宝石 オパールの生前整理・買取の団塊世代の裏技ワンポイント

誕生石では、10月生まれの人から絶大な支持をされている宝石のオパール。

オパールの不思議な万華鏡のような煌めきは、団塊世代にも人気があります。

思い出のある大事なオパールですが、生前整理で使用しなくなったらどうしますか。

もし、あなたがオパールを売却する場合には、高価買取してくれる業者が気になりませんか。

業者が買取する場合の「高価買取」してもらう「裏技ワンポイント」も書いています。

 

スポンサーリンク


宝石 オパールの意味や魅力

宝石 オパールを知ることは買取に役立ちます。

オパール(Opal)は、色が遊び戯(たわむ)れているように、内部から虹を思わせる輝きが美しい宝石です。

この虹のような七色の輝きが浮かび上がるのは「プレイ・オブ・カラー(遊色効果)」といいます。

「プレイ・オブ・カラー(遊色効果)」は、角度にを変えるたびに異なった不思議な色合いを楽しめる宝石です。

遊色効果の美しさは言葉では言い表すことができない程のデリケートな輝きを演出します。

 

オパールの色彩は一個、一個がすべて異なるというはっきりとした個性を持ち、二つとして同じ石は存在しません。

あらゆる宝石の中でも最も特異な美しさを発揮することで世界に知られ、特に日本では古くから「10月誕生石」として愛されています。

だだ、石の硬度が5.5~6.0で低いので取り扱いが大事です。

宝石 オパールの略歴

オパールはラテン語のオパラス(Opalus)から転じられたもので、そのオパラスはサンスクリット語の「Upala」すなわち、「宝石」からきています。

古代にはオパールは「希望」「忠誠」「幸運」の象徴であり、ロマンスと永続する愛をもたらすものと信じられていました。

 

チェコスロバキアのダブニック(Dubnik)にあるオパール鉱山は古くから有名です。

ローマ人(カトリック教徒)にオパールを提供し、19世紀の終わり頃までは世界一のオパール鉱山でした。

そこから産出されるオパールは、「ハーレクイン・オパール」と呼ばれていました。

 

ところが1870年代にオーストラリアでオパールが発見されるようになり、英国の上流階級にオパールの大流行が起きました。

人気の引き金になったのは、ビクトリア女王がブラックオパールを身近な人たちに沢山配った影響もあるといいます。

このようにオパールの人気に拍車がかかり、そのため、後期ビクトリア期の宝飾品には、オーストリアオパールが多く用いられています。

宝石 オパールのカット

オパールは全体的にはカボッションにカットされ、その中でも指輪用が概して一番山高にこんもりとカットされます。

平らに低くカットされたものは主にブローチ・ペンダント・帯留めなどに用いられています。

しかし、メキシコオパールは美しく色彩を強く出すために山高にカットされています。

宝石 オパールのお役立ち情報

オパールは七色の彩りを持つ素晴らしい宝石ですが、石質に永遠性がないことと価格も比較的手頃です。

オパールは財産性の宝石と考えずに、高級アクセサリー用の宝石と考えて「生前整理」の時に考えると良いと思います。

 

ただし、メキシコオパールやブラックオパールの優秀な品は拠出した美しさがあり、しかも高価で希少です。

気を付けたいのは、オパールは永い年月の場合には保管の仕方で乾燥によるひび割れや色のくすみが出る場合もあります。

 

