宝石買取で、ダイアモンドの買取価格や財産性と資産価値について

4月の誕生石として圧倒的に人気の高いダイアモンド

ダイアモンドはなぜ、こんなにも人々を魅了させてしまう魅力があるのでしょうか。

あらゆる宝石の中でも、買取価格が明確で、財産性もあります。

ダイアモンドの魅力に関しては、書いても書きつくせない程の話題も豊富です。

 

スポンサーリンク


ダイアモンドの簡単な知識

ダイアモンド(Diamond)の詳しい情報は別途、記事内の「ダイアモンド関連情報」で記載しています。

ダイアモンドや、宝石の種類では石の重さの単位はカラット(CT=Carat)で表示します。

カラットとは、アラビア語の(Girat)や、ギリシャ語の(Keration)で、東洋ではイナゴ豆(Carab)の種の大きさを意味しています。

イナゴ豆は、種子の大きさや重さがほぼ一定していたので、古代ローマ人もイナゴ豆で計り、宝石の重量単位にしていました。

なを、現在は0.2グラムを1カラットとしていて、和名では「金剛石(こんごうせき)」といいます。

同じ品質のダイアモンドであれば当然ですが、石のカラットが大きくなると価値や価格が高価になります。

ダイアモンドの価格と財産性と資産価値について

ダイアモンドは、大粒で品質が良くなれば当然ですが高価になります。

品質が価格に直結しているというので、経験のない人がいきなりダイアモンドを宝石用のルーペで見ても、なかなか見分けが大変です。

 

例えば焦点がピッタリ合わなかったり、ダイアモンドの入射光線が全反射するので、眩しくて実態がよく見えません。

透明度や色、形とカット、疵などがよくわからないのが普通ですから、専門業者を信用すると良いと思います。

 

専門業者でも、ルーペでダイアモンドを見る時に「片目」を閉じて見る人は熟練者ではありませんし、鑑定にも疑問が残ります。

基本的にルーペは両目を開け、片方の目でダイアモンドを見るのが当たり前の行為です。

 

ダイアモンドを資産的に考えると、初めは無理のない予算で出発して順次より良い、より大きいものに買い替えが理想です。

このようにしますと無理なく、財産としたり家宝として後世にも伝える資産になります。

ダイアモンドの良否の簡単な見分け方

ダイアモンドの価値や価格、そして品質の良し悪しは、ほとんどが「4C」で決まります。

4Cとは「カラー(Color:色)」「カラット(Carat:重さ)」「クラリティ(Clarity:内包物の状態)」、

そして、ダイヤモンドの輝きに影響を及ぼす「カット(Cut:プロボーション)」のアルファベットの頭文字で4Cといいます。

ダイアモンドの4Cに関する情報は下記からご覧いただけます。

  宝石 ダイアモンド4Cの厳選の賢い購入方法とは

ダイアモンドの選び方のポイント

見た目で差が出やすいカットには妥協しない(カットの良否は価格に大きく影響します)

カラーは、Hランク以下のものは安くても選ばない

個性派には、ブリリアントカットよりもプリンセスカットやトリリアントカットがおススメ

意外と知られていないダイアモンドの疵(キズ)の種類

ダイアモンドの疵(キズ)は、広くいえば結晶時にできたクラリティ(内包物の状態で黒点や亀裂)などの内部的な原因。

そして、後から生じた表面の疵の種類のすべてを含む総称を指しています。

まったく疵のない完全なダイアモンドのFL(フローレス)やIF(インターナリフローレス)は希少です。

 

通常、ダイアモンドの多少の疵は天然石の特徴で、人に例えば愛嬌えくぼと考えてあるのが普通です。

ダイアモンドの価値や価格に影響を及ぼす、疵や短所の部類は下記の通りです。

黒点(カーボン)

大小さまざまな形状があり、小さかったり、ひどく目立たなければ神経質になる必要はありません。

なを、黒点は概して優良なカラーに多く入り、カラーランクの低い黄色いものには少ないです。

亀裂(クラックス)

形が不規則な状態のものと綿状のものとに大きく分類されています。

小さな亀裂は概してダイアモンドの内部よりガードルに近い方に多いものです。

スリ疵(きず)

極く小さな浅いスリ疵は、大きくは取り扱いが雑で悪いために石同士の相互の擦れ合いなどから生じます。

スケ石(ダイアモンドが透けて見える)

ダイアモンドの仕上げが不完全なため不必要に石の重量があり、ガードルの影を石の内部に写すことがあります。

また反対にクラウンが薄すぎて、上から見た時、内部に薄い大きな輪が見えるものもあります。

これを「スケ石」と呼び、共に入射光線の全反射の完全が期待できず、ダイアモンドの命であるキラキラがありません。

 

以上がダイアモンドの疵や短所の各種ですが、集約した言い方をすれば、ダイアモンドの疵も天然石ですからあるのが普通です。

これが目立たない程度は当然許される許容範囲だと思いますが、ジュエリーとして楽しむのと資産にするには違います。

 

ジュエリーとして楽しむ場合には、4Cの内、どれかを下げてもご予算に近いものを選ぶと良いかと思います。

例えば、カットを良いものにして、カラーをI,Jに落としても黄色い色は18金の枠にすれば色は目立たないです。

しかし、資産として購入時には、4Cの全てを上位のものを選択する必要性が要ります。

ダイアモンドの関連情報はこちらから

ダイヤモンドに関しては、男女ともにとても人気の宝石種類なので色々と記事を書いています。

お好きな情報をご覧いただけますと嬉しいです。

 

  ダイアモンドの選び方は、「大きさ」それとも「カット」?

