宝石の生前整理や買取に役立つ「鑑定書」の意味とは

そろそろ、年代的に宝石の生前整理をしようと思います。

かなり前に頂いた婚約指輪のダイヤモンドや、ジュエリーの数々。

また、頂いた中に、大粒のダイアモンドネックレスがありますが「本物?」

鑑定書のあるものやないもの、無いものは買取の時にどうなのか気にもなります。

鑑定書とは何なのか意味が知りたいと思います。

 

宝石の鑑定書は「生前整理」や「買取」に役立つ安心感が得られます。

宝石は高価なもので、大事なものですが、画像はダイアモンドではありません。

ご自分で購入したものや、過去のプレゼントや、誰かの生前整理で頂いたものや、形見分けや遺品整理品の宝石類。

また、よい宝石なら子供さんや、大事なお孫さんに託して後世に残すことも出来るのが宝石です。

 

しかし、後日に単に宝石だけですと、本物なのか、イミティーションなのか、どれ位の価値があるのか悩みます。

ちなみに、画像は2.0カラットもある大粒ですがダイアモンドではありません(ジルコニア)一般的には見分けが付きません。

そんな時に、ご自分が買った宝石が「どんな石で、本物である」と証明するものがあれば安心できます。

同様に、頂いたものにも本物を証明するものが宝石と一緒にあると安心でき価値観を認めることもできます。

 

生前整理で宝石の内容を証明するものがあれば、将来財産としてや、買取り、売買するときにとても役に立ちます。

ダイアモンドの場合は買取の時に鑑定書が付いていなくても査定はなりますが、付いていないと評価が下がる場合もあります。

 

通常、鑑定書は第三者が調べますが、鑑定書がない時はお店の人が判断しますのでグレードが低くなる場合もあります。

鑑定書が付いていれば、ダイアモンドの場合は「4C」に照らし合わせて正確な評価が出ます。

宝石の「鑑定書」とは

宝石の鑑定書は、ダイアモンドにだけ発行される証明書

宝石の種類の選別に「鑑別書」がすべての宝石が対象になります。

それに比べて、「鑑定書」はダイアモンド・グレーディング・レポートといい、ダイアモンドのみに発行されるものです。

鑑定書とは、ダイアモンドの品質の価値と評価をするものです。

ダイアモンドの品質評価基準とは

ダイアモンドの品質は、後世に残す場合や、将来に買取してもらう時には効力や評価を発揮する大事な証明書です。

評価はダイアモンドの品質評価基準になる4つの項目4C:カラー・カラット・クラリティ・カット)で行われます。

その結果が鑑別したダイアモンドのグレードとして詳しく記載されているので価値が理解でき評価も出来ます。

評価基準となるダイアモンドの4Cとは

カラー(色:Color)

カラット(重さ:Carat)

クラリティ(内包物の状態:Clarity)

カット(プロポーション:Cut)

こちらのアルファベットの頭文字の「C」の4つを合わせて「ダイアモンド4C」といいます。

宝石の鑑定書はどのように作成されるの?

ダイアモンドの鑑定は世界共通の基準で、専門の宝石鑑定士が行います。

一つのダイアモンドを二人の鑑定士が厳密に鑑定するというダブルチェックという方法を用いています。

これにより、公正で正確な客観的な評価をしています。

 

最近は、画像のような持ち運びと保存に便利なカード式の簡易鑑定書付きもあります。

現在、日本のダイアモンドの鑑定基準となっているのは、世界的な権威であるGIA(米国宝石学会)が定めたものです。

日本の鑑定機関のレベルも最近では高く、しかも評価と信用度も非常に高いものとなっています。

最終的には産地や色を自分の好みで選ぶ色石(カラーストーン)に比べて購入基準が大きく異なります。

 

ダイアモンドの場合は、鑑定書という「成績表」があるのでこれを見れば一目瞭然に品質が理解できます。

購入する場合にはグレードが参考になり、ご予算内で選ぶ楽しみや、将来生前整理で「買取」してもらう時にも参考にできます。

ダイアモンドの鑑定書はどこで発行されるの?

鑑定書は一粒のダイアモンドだけに発行されるもの。

ダイアモンドの鑑定書は、おおむね一粒のダイアモンドだけに発行されるものです。

ですから、小さなダイアモンドを使ったジュエリーや、エタニティリング等には発行されません。

まれに、趣味的に一文字の5個入ったリングに一粒づつ鑑定書の付いているのもありますが商品価格が割高になります。

 

日本には数多くの宝石鑑定・鑑別機関が存在していますが、「日本四大鑑定機関」と呼ばれるところがあります。

それは、GIA(米国宝石学会)・中央宝石研究所・AGL(宝石鑑別団体協議会)・AGTジェムラボラトリーが代表的な宝石鑑別・鑑定機関です。

しかし、それ以外の宝石鑑別・鑑定機関であっても公認の宝石鑑定士が鑑定を行っていますので問題がありません。

宝石の鑑定書の料金はいくらぐらいなの?

ダイアモンドの鑑定書を発行してもらうには料金がかかります。

数十万円もするような大きな石なら鑑定書は必要ですが、数千円程度のダイアモンドには付けません。

小さなダイアモンドにいちいち鑑定書を付けていたら、鑑定書作成のコストが大きくなります。

 

鑑定書は、作成するところにより多少違いますが、5000円から10000円(税別)くらいで作成可能です。

しかし、カラット数によっても、またカットの種類によっても違ってくる場合もあります。

ある程度のダイアモンドを購入すれば、殆どは販売店がサービスで商品に鑑定書を付けている場合が多いです。

 

生前整理して、自分の手持ちのダイアモンドの品質がわからなく鑑定してほしい場合には作成することも可能です。

ダイアモンドに鑑定書が付いていますと、買取してもらう時にも評価が違ってきます。

 

鑑定書を作成したい時は、信用できる宝石鑑定・鑑別機関に連絡して持っていくか、お願いすれば宝石店で実費でしてくれます。

ダイアモンドの鑑定依頼は、事前に電話などで確認をすれば対応が可能だと思います。

まとめ

ダイアモンドの鑑定書で覚えておかなければいけないのは、鑑定書の鑑定結果はあくまでも鑑定した当時のものということです。

鑑定書の鑑定基準は永遠に一定ではなく、必要に応じて変化していくこともあります。

ダイアモンドを選ぶ時に鑑定書は、品質と評価をしてくれますが、あまりにその結果ばかり気にする必要もないかと思います。

 

これから購入する人は、カラットが同じ場合は、他の3Cで納得するものを選ぶのも楽しいことです。

カットやデザインも含め、ご自分の目を信じて、ふさわしい一品を選ぶことも大切なことと思います。

また、生前整理で、ダイアモンドを買取してもらう時にはこのサイト内でもご紹介していますのでご参考になさって下さい。

コメントを残す