また、いつも愛用していますと表面が摩耗して色彩が失われ輝かなくなる場合もあります。

オパール表面の摩耗傷は、わずかな費用で宝石店にお願いすることで、短期間で元通りの美しさに磨きなおせます。

オパールに関する情報は下記にも色々と書いていますから参考になれば嬉しいです。

宝石 オパールの良否の見分け方

オパール自体は元来の色は持っていませんが、七彩を美しく照らし出す特徴のある宝石です。

美しい七色は、内部に存在する無数の亀裂に水分の満たされたものものが、浅い均質なものであればあるほど明瞭な輝きがあります。

オパールの宝石として優れたものは、第一に色調が美しく鮮明に出て、目に見える疵(キズ)がないものが良い石です。

また、石の形が良いバランスのカボッションカットされ、厚みや大きさも色との調和が取れていることが重要です。

オーストラリアオパールの良品

普通オパールという時は、半透明のオーストラリアオパールのことを指していいます。

これはかっては海で現在は内陸になっている処に産していて、至極コンモスな宝石です。

乳白色の中に「プレイ・オブ・カラー(遊色効果)」が鮮明に現れて、赤味がキラキラと多く感じるものが良いです。

メキシコオパールの良品

メキシコオパールは透明度の高い、主としてメキシコのクエレタロに産するオパールのことです。

鮮明な色合いのものは素晴らしく美しく、大変高価であり、その中で西欧で愛好される石に「ファイアーオパール」があります。

それの特徴は、オレンジ色から深い真赤色に及ぶ炎の燃えるような色合いを見せて感動します。

古代アズティックでは「太陽神」の象徴とされた石で希少でもあります。

 

日本では、少し嗜好性が違い上記の色の赤い色の特徴よりも澄んだ空色・緑色の強いものに人気があります。

なを、メキシコオパールの優秀品は、色合いが鮮明で美しく、じっと見つめていると、華麗な安らぎを感じます。

 

日本人は地色の少ない澄んだ(ウオーター系)を好む傾向ですが、世界的な良否の見方は国により評価が違います。

地色の有る無しや、色彩の現れる強弱よりも色調の華麗さを主に重視します。

メキシコオパールは色彩が美しくないと価値がありませんので、ない石は驚くほどの安価になってしまいます。

ブラックオパールの良品


裏面に母岩が付いていて黒ずんでいるので、そう呼ばれています。

表面の色彩が鮮明でしかも大きな七彩の色や柄が出るのが特徴で、高級な宝石の一種です。

 

ブラックオパールの優秀品は、ダークの母岩の上にステンドグラスを貼り合わせたような色彩が大変美しいです。

よく、孔雀の羽根を思わせる華やかさと上品さ優雅さと例えられます。

 

産地は、オーストラリアのウエールズのライトニングリッジと、クイーンスランドから産出されるものが優れています。

濃い紫色や茶色っぽい紫の母岩の上に、赤色、橙色、空色、緑色、紫色のもろもろな色が大きく華麗に映し出されます。

宝石 オパールの取り扱い

オパールには大変デリケートな面がありますので、取り扱いが大事です。

硬度が低くて弱い面があり、固いものにぶつけたり、熱いものや相当の熱に長時間晒されると、細部の水分が蒸発します。

そうなると石の命である色調の美しさが失うとか、ひび割れが生じてしまいます。

 

また、酸類に遭うと黒くなったり変色するので、オパールは大事にいたわるような丁寧な取り扱いが要ります。

なを、ストーブや蛍光灯のすぐそばなどには置かないで、サイズ直しに出す際には熟練者のいる宝石店に頼むのが無難です。

宝石 オパールのまとめ

オパールは偽物も非常に多い宝石で、特に「ダブレット」や「トリプレット」に注意が必要です。

薄いオパールを張り合わせて厚く見せたり、色彩のないものの上に美しい薄いオパールを張り着けたりします。

 

色合いの良くないオパールを上下にして、中に美しいオパールを挟むなどして、高価に見せる「ダブレット(張り合わせ)

または、「トリプレット(三重張り合わせ)」がブラックオパールではよく見かけます。

 

海外旅行などで、石だけをとてつもない高額で購入して、日本で加工時に偽物といわれガッカリしないようにお気を付けください。

最初から、偽物と分かり楽しむ覚悟でそれも相応の価格での購入ならば宝飾効果も高くて面白いものです。

 

ダブレットは爪留めの場合は、石のふち(ガードル)の部分をよく見れば分かりますが、枠の中に埋め込んである場合はお気を付けください。

宝石 オパールの関連情報

宝石「オパール」に関連する情報はサイト内でもご覧いただけます。

 【宝石種類】オパール 10月誕生石の意味や、生前整理と買取とは

 【宝石種類】宝石10月「オパール(Opal)」は大切なジュエリーの贈り物

 【宝石種類】10月誕生石 メキシコオパールの不思議なキラメキマジック

 【宝石買取】宝石種類で、ブラックオパールの偽物・買取について

 【天然石のパワーストーン】オパールは、幸運を呼び込む石だから、宝くじの高額当選も夢でなくなる?

