宝石 さんご(珊瑚)の意味や、生前整理・買取の団塊世代の裏技ワンポイント

3月生まれの人の誕生石で、安産のお守りといわれる、宝石 さんご(珊瑚)。

宝石 さんご(珊瑚)は、和服にも合い団塊世代にもとても人気があります。

生前整理をしてさんご(珊瑚)を使用しなくなったらどうしますか。

あなたが、さんご(珊瑚)を売却する場合には、高価に買取してくれる業者も気になります。

そんな、さんご(珊瑚)を「高価買取」してもらう意味や、「裏技ワンポイント」とは。

 

スポンサーリンク


宝石 さんご(珊瑚)の意味や魅力

宝石 さんご(珊瑚)を知ることは買取に役立ちます。

さんご(珊瑚)というとあなたはどんなイメージがあるでしょうか。

 

おそらくは、さんご(珊瑚)というと南海のサンゴ礁を思い浮かべると思いますが、さんご礁のさんごは石さんごです。

宝石のさんご(珊瑚)は、水深100メートルから千メートルの海底で採取される貴重サンゴです。

 

さんご虫が作る有機宝石で、英名では「Coral(コーラル」、日本七宝のひとつです。

かっては地中海や高知県沖でよく採れていましたが、乱獲の影響で最近ではあまり採れなくなって貴重品です。

日本では、結婚35年目結婚記念日を祝う宝石で人気があります。

宝石 さんご(珊瑚)の特徴

さんごは、熱帯・亜熱帯に住む無数のさんご虫が、石灰質を分泌して、大きな枝状になった半亜透明から不透明に至るものです。

成分は炭酸カルシュームで、硬度は3.5度真珠とほぼ同じような硬さです。

そのために彫刻材料として優れています。

なを、さんごの特徴は横断面は放射状の繊維状を示し、縦に縞模様があることと、塩酸で強く泡立つことです。

宝石 さんご(珊瑚)のお役立ち情報

3月の誕生石で、「勇気」や「沈着」「勇敢」「聡明」を示す意味合いがあります。

3月誕生石には他には、アクアマリンや、ブラッドストーンがあります。

 

色合いは東洋人好みのもので、淡く上品な桃色のボケサンゴが最高で、次いで桃色、赤い色、赤と白の混ざり等になります。

昔は遠い地中海から輸入して、江戸時代には簪(かんざし)や印籠、煙草入れの根締め等に用いられていました。

日本では、金・銀・さんご・綾(あや)・錦などといわれたものでした。

さんご(珊瑚)と、その価値と評価方法

さんご (珊瑚)自体を正確に評価できる買取店が少ないのが事実です。

よく、さんご(珊瑚)の「買取」をお願いしても「買取できない」と他店で断られてもここは安心です。

あなたにご紹介したいのは下記のお店で、ここは国内外に再販できるルートを持つ強みがあります。

 

日本では、あまり馴染みのないさんごも高評価が期待でき、特に血のような深い赤色の「血赤珊瑚」は高価買取中です。

特に、10ミリ以上の大玉は業者も求めていて相場の最大限の値段も期待できます。

 

さんご(珊瑚)をお持ちでしたら一度見積もりをしてもらうのも良いかもしれません。

下記に、バナーを貼っておきます。

  珊瑚(サンゴ)の買取りならリファウンデーションです☆
全額配送補償付の宅配買取なら全国どこからでも安心!

 

宝石 さんご(珊瑚)の評価のワンポイント

赤色の濃いもの、大粒(丸玉)なものは評価が高くなります。

さんご(珊瑚)の表面にキズがなく、色むらの無いものが良いものです。

さんご(珊瑚)を買取に出す場合には、専門的に扱う実績のある業者を選ぶことです。

宝石 さんご(珊瑚)のまとめ

さんご(珊瑚)は、ローマ時代には相当多く用いられ、その後も人気の宝石で愛される色合いは西欧では赤色系でした。

さんごには他の宝石とは違い、華やかさはないですがきらりとした落ち着いた趣があります。

 

特に女性に関わりのある宝石で、女性の幸福を守り、健康と出産をサポートすると人気があります。

古くから子宝運を授けるお守りとして信じられ大切にされてきました。

 

