貴金属買い取りで、怪しい「印台」が遺品整理でありました。

見た感じは、年代を感じる指輪「印台」男性用ですが、「遺品整理の品」でもらったとの事です。

刻印もあり、買い取りに問題はないと思いましたが、

貴金属商として長年の経験上、手に持った時に違和感を感じましたので検品してみました。

その結果、とんでもない事実が・・・

 

印台検査1:「Pm900」の刻印がある印台が怪しい!?

印台リング男性用の造りのよい品物ですが買い取り前の検品します。

お客様からお預かりした時点で印台の内側をルーペで見ると「Pm900」の刻印。
造りもしっかりしている割には長年の経験上ですが、いままで貴金属製品をいくつも検品しているので、何か不自然な違和感とこの品は少し軽い気がしました。通常この印台の大きさですと5匁(一匁は3.75グラム)18.75グラム位はあるはずですが、気のせいか少し持った感じが軽い気がします。

事務所内にて検品の時は「成分分析検査機」で調べると簡単な事ですが、お客様宅には持ち運びできませんので、簡単な方法で検査します。試金石と硝酸(しょうさん)原液を使います。

「印台」の意味とは?

最初に、「印台」とは何か、ご存知ない人もいるかもしれません。

印台の歴史は古く、映画等でご覧になったかもしれないシーンですが、ヨーロッパの貴族達が手紙を勝手に破り中を見られないように、家の紋章を入れた指輪で封筒などの封印に赤蠟(ろう)に押し付け型押ししたりするのに使用され不正の防止に使用していました。

印台は日本独自の指輪のように思われていましたが、日本では印面に印鑑彫り(名字)を施し印鑑として使用されたこともあり、印台と呼ばれるようになりました。

あと古い話ですが、純金の重い印台を着けて旅行に出かけ、盗難に遭った時には近くの「質屋」で当座のお金の工面が出来るので着けていたという話です。ヨーロッパ、東南アジア、中国では印台はお金持ちのシンボルとして金の指輪として広く流通しています。各種学校や、スポーツチームの統一リングの「カレッジリング」も印台の一種です。

印台試金石検査2

印台を試金石で擦(こす)り、検査します。

試金石にくっきりと条痕がつきました。

ここまでは本物と変わらなく違和感がありません。問題はこれからです。「硝酸」をつけると分かります。

それでは条痕に「硝酸」の原液をかけてみます。

印台試金石検査3

「硝酸」は危険ですから取り扱いは慎重に!!

硝酸はお近くの薬局で身分証明書(写真付きが良いと思います)を提示して、使用目的を話せば買えます。

ただし、硝酸の取り扱いには気をつけないと大変なことになります。

薄手のビニール手袋や指サックをつければ問題がありませんが、原液ですからそのまま指につきますと、すぐに水道水でながしても、暫くすると「硝酸」の付いたところが黄色に皮膚が変色して当面とれません。

印台試金石検査4

あれ?条痕が消えてしまった・・・

硝酸をかけて、暫くしますと条痕がなくなりました。アレレです。やはり、最初の感が的中しました。

刻印の「Pm900」は何だったのか、疑問の残る結果です。

お客様も信じられない様子で落ち着きません。

印台試金石検査結果

試金石の条痕が見事に消えてしまいました?

これは、完全に「Pm900」刻印偽造の偽物です。

お客様の目の前で説明と検品していますので、お客様は思わず笑っちゃいました。

本日の価格で(日の指定をしますと、地金相場でグラム当たりの単価が分かり迷惑のかかる同業者もあり、買い取り日は省略)もし、Ptでしたら重量が14.2グラムありましたので、お客様の換金価格は、41,009円ですが、偽物でしたら「評価です。

お客様の了解のもと、帰ってから印台リング男性用を成分分析検査しましたら、SV(銀)925にロジュームメッキ品でした。SV(銀)は買い取りできますから、計算しますと568円でした。PtとSVではこれだけの価格差があります

印台の材質にはいろいろな種類があります。

貴金属の生前整理(老前整理)や遺品整理でよく見かける材質には、色々な種類があります。

<銀色系>

プラチナ : Pt1000.Pt950.Pt900.Pt850  これ以下の純度は買い取りしません。

銀系   : SV1000(純銀).SV925.SV900  これ以下の純度は買い取りしません。

ホワイトゴールド系:K14WG,K18WG

<金色系>     :純金(K24) ,K22,K20,K18,K10,K9

K10には、K10ホワイトコーティング、K10イエローゴールド、K10ピンクゴールドなど、最近は材質がチタンやステンレス、タングステン製もあります。

また、金色に見えても材質が銀に金のコーティングしたり、その反対もあります。刻印だけでは信じられないケースも多く、特に外国製には怪しいのが多くあります。

14K、18Kのように、金位が後に付くのはあとKと呼び、純度の低い製品も多いです。

買い取り業務には一応刻印は参考にしますが、検品は必ずいたします。材質により買い取り価格が違いますし、偽物ならお金にはなりません。



印台には色々な形があります。

印台の形状は最も広く流通しているのが「三味型(しゃみがた)」です。

三味線の胴の型に似ているので三味印台と古くから呼ばれるようになりました。

印台の種類:

正角(せいかく)印台:正方形の印台です。

横長角(よこながかく)印台

縦長角(たてながかく)印台:長方形の形です。

他に楕円形の印台もあります。種類には、丸印台、縦小判(たてこばん)や横小判(よここばん)、別名は樽印台(たるいんだい)とも言います。

コメントを残す