【宝石種類】10月の誕生石「オパール(Opal)」は大切なジュエリーの贈り物

不思議な、遊色効果で昔から人々を魅了する「オパール」。

オパールは、愛を運ぶ「キューピットストーン」ともいわれています。

今回は、その「オパール」の中でも「ブラックオパール」に焦点を合わせてみました。

知れば、知るほど不思議な宝石です。

 

宝石誕生石 10月「ブラックオパール(Black Opal)」の宝石言葉

石の中に優雅さを見出すレインボーカラーの魅力


画像:宝石大陸

一般にオパールというとホワイトオパールを言います。

乳白色の母岩の中に独特な赤、緑、青などの何ともいえない断片が七色の虹のようなモザイク模様のように美しく現れます。

今回は、人気上昇中のブラックオパールについて書いてみました。

どれもが「世界でたった一つしかない色と模様」それがオパールの魅力です。

ブラックオパールは、ボディカラーが黒、濃い青、緑、グレーがあります。

よく見かける乳白色のボディーカラーの「ホワイトオパール」と比べますと、あざやかな色合いのオパールです。

個人的には「ブラックオパール」が好きです。

「ブラックオパール」の、見る角度で赤や緑、青などの断片がチラチラとあたかもモザイク模様のように浮かび上がり、見る人に感動を与えます。

このように石の中でさまざま色の光が散りばめられている現象を「プレイ・オブ・カラー」で、「遊色(ゆうしょく)効果」とよんでいます。

オパールは、昔から「キューピットストーン」ともいわれてきました。

それは希望の証とされ、この石を持つことで活力や元気づけたり、想像力を活発にしてくれる石とも考えられています。

ブラックオパールの遊色効果は、石に内包されている珪素(けいそ)の粒子に光があたると独特の7色の光として目に映る現象です。

宝石のことば:安泰、希望

石の硬度  :5.0~6.5

誕 生 花 : ヘリオトロープ(献身、誠実)

宝石誕生石 「ブラックオパール」の主な産出地

ブラックオパールの購入でよく質問されることです。

評価の高い石色についてですが、「赤」が入っている石の評価は高いですが、ご自分とのインスプレーションも大事です。

この石と一生身に着けて人生を過ごしたいと思えるかどうかです。

現在、ブラックオパールは「オーストラリアのニュー・サウス・ウエルズ州」の「ライトニングリッジ」で産出されています。

しかし、良質のブラックオパールの産出量は年々減っていて、良品の稀少価値は高くなっています。

宝石誕生石 「ブラックオパール」の歴史

ブラックオパールの産出地は、オーストラリアのライトニングリッジのみと限られています。

日本でも常に人気の宝石としての地位を保っていますが、万国共通で愛されている石です。

シェークスピアが「あなたの心はひどくオパールなんですから」という台詞を書き写し、人の移ろいやすい心をオパールに例えました。その頃からも西洋でも人気の高い石でした。

宝石誕生石 「ブラックオパール」購入時のポイント

ブラックオパールは、二つとして同じ模様の石はありません。

どのような色(遊色効果)が強くでるかで評価も大きくかわるのが特徴です。

一つ、一つが個性的な石ですから選ぶときには、ご自分との相性も大事です。

 

ブラックオパールは、あざやかでたくさんの色が楽しめるのが魅力の石です。

赤色が入っているものが最高とされていますが、私は、赤が入っていても全体のバランスが美しくないと選びません。

むしろ、赤が入っていない石でも、緑と青の遊色効果がきれいな石もあります。

ブルー系のタイプもあざやかで人気があります。

黄色やオレンジのでるタイプできれいな石もありますが赤の入っている石よりも価格はお手頃です。

 

ただ、人工的な着色の「ダブレット」や「トリプレット」のような貼り合わせたオパールもありますので購入時にはお気を付けください。

 

ブラックオパールの購入ポイント:

赤味が強くて、石全体の遊色のバラツキがないバランスの取れた石を選びます。

むしろ赤にこだわらなくても、いろどりがあざやかであれば、あとは自分好みです。

全体が曇り空のような鮮明さの欠けた石は価格が安くても避けた方が無難です。

宝石誕生石 「オパール」の別種類

オパールには乳白色の「ホワイトオパール」

 

真っ赤に燃えるような「ファイアーオパール」別名「メキシコオパール」

 

母岩が付いたままの「ボルダーオパール」

 

これらが、ブラックオパールの他の代表的なオパールの種類です。

コメントを残す