【宝石のパワーストーン】クンツァイトの意味と効果とは

宝石のクンツアイト。

クンツァイトの魅力は何といっても、人気を呼ぶ清楚で可憐な「ライラックピンク」です。

比較的に新しい宝石ですが、意外な「パワーストーン効果」が潜んでいました。

 

スポンサーリンク


『宝石のパワーストーン』クンツァイトの意味とは

クンツァイト(Kunzite)は透明で、無色から紫色までカラバリエーションが豊富な天然石です。

鉱物学的には、スポデュメン(リシア輝石)に属し、ライラックピンク色を代表に明るい赤から紫色を持つ石があります。

しかし、クンツァイトと名乗る事の出来る石は、「ライラックピンク」だけです。

 

クンツアイトの名前は、この石の発見者で、この石を世の中に送り出した宝石学の権威、クンツ博士にあやかって命名されました。

和名は「リチア輝石」または「ゆうき石」と言い、別名をカルフォルニア・アイリスとも呼びます。

ちなみに緑色または黄緑色の同族石は「ヒデナイト」です。

 

クンツァイトは、穏やかな癒しのパワーストーン効果だけではなくインスピレーションやクリエイティブな力を高める効果もあります。

 

クンツァイトの清楚なライラックピンク。

クンツァイトの中でも、ライラックピンクの色は、「無限の愛」や「純粋さ」を象徴される慈愛にあふれた気品と風格を漂わせていて人気です。

クンツァイト天然石の特徴と歴史

クンツァイトは、1902年にアメリカのカルフォルニア州で発見された比較的新しい天然石です。

ピンク色の他にも同じ仲間の石はカラバリエーションが豊富で、白、黄色、緑、紫などがあります。

どの石も淡い色彩で繊細な外見で魅了させられてしまいます。

 

クンツァイトは、「高次の愛」や「慈愛の心」に同調する波動を持つ石としても有名です。

クンツァイトの特徴は、タンザナイトと同様に多色性(無色、ピンク、紫)が特に顕著なことです。

 

色:ピンク、紫、緑、黄色など

産地:ブラジル、アメリカ、マダカスカル、ミャンマー等

石の硬度:6.5~7.0

石のことば:癒し、慈愛、愛情

守護:おとめ座

愛:しし座、水曜日生まれ

結晶系:単斜晶系

成分:LiAlSi2O6

効果的な使用方法:ピアス、ブレスレット、原石

誕生石:なし

結婚記念日:なし

誕生花:なし

 

宝石・クンツァイトに関する情報はサイト内でもご覧いただけます。

  クンツァイト、こんなにも人気上昇中の秘密がありました。

 

クンツァイトのお願い事パワー効果とは

相手を許して、理解する心を導くパワー効果

クンツァイトは「慈愛」と「許し」のパワーストーン効果があります。

 

感情のしこりや思考のこだわりをほぐして、イライラ感や憎悪の気持ちを愛情に切り替えてくれます。

傷ついた心や感情を癒し、次第に許しの心境に導かれると思います。

相互の人間関係に愛と理解や温情をもたらし、思いやりをもって素直に接することが出来るように促す力を保つと思います。

 

クンツァイトは持ち主に慈愛の心を自然と授けるため、無理なく相手を許す寛大な気持ちになれます。

相手もその深い愛情の波動に影響されて少しずつ理解を示してくれるようになるはずだと思います。

 

クンツァイトで期待できる「パワーストーン10」の効果

【クンツァイトの凄いパワーストーン効果10選】

相手に対しての無条件の愛

優しさと癒し

深い安らぎ

真心と慈愛の精神

感情のバランスの安定

母性愛

自己の芯の強さの向上

人間関係をよくする

多くの信頼を得る

ものの見方や価値観の変換

【お勧め】クンツァイトと効果を高める組み合わせ

エンジェライトは、ギスギスした関係を和らげるのに効果があります。

さらに、下記の天然石や宝石との組み合わせにより強力なパワーストーン効果が期待できます。

 

レビドライトとの相性石

色々な状況を変える力をもたらす組み合わせです。

凝り固まった古い思考を解放して、新しい風を呼び込む効果が出ます。

 

ブルーレースアゲードとの相性石

優しいコミュニケーションが出来るようになります。

また、愛情を持って相手に接することもできます。

 

天然石・ブルーレースアゲードに関する情報はサイト内でもご覧いただけます。

  【宝石のパワーストーン】天然石・ブルーレースアゲードの意味と石の効果とは

 

ダイオプテーズとの相性石

心の奥でくすぶっている傷ついた感情を癒します。

過去に失恋した経験のある方は新しい恋の始まりと出会いがあります。

 

ミルキークオーツとの相性石

行き詰った人間関係を解放してくれます。

被害者意識やいじめをシャットアウトして、邪悪な環境から脱出できます。

スポンサーリンク


この記事を読まれた方はこちらも読まれています

コメントを残す