは大丈夫!?

金価格が高騰しています。

そこで、最近は金価格の高騰により一時はおとなしくなっていましたが、
悪質な、宝石・貴金属買い取り(押し買い)の被害が増えてきています。

貴方の自宅にも不用品買い取りの電話が何度かありませんでしたか?

今回、悪質な買い取りから被害を受けないようにと書いてみました。

 

スポンサーリンク


悪質訪問買い取りの怖い実態

お店側では、お客様の製品の偽物の中から本物を見つける為に、何でもお持ちくださいと言っているお店もあります。

 

一般的には解りずらいので、本職が本物か、偽物かを調べてあげるのです。

最近多いのが訪問買取り詐欺です。ご注意して下さい。

 

「金」「プラチナ」が値上がりしていますので、あなたの家にも1回は電話で買い取りの電話がありませんでしたか?

連絡すると、もっともらしく名札を付けての訪問買い取りに廻る、悪質な訪問買い取り業者も横行しました。

訪問買い取りの特定商取引法の改正について

近年、主に貴金属等を中心に、高齢者や女性を狙った訪問買い取りによる被害が急増及び深刻化しています。

 

しかし、このような「押し買い」は事実上禁止する改正特定商取引法が2013年2月特定商取引改正法が施行されました。

これにより訪問買い取り業者による飛び込み勧誘(不招請勧誘の禁止)が出来なくなりました。

 

飛び込み訪問買い取りの禁止です。

 

貴金属類等の押し買いを防止するため、招 かれたり、たのまれていないのに訪問して物品を売って欲しいと勧誘する行為は禁止されています。

ただし、事前に電話によるアポイントを取り、訪問の承諾を受けた後に訪問するのは違法でないので訪問予約を取るのに必死です。

もちろん、「金」「プラチナ」の買い取りだけではなく原則すべての物品が対象となりました。

ですから、突然の訪問セールスは違法行為だという事を知っていてください。

不招請勧誘の禁止

いわゆる、飛び込み訪問買い取りの禁止です。

貴金属類等の押し買いを防止するため、招かれ、たのまれていないのに訪問して物品を売って欲しいと勧誘する行為は禁止されています。

ただし、事前に電話による予約を取り、訪問の承諾を受けた後に訪問して物品を購入することは認められています。

買い取れるのは承諾範囲のみ

業者が訪問の承諾があったからといって「古着を買い取ります」という約束で訪問しました。

しかし、貴金属を買い取る勧誘をすると、上記の「不招請勧誘の禁止」に該当してしまいます。

これは、最初は不用品のみを買い取るといっておきながら、いざ訪問すると本来の目的物である貴金属を無理矢理査定し、押し買いする業者による被害が多発したためです。

無料査定は査定だけしかできない!?

また、「無料で査定します」という触れ込みで訪問して買取の勧誘をすることも「不招請勧誘の禁止」に該当します。

依頼者が承諾したのは「査定のみ」であり、「買い取り」を目的とする訪問は承諾していないとみなされる為です。

もちろん、訪問のアポイントを取る際に「査定後に契約の勧誘をしてもよい」という承諾があれば、訪問時の勧誘も可能です。

悪質な訪問買い取り業者の手口

悪質買い取り業者の最近事例としては訪問の口実の為の電話予約を取ろうとします。

 

「奥さん、最近近くでリサイクルショップをオープンしました。ご案内です。」

「お皿や洋服一枚からでも、買い取りしています。見積もり「無料」です。いかがですか?」

「不要なお皿や洋服は御座いませんか?」と、やさしく言葉巧みに電話してくる。(訪問予約を取るため)

 

そっか、お皿一枚から「無料」で見積もりしてくれるなんて親切。と予約すると大変な事になります。

業者は「飛び込み訪問」ではないので大喜び。本当はお皿や洋服なんてどうでもよいのです。お宅に入るのが目的です。

二束三文の査定をして、「奥さんもっと資産価値のある貴金属は無いの」・・・と凄むんです。

無いと言うと「奥さん、指輪とかネックレスしてるでは無いの!!」それ!? と、すごみます!!

それを出してくれれば帰るよ・・・と、何時間も根負けするまで居座る。

気を付けて下さいね。もし被害に合われた場合訪問買い取りクーリングオフの適用があります。

訪問買い取りクーリングオフの適用

訪問販売で「クーリングオフ制度」があることは広く知られていますが、訪問購入でもクーリングオフの適用があるんです。

訪問販売のクーリングオフといえば、

「購入後8日以内であれば契約の取り消しを申し出て返品ができる。」

というものですが、訪問購入のクーリングオフはどういうものか以外に知られていません。

ご存知でしょうか。

 

★訪問購入のクーリングオフの適用は2段階です。

売主は売却後8日間のクーリングオフ期間中は物品の引き渡しを拒絶することができる。

買主が売り渡し済みの物品をクーリングオフ期間内に売却する場合は売主に売却先や売却日を通知する義務があり、売却先には 売主からクーリングオフされる可能性があることを通知する義務が発生します。

 

その他、訪問販売の規制と同様に、クーリングオフができることを伝える書面の交付義務や買取者の氏名等の明示、不当な勧誘・クーリングオフの妨害禁止の規制が適用されています。

「押し買い」被害に合わないためには?

「押し買い」被害に合わないために以下の点に注意しましょう。

電話勧誘を鵜呑みにしない、予約しない。(すでにしたと断る。)

悪質業者の勧誘トークに注意 (相手は詐欺師のプロです。心理をわきまえている)

玄関を開けない。家に入れない。(家に入れた時点で、のちに後悔します)

相手を確認(人相や身なりである程度)

毅然と断る勇気(優柔不断の言葉が相手に付け込まれます)

買取り条件などの書面の交付を受ける(古物商許可証の提示)

警察に通報(お茶を出す素振りやトイレでさりげなく通報)

 

もし、被害に合っても諦めずにお近くの「消費生活センター」にご連絡してください!!

もしくは、消費者ホットライン 電話:188(いやや)です。

スポンサーリンク


この記事を読まれた方はこちらも読まれています

コメントを残す