また女性の幸せをつかさどるとされ、結婚出産家庭の繁栄などをサポートするといわれています。

出産運を高めたい時は、赤色のさんごが良いといわれています。

さんご(珊瑚)の関連情報

宝石「珊瑚(さんご)」に関連する情報はサイト内でもご覧いただけます。

 3月誕生石 珊瑚(さんご)・コーラルの意味や「生前整理」や「生前仕分け」の仕方とは

 【宝石種類】3月誕生石「サンゴ(Coral)」の意味と、深堀話とは

 【宝石のパワーストーン】コーラル(珊瑚)の意味と、パワーストーン効果とは

さんご(珊瑚)の買取で高価買取の裏技ワンポイント

宝石 さんご(珊瑚)を1円でも高く売るテクニックとは

あなたの家に眠っているお宝の、宝石や貴金属やブランド品は1円でも高く売りたいと思うのは誰でも思うことです。

そこで、宝石 さんごの「買取」で、安心して相談できる業者をご紹介いたします。

 

その業者が、宝石・貴金属の買取には、買取店の実績と国内、海外に有力な転売先があるかどうか。

そして、なんでもの買取店ではなく、宝石買取に特化しているかどうかが重要です。

 

ただ、1円でも高く買取してもらうには、売る側にもちょっとしたテクニックも要ります。

今回、宝石業界で買取の実績があるプロが、日頃「買取」している目線から高価買取できる条件をお話しします。

こうすると「買取」評価がプラスします。

買取してもらう時に、売却する時のさんご(珊瑚)の思い入れを語ること。(店頭での買取の場合)

(例えば、毎月コツコツとお金を貯めてやっと購入した大事な品だけど、手放したくないけれど、どうしてもお金が必要になったとか・・)

宅配買取の場合でも必ず手書きでお金がいる理由を一筆書いておきます。(買取する相手は人間ですから、温情に訴えるとプラスアルファーになります)

宝石 さんごが生前整理などで、必要になくなったから処分するという態度(どうせ不用品なんでしょ・・と)は足元をみられ安く買取されます。

宝石 さんごが汚い(枠の裏側の汚れ等)と買取額が下がります。

高く売るには宝石・貴金属を綺麗に洗浄して、特に枠の裏側が汚れて輝きがない時は磨いておきますと査定の時に好印象を与えます。だれでも汚いものは触りたくありません。

リングなどの腕(アーム)などの小さなキズなどは、ホームセンターでも販売している金属磨き粉で軽く磨き光沢をだす。

宝石 さんご(珊瑚)を高く売るには付属品を一緒に出す。

購入した時のお店の「鑑別書」や「箱」「保証書」は、あるのとないでは査定額が大きく違います。

買取業者は独自の査定額の算定はしますが、購入した時の金額の分かるお店の領収書や納品書があると参考にします。

宝石・宝飾品を高く売るためのヒント

買取業者が、再販目的なのか、スクラップ評価するのかはその品の程度により買取の査定額が大きく違います。

宝石や宝飾品は、本物か偽物かの検査を省略できる、ダイアモンドの場合は「鑑定書」、色石の場合は「鑑別書」を付けると評価が違います。

金やプラチナの枠は、壊れていても「買取」できます。

金製品は、今が売り時で、2000年と比べても相場は約5倍以上も値上がりしています。

当日の買い取り価格で評価して、製品のスクラップの場合は切れたネックレス、リング類は、壊れていても変形していても問題なく換金できます。

使わない宝石 さんご(珊瑚)は即、「生前整理」して「現金化」が理想です。

指輪などで、記念日やネームが入っていたり、脇石が取れていてもスクラップなら問題なくお金に替えれます。

宝石やジュエリーの「買取」に役立つ関連情報

宝石・貴金属・ジュエリー・ブランド品を「買取」してもらいたい時のお役立ち情報も書いています。

宝石買取に関する情報は下記にも書いていますので必要な記事は参考にして下さい。

 

  宝石買取で、売り先をチラシだけで決めると損?間違いだらけの店選び

 【宝石買取】宝石を買取してもらう時の、宝石種類のランクとは

  金製品で、金の純度を知らないと金・貴金属の買取で大きな損をします。

  金製品(GOLD)で、へそくりを簡単に貯める3つの方法とは?

  宝石買取で白い指輪の、プラチナ・ホワイトゴールド・銀の違いと価値

 【貴金属買取】あなたの家に眠っている貴金属買取の安心業者の「口コミ」や「比較」サイト

スポンサーリンク


この記事を読まれた方はこちらも読まれています

コメントを残す