【天然石のパワーストーン】「ピンクカルセドニー」は、恋愛のお守りで、失恋しても大丈夫!!新しい恋人が誕生します。

天然石の、ピンクカルセドニー

恋愛のお守りとして人気の高い、ピンクカルセドニー。

内面からのあなたの魅力を引き出し、恋愛中や、恋愛したい人に最適なパワーストーン効果があります。

新しい出会いが欲しい片思いの恋を成就させたい望みを叶えたい人に、おススメ情報です。

 

『天然石のパワーストーン』ピンクカルセドニーの特徴と特性

パワーストーン初心者におススメの天然石

ピンクカルセドニー(Pink Chalcedony)は、愛情面から心身の健康、人間関係の改善などの様々なパワーストーン効果があります。

和名は「玉髄(ぎょくずい)」といい、石英の非常に細かい結晶が網目状に集合し、緻密に固まった鉱物の変種です。

 

美しいものは「宝石」として扱い、見た目もローズクオーツに似ていて、とても親しまれている馴染みやすい天然石です。

今までパワーストーンに関心がなく、これからパワーストーンの効果を確かめたい初心者におススメの石です。

 

なお、市場で販売されている着色されたピンクカルセドニーは濃いピンク色なので、効果に関してはこの限りではありません。

パワーストーン効果を実感する時には、着色のない自然なピンク色のピンクカルセドニーをおススメします。

天然石・ピンクカルセドニーの特性

優しさをもたらし、恋愛運がアップします

心身の健康回復、人間関係の修復

冷静な判断力や、決断力を促す

天然石・ピンクカルセドニーの豆知識

カルセドニー(玉髄)は、石器時代には石器の素材として珍重され、日本では、江戸時代には火打石としても用いられました。

現代でも、飾り石や簪(かんざし)、帯留め、数珠(お念誦)などの装飾品、高級な食器や置物などに加工され利用されています。

天然石・ピンクカルセドニーの鉱物学と「DATA」

玉髄には内包物で種類がいろいろと変わる天然石

カルセドニー(玉髄)には、石に含まれる不純物により色々な色があり、それぞれ下記のような名前で呼ばれています。

紅玉髄(べにぎょくずい:カーネリアン)全体が赤色のもの。

緑玉髄(りょくぎょくずい:クリソプレーズ)全体が緑色のもの。

瑪瑙 (めのう:アゲード)石英や蛋白石(オパール)との縞状模様のもの。

碧玉 (へきぎょく:ジャスパー)不純物をかなりの量を含み不透明なもの

血石 (けつせき:ブラッドストーン、血碧玉)碧玉のうち斑点状に赤色が混じっているもの

ピンクカルセドニーの鉱物学「DATA」

色:ピンク色など

産地:ブラジル、ウルグアイ、インドなど

石の硬度:7.0

石の言葉:愛情、女性性、安定、恋愛

結晶系:六方晶系(潜晶質)

成分:SiO2

比重:2.70

効果的な使用方法:リング、ネックレス、ピアス、ブレスレット

天然石・ピンクカルセドニーの意味とパワーストーン効果

恋愛に悩む人のための精神安定させる、パワーストーン効果

ピンクカルセドニーは、女性性のエネルギーが強く、穏やかで優しい気持ちをもたらし、いたわりの気持ちや愛情を引き出すパワーがあります。

新しい恋人との出会いが欲しい、片思いの恋を成就させたい、そんな想いや望みを叶えたい人には最適な天然石です。

 

また、恋人とケンカした時や、失恋をした時など、心を落ち着かせ冷静に判断できるようになります。

例え、失恋しても、今までの恋愛を踏み台にしたもっと素晴らしい恋愛相手があなたを待っていて恋愛が成功します

スポンサーリンク



こんな時に、あなたが「天然石・ピンクカルセドニー」を使うと効果的

恋愛成功のお守り

素敵な恋愛相手との出会い

片思いの恋の成就

恋人とのケンカした時の冷静さ

失恋からのトラウマ解消

心身の健康維持

人間関係の改善

恋愛の悩みの精神安定剤

穏やかで優しい気持ちの向上

精神の安定を助ける

冷静な判断力と洞察力

【おススメ】天然石・ピンクカルセドニーと効果を高める相性の良い石

ピンクカルセドニー

ピンクカルセドニーは、人間関係の改善や、恋愛や恋愛運アップ、愛情面の最適なパワーストーンです。

さらに、下記の相性の良い石と組み合わせますとパワーストーン効果が増加します。

 

モルガナイトとの相性石

愛情を育むのに最適なパワーストーン効果があります。

 

宝石「モルガナイト」に関する情報はサイト内でもご覧いただけます。

  【誕生石】モルガナイトが秘めている力とは。

 

アマゾナイトとの相性石

愛情面からの心身の健康や、生命力がアップします。

 

天然石・アマゾナイトに関連する情報はサイト内でもご覧いただけます。

  【宝石のパワーストーン】天然石・アマゾナイト意味と電磁波防止の効果とは

この記事を読まれた方はこちらも読まれています

コメントを残す