【宝石のパワーストーン】「ビジネス成功者」には、天然石・シナバー意味と効果とは。

天然石のシナバー。

古代中国やインドでは、シナバーは、「不老長寿」の「霊薬」として尊ばれてきました。

この石は、「賢者の石」とも呼ばれています。

ビジネス成功者としての道しるべを提示してくれるパワーストーン効果もあります。

 

スポンサーリンク


『宝石のパワーストーン』天然石・シナバー特徴と特性

鮮烈な赤色を帯びた「賢者の天然石」

シナバー(Cinnaber)は、ギリシャ語で赤い色のものという意味の「kinnabaris」に由来しています。

和名は、「辰砂(しんしゃ)」と呼ばれ、血液を連想させるような真っ赤な色をしているため「ドラゴンブラッド」とも呼ばれています。

 

この石は、水銀の硫化鉱物で、古くは西洋で卑金属を「金(GOLD)」に変える「錬金術の霊薬」として使用され、「賢者の石」とも呼ばれていました。

 

また、シナバーは絵の具の材料として使われていて、日本でも顔料の「丹(赤色)」の材料として用いられるなど、さまざまな使い方をされていました。

天然石・シナバーの特性

ビジネスの成功者として導きます

創造力や、直感力を高める

怒りや、恐れの感情を鎮める

天然石・シナバーの鉱物学「DATA」と豆知識

ビジネスを成功へ導く天然石。

シナバーは、通常は粒状の集合体か、塊りの状態で産出されます。

熱水変質した火成岩や変成マンガン鉱床にもみられることも多く、温泉の沈殿物としても形成されます。

赤色が鮮やかな鉱物で、空気にさらされても変色しません。

その為、当時は顔料としても使用されていましたが、光に当たると黒っぽく変色しますから注意が必要です。

 

天然石・シナバーの鉱物学「DATA」

色:赤、鮮やかな赤色、朱赤色など

産地:中国、スペイン、日本など

石の硬度:2.0~2.5

石のことば:柔らかさ、しなやか、調和、安定

結晶系:三方晶系

成分:HgS

比重:8.09

効果的な使用方法:リング、ピアス、ブレスレット、原石

 

豆知識

シナバーは水銀を含んでいて、真言宗の開祖「空海」と関りの深い天然石かもしれません。

空海が高野山を開山したのは、シナバーの採掘を担う一族の神、丹生都姫(にうつひめ)から、高野山を譲り受けたためだとの言い伝えがあります。

天然石・シナバーの意味とパワーストーン効果とは

創造力を高め「富」と「栄光」を呼び込むパワーストーン効果。

シナバーは、「商人の石」とも呼ばれ、ビジネスを成功に導く「成功者の石」とも呼ばれています。

 

また、このシナジーは「」と「栄光」を呼び込むパワーストーン効果もあります。

この石の持ち主は、創造力や直感力を高めるので、新しいアイデアやビジョンを得る助けとなると思います。

変容や癒しの力も宿していて、チャクラのバランスをとり、恐れや怒りといった感情を手放せるように導いてくれるでしょうね。

 

大一番で緊張してしまい、実力が不発に終わらせないために、シナバーを持って予行演習して見ることも良いかもしれません。

悩んでいる人の未来が明るく開けると思いますので、そんな方におススメのパワーストーンです。

こんな時に、天然石・シナバーを使うと効果的

恋愛感情を高める助けにしたい

傷ついた感情を癒す

失敗から立ち直りたい

エネルギーの循環を高める

肝臓の疲れを癒す

ビジネスの成功の手助け

ビジネス成功者

富や幸福のお守り

勝ち運が欲しい時

人生でここ一番に勝負をかけたい時

【お勧め】天然石・シナバーと効果を高める相性の良い石

シナバー

シナバーは、肉体、感情、精神、整性の面などで変容を促進し、肉体は魂にとっては厳しい修行であることの再認識をさせます。

適度な自己主張を促してくれたり、体内エネルギーの詰まりを取り除き、チャクラ(サンスクリット語:円や円盤、車輪)の働きを整えてくれます。

さらに、下記の相性の良い石によりパワーストーン効果が増大します。

ファイヤーアゲードとの相性石

人間関係を改善するサポート効果があります。

 

ブラックトルマリンとの相性石

あなたの「お願い事」を定着させ、強固なものにします。

 

宝石「トルマリン」に関連する情報はサイト内でもご覧いただけます。

  ふたご座  パワーストーン「ブルートルマリン」意味と効果とは

  宝石「パライバトルマリン」の意味と人気の秘密(10月誕生石)

  宝石「トルマリン」10月の誕生石の意味とは

 

シトリンとの相性石

人生やビジネスで、更なる豊かさのために

 

宝石「シトリン」に関連する情報はサイト内でもご覧いただけます。

  宝石  11月「トパーズ」と「シトリン」誕生石の意味とは

スポンサーリンク


この記事を読まれた方はこちらも読まれています

コメントを残す