  ハート&キューピッド ダイアモンドの知られざる事実があった!!

  「ダイアモンド」と「ダイヤモンド」の正しい呼び方とは

 【宝石種類】4月誕生石 ダイアモンドの意味や「生前整理」活用法とは

 【宝石種類】4月誕生石「ダイアモンド」の意味と不思議な宝石言葉とは

 宝石4月 ダイアモンドが相続財産として人気が高い理由とは

 【宝石のパワーストーン】ダイアモンドの意味と恋愛効果とは

合成ダイアモンド

合成ダイアモンド(Synthetic Diamond)または人工ダイアモンド(Artificial Diamond)のことをいいます。

ダイアモンドの合成は1955年にジェネラルエレクトリック(General Electric)社で始めて行われました。

工業用の美しくない小さな黒い砂のようなものには成功していますが、華麗な宝飾用のダイアモンドの人造には至っていません。

 

合成ダイアモンドは、地球内部で生成される天然ダイアモンドに対して、科学技術により人工的に作成されたものです。

主に高温高圧合成(HPHT)や化学気相蒸着(CVD)法により合成されるようです。

 

HPHT法やCVD法で合成されたものは宝石としても利用されています。

天然ダイアモンドの取引会社にとっては、重大な関心事でもあり、天然のものと区別するため、分光装置を開発などで対策を施しています。

ダイアモンドの類似石

ダイアモンドの類似石の外観は天然ダイアモンドにとても良く似ていますがダイアモンドではありません。

よくあるダイアモンドの類似石の例としては、ガラスやキュービックジルコニア(CZ)などが知られています。

しかし、これらはどちらも原子レベルでは天然ダイアモンドと全く関係がありません。

当然ですが資産や財産価値もなく、類似石は本物に比べて値段も手頃なためアクセサリーとして楽しめます。

 

消費者はダイアモンドのような宝石の煌めきと輝きを手軽に楽しみ、最新ファッションを引き立てるアクセサリーとして安価にて求めることができます。

しかし、見た目はいかにも本物そっくりでも、すべての類似石は特定の光学的や物理的特徴をもっています。

熟練な宝石商や、ジェモロジストなら容易に鑑別することが可能です。

 

ちょっと雑学ですが、天然のホワイトサファイアのカットの良いブリリアン58面カットのものは美しく輝き一般目にはダイアモンドと肉眼では区別がつきません。

やや大粒(0.5カラット)のルースでもお手頃な価格で手に入りますから、PTの立て爪やピアス枠に加工しますと遊べます。

画像はホワイトサファイア

ダイアモンドを「買取」して欲しい時のおススメ業者の口コミ情報とは

ダイアモンドは高額で買取します!」は本当です。

「ダイアモンドは高額で買取します!」で、ご自分のダイアモンドの買取額を簡単に調べることができます。

 宝石買取で、ダイアモンドの買取相場を簡単に調べる方法

  【金・プラチナ・宝石・ダイヤモンド・ブランドジュエリーの専門買取】

 

こちらのダイヤモンド買取業者も人気のお店です。

  無料査定で高額報酬!ダイヤモンドの買取査定【ブランドリバリュー】

宝石・貴金属買取に関する情報は下記からもご覧いただけます!

【貴金属買取】あなたの家に眠っている、貴金属買取の安心業者の「口コミ」や「比較」サイト

  貴金属買取の安心業者の「口コミ」や「比較」

宝石買取で、売り先をチラシだけで決めると損?間違いだらけの店選び

  https://wp.me/p9lTUl-E2

宝石 相続財産として、形見分け出来る、色別にみる宝石の種類とは

 https://wp.me/p9lTUl-Ds

【宝石買取】宝石を買取してもらう時の、宝石種類のランクとは

  https://wp.me/p9lTUl-DC

【貴金属買取】宝石・貴金属の有効利用で、お金が欲しい!そんな「急な資金」を作る方法とは

  https://wp.me/p9lTUl-oZ

宝石 種類で「高級天然宝石」としての、見分け方と条件とは

  https://wp.me/p9lTUl-Dy

宝石・貴金属の生前整理に役立つ情報はこちらからご覧いただけます

宝石・貴金属、買い取り前の秘密の「整理整頓」と「断捨離」

  https://wp.me/p9lTUl-bm

定年前に始める、宝石・貴金属の「終活」と「生前整理」「断捨離」の始め方

  https://wp.me/p9lTUl-zy

生前整理や遺品整理での、宝石・貴金属の終活や買取の活用法とは

  https://wp.me/p9lTUl-Cb

宝石 相続財産として、形見分け出来る、色別にみる宝石の種類とは

   https://wp.me/p9lTUl-Ds

金製品の買取にはこちらの情報がお役立ちです

金製品で、金の純度を知らないと金・貴金属の買取で大きな損をします。

  https://wp.me/p9lTUl-E9

金製品(GOLD)で、へそくりを簡単に貯める3つの方法とは?

  https://wp.me/p9lTUl-bN

スポンサーリンク


この記事を読まれた方はこちらも読まれています

コメントを残す