「都市鉱山」の金は、あなたのご家庭にも眠っています!

一度、家の中を探してみて、貴重な「都市鉱山」の「金」をみつけませんか?

宝石、貴金属品は、使わないものが、確実に嬉しいお金に変わります。

あと、「断捨離」して整理整頓すると運気も上昇するとの事です。

あなたの家にも金、銀、プラチナが、眠っていませんか?

スポンサーリンク


ご家庭の「都市鉱山」から貴重な金、銀、プラチナが採集できます。

金は、人類が発見した最古の金属と言われています。

金を採掘するには、地下3,000 メートルの坑道からエレベーターを使用し、金鉱石を地上に 運びだします。

しかし、約1トンの金鉱石からとれる金の量はわずか5グラム程度とのことです。

掘り出された金は、純金のままでは柔らかすぎてすぐに変形するので、金使用の全体の25%ほど銀や銅(割り金)を加えて18金装身具として必要な強度を持たせます。

また、金は金属中もっとも展延性に富んでいて、伸びるんです。

1グラムの金は、面積にして5,000 平方センチメートル、厚さ0.1マイクロメートルの金箔に加工することができるとはビックリします。

日本では金沢金箔や金箔工芸などが有名で、体験コーナーもあります。

あなたの自宅には「都市鉱山」の金が眠っているかも?

「都市鉱山」とは、ご家庭内にある不要になった家電やPC、携帯電話の中からレアメタル(稀少金属)の資源回収です。しかし、回収には沢山の不用品リサイクルが必要です。

ちなみに、携帯電話リサイクル1トンで金が約280グラム含まれているので、鉱山採掘より効率です。

金は、意外なところにもあります。

使用しなくなった万年質。

この万年質のペン先は「K18」です。

ペン先を外すと、貴金属として買い取りの貴重な資源です。

金鉱石1トンで金(K24:純金)がわずか5グラムの採集可能

こちらは、置物の「羊」です。

調べますと、中空(中が空洞)ですが、「純金」です。

5.2グラムですから、金鉱石約1トンに値します。立派な「都市鉱山」の金です。

実際には加工する時には金の減りがありますから金鉱石1トン以上が必要です。

採掘には労力と多くの金鉱石が必要ですが、家庭ではすぐに「金資源」が見つかります。

金やプラチナ「換金」にはデザインが少なく重いものが有利

昔、人気のありましたネックレスの小間物デザインです。

「K18」と「PT850」の刻印の入った品です。

両方とも15グラム前後ありますから、資産価値が十分にあります。

買い取り価格は、K18で50,000円位、PT850で40,000円位(地金相場で違います)

どこのご家庭にも一つはあった、昔人気の「磁気ブレスレット」。

こちらは、以前からの改良型でオシャレです。しかし、年代を感じます。

K18で20グラムあります。旧タイプの磁気ブレスレットには丸玉が付いていました。
中に磁石が入っていますので、それを取り出して計量します。

買い取り価格は約66,000円位(地金相場で違います)

スポンサーリンク

使わない時計も貴重な「都市鉱山」の「金」が含まれている?

引き出しの中や、生前整理、遺品整理でもらう事も多い時計。

金色時計は時計裏蓋「裏側」にK18750と刻印があれば「18金」です。

それ以外は金メッキ品です。

年代物の時計は「アンティーク」として再販もできます。

しかし、手巻きの時計はゼンマイで動きますからメンテナンスが必要です。

時間が合わない、時間が正確ではない時計は「換金処分」が賢明です。

「換金処分」する理由:

まず、修理してもメンテナンス料金が高い。それ以上の価格で転売が難しい。

また、時計を修理して部品交換が必要な時に部品がない。動かない。

一時期動いていても、すぐに作動不能になる可能性が大で信用がなくなる。

そんな理由から、ケース部分だけ重量を計量して買い取りします。

輸入高級時計のロレックス、カルティエやその他の時計の買い取りは動くことが必須です。
時間が正確であれば、「高額買い取り」可能品です。

スポンサーリンク


コメントを残す