宝石 オパールの買取で高価買取の裏技ワンポイント

宝石 オパールを1円でも高く売るテクニックとは

あなたの家に眠っているお宝の、宝石や貴金属やブランド品は1円でも高く売りたいと思うのは誰でも思うことです。

そこで、宝石 オパールの「買取」で、安心して相談できる業者をご紹介いたします。

その業者が、宝石・貴金属の買取には、買取店の実績と国内、海外に有力な転売先があるかどうか。

そして、なんでもの買取店ではなく、宝石買取に特化しているかどうかが重要です。

ただ、1円でも高く買取してもらうには、売る側にもちょっとしたテクニックも要ります。

今回、宝石業界で買取の実績があるプロが、日頃「買取」している目線から高価買取できる条件をお話しします。

こうすると「買取」評価がプラスします。

買取してもらう時に、売却する時のオパールの思い入れを語ること。(店頭での買取の場合)

(例えば、毎月コツコツとお金を貯めてやっと購入した大事な品だけど、手放したくないけれど、どうしてもお金が必要になったとか・・)

宅配買取の場合でも必ず手書きでお金がいる理由を一筆書いておきます。(買取する相手は人間ですから、温情に訴えるとプラスアルファーになります)

オパールが生前整理などで、必要になくなったから処分するという態度(どうせ不用品なんでしょ・・と)は足元をみられ安く買取されます。

宝石 オパールが汚い(枠の裏側の汚れ等)と買取額が下がります。

高く売るには宝石・貴金属を綺麗に洗浄して、特に枠の裏側が汚れて輝きがない時は磨いておきますと査定の時に好印象を与えます。

リングなどの腕(アーム)などの小さなキズなどは、ホームセンターでも販売している金属磨き粉で軽く磨き光沢をだす。

宝石 オパールを高く売るには付属品を一緒に出す。

購入した時のお店の「鑑別書」や「箱」「保証書」は、あるのとないでは査定額が大きく違います。

買取業者は独自の査定額の算定はしますが、購入した時の金額の分かるお店の領収書や納品書があると参考にします。

宝飾品を高く売るためのヒント

買取業者が、再販目的なのか、スクラップ評価するのかはその品の程度により買取の査定額が大きく違います。

宝石や宝飾品は、本物か偽物かの検査を省略できる、ダイアモンドの場合は「鑑定書」、色石の場合は「鑑別書」を付けると評価が違います。

金やプラチナの枠は、壊れていても「買取」できます。

金製品は、今が売り時で、2000年と比べても相場は約5倍以上も値上がりしています。

当日の買い取り価格で評価して、製品のスクラップの場合は切れたネックレス、リング類は、壊れていても変形していても問題なく換金できます。

使わない宝石 オパールは即、「生前整理」して現金化が理想です。

指輪などで、記念日やネームが入っていたり、脇石が取れていてもスクラップなら問題なくお金に替えれます。

宝石の「買取」に役立つ関連情報

宝石・貴金属・ジュエリー・ブランド品を「買取」してもらいたい時のお役立ち情報も書いています。

宝石買取に関する情報は下記にも書いていますので必要な記事は参考にして下さい。

  宝石買取で、売り先をチラシだけで決めると損?間違いだらけの店選び

 【宝石買取】宝石を買取してもらう時の、宝石種類のランクとは

  金製品で、金の純度を知らないと金・貴金属の買取で大きな損をします。

  金製品(GOLD)で、へそくりを簡単に貯める3つの方法とは?

  宝石買取で白い指輪の、プラチナ・ホワイトゴールド・銀の違いと価値

 【貴金属買取】あなたの家に眠っている貴金属買取の安心業者の「口コミ」や「比較」サイト

スポンサーリンク


コメントを残す