【宝石種類】6月誕生石「真珠・(パール)Pearl」の 意味と、真珠ネックレスの選び方とは

宝石逸話によく登場する歴史上の有名な人物は「クレオパトラ」

エメラルドを愛し、そして、パールもこよなく愛していました。

クレオパトラと6月誕生石「パール」には物凄い逸話があります。

冠婚葬祭の主役「真珠」の選び方と、パールネックレスの長さの種類もいろいろあります。

恋のおまじないの石「ムーンストーン」の話も少し書いてみました。

 

スポンサーリンク


宝石 6月誕生石「真珠(パール)Pearl」の宝石言葉

パールは「宝石の女王」とよばれる世界五大宝石の一つです。

パールの和名は「真珠(しんじゅ)」です。

鉱物である宝石は研磨されて美しい輝きが生まれます。

しかし、パールは天然のままで宝石として完成されます。パールは女性のための宝石。

 

愛らしい丸い形といい、おだやかで優しい光沢といい、女性らしさを象徴する宝石です。

パールは、鉱物である他の宝石とはまったく異なる輝きで、やわらかいぬくもりを感じます。

 

では、パールはどのように出来るのでしょうか?

パールは自然界の芸術家です。

 

母貝(真珠をつくる親貝)に入り込んだ異物(自然のものや人工的な核)に対する防護反応によってつくられます。

母貝が自らの痛みを美しい輝きへと変えていく過程で生まれるパールは、出産の痛みを乗り越え、子供を誕生させる女性の生命力の姿と似ていて、いとおしさを感じます。

 

結婚式で花嫁の胸元を美しく飾るパールは、若い女性の処女の象徴ともいわれ、生理不順などの女性特有の悩みを解決するとされて、妊娠や安産のお守りや女性の厄年の厄払いにもよいとされています。

パールは別名「月のしずく」とか「人魚の涙」ともいい、ロマンティックな表現です。

パール・真珠の意味

誕生石:6月誕生石

石言葉:健康、富、幸福、処女

守護 :かに座、月曜、うし年生まれ

愛  :六白金星、二黒土星(黒真珠)

記念日:30年目の結婚記念日(真珠婚)

6月の誕生花:野ばら(花言葉:素朴な美)

パール・真珠の鉱物特徴

主な色:銀白、青、ピンク、黄、黒など

透明度:半透明~不透明

結晶系:斜方晶系

成分:CaCO3+有機成分

硬度 :3.5~4.0

比重 :2.66~2.85

光沢:真珠光沢

鑑別ポイント:拡大検査、蛍光反応、X線テスト、重量検査など

主な産地 :日本、中国、オーストラリア、ミャンマーなど

類似石 :貝パール(マザーオブパール)、イミティーションパールなど

宝石 6月「真珠(パール)」の主な産出地

主な産地は、日本、中国、オーストラリア、ミャンマーですが、各国により産出されるパールの種類は違います。

一口にパールといっても種類が豊富にあります。(下記に説明記載)

アコヤ真珠

主な産出地は三重県、長崎県、愛媛県です。

アコヤ貝から採れる真珠で、日本の真珠の代表です。
月日をかけて生成される真珠層が美しく、巻きにより微妙な色合いをだします。

真珠としては最高レベルで本真珠とよばれています。

しかし、母貝のアコヤ真珠の大きさが約10センチと小さいですから、8ミリ以上の大粒が少なくて、5.0~7.0が主流です。8.0ミリ以上になると良い真珠が採れずに価格も高くなります。

