宝石を健康的に美しく着けるのに「納豆」「キムチ」「カニカマ」の関係とは

宝石を着けてどこかに出かけることは健康的な人が考えます。

洋服に宝石を着ける楽しみや、旅行に行きたい、人とも会いたい。

こんな気持ちにさせるのは、体が元気で健康だからで、病気になると考えません。

今よりも、もっと、もっと健康で元気になれる身近な食材がありました。

しかも、ジュエリーが似合うように、美白やダイエットにも役立つとは嬉しい食材たちです。

健康美には、宝石やジュエリーが引き立ちます。

 

スポンサーリンク


宝石を健康的に美しく着ける意味とは

宝石を日常的に楽しむには、まずは健康が第一です。

不健康ですと、宝石やジュエリーを着けて旅行やお友達に会ったり、出かける気分になれません。

 

宝石は身に着ける人を華やかな気分や、見る人をも幸せな気持ちにしてくれます。

オシャレな洋服を着ていてもジュエリーを着けない人はファッションセンスが完璧とはいえないのではないでしょうか。

話しかけなくても、見ている人は遠くからでも見ています。

 

例えが悪いかもしれませんが、美味しい新鮮なお魚に醤油やワサビが付いていないとか、最近では京都の一流料亭では醤油の代わりにトマト汁が付いてきます。

醤油は鯛などの白身魚には強くなり、魚の風味が損なわれますが、トマト汁(塩を少々混ぜます)は柔らかく口当たりも爽やかになります。

ご家庭でも一度お試しになって下さい。

 

宝石は、肌の美しさ、健康な体、内面からの美しさがありますと更に美しく輝き、着ける人を引き立てます。

今回のご紹介は、60代以上で健康で元気な人のご家庭の冷蔵庫の中に必ずあるといわれる食材があります。

それは、「納豆」「キムチ」「カニカマ」で、それらの食材には健康や元気になるそれぞれの役割や効果がありました。

宝石を体内から美しく見せる商品は「納豆」

納豆が体に良いのは誰でも知っている食材ですが、宝石との意外な関係もあります。

宝石を美しく着けるには体内からの美しい肌の輝きがあるとさらに光り輝いて見え、反対に肌荒れしていますと宝石を着ける気分になれません。

では、納豆にはどんな効果があるのでしょうか。

納豆の効果的な食べ方

納豆は古来から日本で食べられている食材で、私たちの体に必要な栄養がバランスが含まれている発酵食品です。

中身も凄いんでビックリなんですが、細胞の成長や再生を促すビタミンB群や、新陳代謝や老化防止の効果が期待できるポリアミンが含まれています。

さらに、腸内環境を整える食物繊維、骨の健康に不可欠なカルシュウムも含まれているそうです。

さらに、さらに、女性ホルモンのバランスを整えるイソフラボンや、肌荒れの改善に役立つ納豆に含まれる大豆レシチンなど、女性にうれしい栄養素が満載です。

ここまで良いことがあると食べない人の方が不思議ですが、食べ方次第ではその効果が得られないこともあるそうです。

納豆成分が嫌う熱とは

全てが良い食材に思える納豆ですが、成分のナットウキナーゼは実は「熱」にとても弱いのです。

納豆を使った料理は多いですが、中でも納豆チャーハン、納豆パスタ、納豆オムレツや熱いごはんにそのまま食べると美味しいですね。

納豆の中に、オクラや卵の黄身を混ぜて食べると、もう、朝のご飯が美味しすぎて食べすぎてダイエットに困ると嘆く声も聞こえてきます。

しかし、しらないと折角の納豆の栄養効果が台無しになる可能性もあるんです。

それは、ナットウキナーゼは熱に弱く、水分が多い状態では高温(50℃以上)になると活性が急激に低下するそうです。

ですから、血液をサラサラにしたり、高血圧の改善のための血圧を下げる効果という働きをするのはあくまでも常温で食べた時の話です。

気になるご飯に直接かけて食べる場合のごはんの温度には問題なく、健康効果を考えて納豆を食べる時は、加熱調理は控えたほうが良いそうです。

納豆にプラスアルファで、納豆の効果が2倍3倍にもなる食材とは

納豆に含まれる成分が熱で効果が低下するのであれば、そのままで納豆を美味しく効果的に食べたいと思いませんか。

管理栄養士の望月理恵子さんはこのようにお話ししています。

 