白蝶(しろちょう)真珠

主な産出地は、オーストラリアやミャンマーなど、

白蝶貝から採れる真珠で「南洋真珠」と呼ばれています。
真珠貝の大きさは母貝が大きいので10~13ミリで大粒の真珠が採れます。

黒蝶(くろちょう)真珠

主な産出地は、タヒチや沖縄近海

黒蝶貝から採れる直径が10~11ミリの大粒な真珠で、シルバーや黒色の真珠。

黒蝶真珠ではピーコックカラーが最高とされています。

マベ真珠

主な産出地は、奄美大島

マベ貝から採れる、半球(ドーム型)の真珠です。
青味がかった虹色、ゴールドなどの色彩も豊かです。

熱帯、亜熱帯の地域に生息していますが、中でも奄美大島のマベ真珠が美しく最高級品といわれています。

淡水真珠

主な産出地は、中国

川や湖水などの淡水のなかで育った、池蝶貝から採れる真珠です。
真円ではなく米粒状やスティック状などのさまざまな形に成長して色々な色があります。

最近は技術の進歩で大粒の真円に近い淡水真珠もあります。

ただ、日本の本真珠に比べますとテリや色が淡白なかんじです。

6誕生石「真珠(パール)」の歴史

クレオパトラの胸元を飾った、古代の最も高価な宝石、それはパール

天然パールの歴史はとても古くて、ヨーロッパでは紀元前からすでに宝飾品や装身具として使われていました。

世界三大美人といわれたエジプト女王のクレオパトラが、美貌と魅力で、あることを・・・

 

パールで有名な逸話が「クレオパトラの真珠」です。

紀元前40年頃のローマ皇帝シーザー亡き後に、クレオパトラ自慢の美貌と魅力で、時の権力者アントニウスを味方につけようと宴会をします。

 

その時クレオパトラは身に着けていたパールのイヤリングの片方をはずして酢に入れて溶かし、アントニウスの目の前で飲み干し、自分の力を見せつけたそうです。

 

当時のパールは、ルビーやエメラルドよりもはるかな高価で、俗説によれば、パール一粒で国がいくつも買える高値でした。

クレオパトラの行為は、その場に居合わせた人々の度肝を抜き想像をこえるおどろきだったと思います。

この事で、アントニウスがクレオパトラに恋に落ちたかどうかは私は分かりませんが計画的ですね。

宝石 6月「真珠(パール)」ネックレス購入時のポイント

巻き(真珠層)が厚く、テリ(光沢)が美しいものを選んで下さい。

宝石店では、日本産のアコヤ真珠のことを「和珠(わだま)」と呼ぶこともありますが、「本真珠」のことです。

パールの良し悪しは核を取り巻く真珠層である「巻き」だと言われます。

 

ただ、巻きの厚さの薄い、厚いは素人目には分かりにくいです。

巻きの厚い真珠は艶の良い光沢で、真珠表面に自分の顔が写ります。

 

次に形と大きさです。ラウンド(真円)がよく、真珠の無難な大きさは7.0ミリ前後だと思います。

色は自分の好みです。

 

白色ピンク系でテリがあり、表面にエクボがなく独特の深みと柔らかい光沢と最後に着けてみた感じの連相が色むらなく美しいかどうかを鏡で映し出します。

パールネックレスの名称と長さ

パールネックレスの長さは色々とあります。

画像:早川武俊氏ジュエリー書籍より記載

宝石 6月の誕生石にはムーンストーン(Moon Stone)もあります。

恋の予感がしたらムーンストーンを身に着けると幸運がやってきます。

和名は月長石と呼ばれています。

石の特徴は白く半透明で朧月夜(おぼろつきよ)のような感じがします。

石を形成している幾重もの層に光が当たると乱反射を起こして、かすむような乳白光に輝くアデュラレッセンス効果を持っています。

ムーンストーンは、劈開性(へきかいせい)が強いので超音波の洗浄は禁物です。
グレー色の何とも言えないミステリアスな光で魅了されます。

 

宝石のことば:健康、幸運、恋の予知

結婚記念日 :13年目の結婚記念日(月長石婚式またはレース婚式)

石の硬度  :6.0

主な産地  : スリランカ、インド、ミャンマー等

 

宝石・ムーンストーンに関連する情報はサイト内でもご覧いただけます。

  かに座 パワーストーン「ムーンストーン」意味と効果とは

 【宝石のパワーストーン】ムーンストーンの意味と、パワーストーン効果とは

スポンサーリンク


コメントを残す