発酵食品のキムチ・塩辛・豆板醤・塩麴(しおこうじ)等)と一緒に食べると、相乗効果により腸内環境を整えてくれます。

また、血行促進効果が期待できるマグロ・ゴマ・シソ等をプラスすれば、血行促進やコレステロール低下などの期待値がさらにアップします。

生姜・梅干し・ニンニク・ネギ・タマネギ等を合わせれば、納豆のビタミンB1の吸収を高め、疲労回復に効果が期待できます(ここまで望月さんの話)

 

このように納豆と何かを混ぜると効果が2倍や3倍になるのでしたら早速試してみたいと思いますね。

納豆で、健康で体内から美しくなり宝石をもっと楽しめたら一石二鳥の喜びです。

宝石を引き立てさせる美しい肌には「キムチ」

宝石を引き立てさせるキメの細かい透明感のある色白の肌はだれでもあこがれると思います。

美肌効果に良いとされる発酵食品の代表格は「キムチ」で、なぜか韓国の女性の肌が美しいのはキムチを食べているからでしょうか。

キムチは、白菜などの野菜と、塩・唐辛子・魚介塩辛・ニンニクなどを混ぜ合わせ発酵させた漬物の保存食です。

かっては朝鮮漬けとも呼ばれ、焼き肉店での付け合わせや、豚肉と一緒に炒めた「豚キムチ」、チゲの具などの材料が人気です。

キムチの色々と役立つ効果

本来の製法で作られたキムチは発酵食品で、乳酸菌やビタミンが豊富に含まれていて健康に良いとされる食品です。

昔からキムチは、ダイエット効果や便秘の改善効果があるといわれて毎日食べている人も多いと思います。

キムチは発酵食品の中でも、多くの健康や美白効果があるともいわれています。

多くの食物繊維を含むキムチには、色々な野菜が使われていて、低カロリーのものが多くあります。

キムチは、カロリーを気にする女性にとっては最高の食材で、便秘解消と脂肪燃焼や美肌の効果があります。

キムチと相性の良い栄養効果抜群のベスト3

ベスト1:キムチと納豆

ベスト2:キムチと海苔(のり)

ベスト3:キムチとチーズ

キムチがもたらす、美肌と美容効果

キムチといえば韓国が有名で、韓国では食べない日はないといわれる代表料理で私も大好きです。

キムチの中には乳酸菌が豊富に含まれており、中でもラクトバチルスとよばれる乳酸菌はとても胃酸に強いそうです。

それで、乳酸菌の成分が胃で胃酸に負けずに腸まで到達してその結果、便通も良くなり便秘の改善や肌も綺麗になるそうです。

 

また、脂肪燃焼効果や乳酸発酵により、たくさんのビタミン類を新しく作ってくれる手助けもしてくれます。

私も、便秘改善のために毎日、上記にご紹介したキムチと相性の良い食べ合わせで、すこぶる毎日快便です。

 

韓国に旅行に出かけるといつも思うのですが、韓国の女性は肌が白くスタイルも良く、ジュエリーがものすごく似合っている気がします。

それもいつもキムチを食べているからなのでしょうか。

 

ある調査では、日本の女子大生と、韓国の女子大生を比べると、韓国の女子大生は内臓脂肪や体脂肪ともに少ない結果がでています。

かといって、キムチをたくさん食べればよい訳でもなく、塩分も多く入っているので適量が大事だと思います。

 

しかし、適量のキムチを食べることにより、健康によく、美肌や便通、ダイエットに効果的なのは嬉しい食材です。

いつまでも、健康で美しい肌に宝石やジュエリーを身に着ける事は元気な源ではないでしょうか。

宝石をいつまでも元気で着ける健康には「カニカマ」

宝石を元気で健康な気分で身に着けるには足腰の健康が大事で、足腰が弱ってはジュエリーを着けて外出する気分になれません。

簡単な食材で人気のある「カニもどき」として誤解がおおいカニカマですが、意外な健康パワーがあるんです。

カニカマは、英語で(Crab stickや、Seafood stick)と呼ばれ、色や形、食感をカニの身に似せて加工したかまぼこのことです。

中味は、魚肉練り製品で、カニカマはカニ風味かまぼこのことで、カニ棒かまぼこともいいます。

 

しかし、実際にはカニ肉は入っていなくて、海外ですり身に加工し冷凍すり身として輸入された「スケソウダラ」が主原料です。

最近は技術が進化して、本当にカニの足のような繊維でむけてビックリし、まさにカニを超えるような風味のかまぼこです。

カニカマの意外な効果とは

カニカマの成分には足腰を元気にさせるカルシュウムが入っていて転倒による骨折予防効果もあります。

カニカマといえば、私は石川県能登の食品加工会社「スギヨ」の製品が大好きで、色々他社とも比較しましたがスーパーなどではついこの会社を選びます。

 

一般的には、カニカマは「カニの代用品」のイメージが強いですが、カニカマはどんな料理にも合う万能食材です。

しかも、足腰の筋力効果にも良いと聞けば嬉しくなりますし、今や世界中で人気の食材です。

 

最初は、あの「赤い色」は人工的な着色材だと思い敬遠していましたが、あの赤は、「トマト」と「パプリカ」から採取するそうです。

そう聞くと、カニカマに変な愛着がわいてきて、今では大好物で、お酒にも合いますしね。

 

私は仕事柄、宝石の仕入れでタイのバンコクに行きますが、タイではカニ肉よりも味が濃くてゴージャスな食べ物と認識しています。

タイには仕事仲間もいますので、一緒に寿司屋に行きますとさりげなく寿司ネタとして出されることがあります。

ちなみにタイの寿司屋の人気ベスト3は、①サーモン、②マグロ、③カニカマだそうです。

 

灯台下暗しで、世界中が認めている食材を日本人が「カニもどき」と思っているのは、カニカマの本当の意味を知らないのかもしれません。

宝石は元気な内に「生前整理」と「断捨離」すると良い

どのご家庭の宝石箱の中や、タンスの奥にケースと一緒にしまい込んでいる宝石・貴金属があると思います。

年代と共に「終活」「生前整理」「断捨離」をすることも必要になってきます。

 

ましてや、宝石・貴金属はそのものがお金と同じで換金性が高いので慎重に考えなくてはなりません。

体が不健康ですと、家の中も整理整頓も出来なく、ましてや体が調子悪いと冷静な判断もできません。

 

一度、宝石・貴金属を、修理して使うもの、後世に残すもの、業者に買取してもらい換金するものに分けてみませんか。

下記に、サイト内に書いた記事がありますので、何かあなたの参考になれば嬉しいです。

宝石・貴金属の「買取」に関する関連情報

宝石 相続財産として、形見分け出来る、色別にみる宝石の種類とは

 https://wp.me/p9lTUl-Ds

生前整理や遺品整理での、宝石・貴金属の終活や買取の活用法とは

  https://wp.me/p9lTUl-Cb

宝石・貴金属、買い取り前の秘密の「整理整頓」と「断捨離」

  https://wp.me/p9lTUl-bm

定年前に始める、宝石・貴金属の「終活」と「生前整理」「断捨離」の始め方

  https://wp.me/p9lTUl-zy

宝石・貴金属・ジュエリー・ブランド品を「買取」してもらいたい時のお役立ち情報

安心できる「信頼」と「信用」できる買取店の記事を下記に書いていますので必要であれば、ご参考になさって下さい。

【貴金属買取】あなたの家に眠っている貴金属買取の安心業者の「口コミ」や「比較」サイト

  あなたのタンスの中には財宝が眠っています

宝石買取で、売り先をチラシだけで決めると損?間違いだらけの店選び

  https://wp.me/p9lTUl-E2

【宝石買取】宝石を買取してもらう時の、宝石種類のランクとは

  https://wp.me/p9lTUl-DC

金製品で、金の純度を知らないと金・貴金属の買取で大きな損をします。

  https://wp.me/p9lTUl-E9

金製品(GOLD)で、へそくりを簡単に貯める3つの方法とは?

  https://wp.me/p9lTUl-bN

宝石買取で白い指輪の、プラチナ・ホワイトゴールド・銀の違いと価値

  https://wp.me/p9lTUl-EI

スポンサーリンク


コメントを残す