【宝石のパワーストーン】シトリンの意味と石の「金運」効果とは

宝石のシトリン

古くから「金運」が良いとされた人気の宝石です。

また、「無理」とか「出来るはずがない」という言葉に影響される人。

信念が揺らぎやすい人にもお勧めの「パワーストーン効果」があります。

その他にも、いろいろな魅力のある宝石です。

 

スポンサーリンク


『宝石のパワーストーン』シトリンの意味とは

宝石のシトリンは、古くから「商売繁盛」と「財と富」をもたらす「幸運の石」と大切にされてきました。

商売運や財運、金運をアップさせる効果のある宝石ですから、これから新規事業をする人や会社を成長拡大したいと願う人には心強いパワー効果があります。

 

シトリン(Citrine)の和名は「黄水晶」で、名前の通り水晶グループに属している濃淡にかかわらず黄色透明の水晶のことです。

 

名前の語源は、この石の色が黄色のレモン色であり、その名も柑橘類(かんきつるい)のシトロン(クエン樹)の果実に似ていることに由来しています。

 

中世ヨーロッパでは「トパーズ」(フォールスネーム)と呼ばれて上流階級の貴婦人たちに非常に愛好された宝石です。

「シトリントパーズ」と呼ばれるのは、その名残からです。

 

実際には、シトリンはイエロートパーズによく似ているため、かってはトパーズの名前で出回っていたと思われます。

色はよく似ていますが「シトリン」と「トパーズ」は硬度や比重も違い全くの別物です。

現在では宝石「シトリン」として流通していて、その明るい黄色は「金運」を呼ぶ石として多くの人に人気があります。

 

宝石「シトリン」に関する情報はサイト内でもご覧いただけます。

  宝石  11月「トパーズ」と「シトリン」誕生石の意味とは

 

宝石「シトリン」石の特徴と歴史

シトリンは、日本でも古い時代から商人に愛された「金運の石」です。

 

古くから「」を呼び込み運んでくる石とされ、「商売繁盛」を願う商人の間で人気がある宝石でした。

天然のものは比較的に稀少で、市場に流通しているシトリンといわれるものはアメシストを熱処理したものが殆どです。

 

この石は、長時間の日光(太陽光)で色が抜けてしまうことがあるため、日光浴は避けましょう。

 

色:黄色、帯緑黄色、帯褐黄色

産地:ブラジル、ロシア、アメリカなど

石の硬度:7.0

石のことば:希望、潔白、友愛

結晶系:六方晶系

成分:SiO2

効果的な使用方法:ブレスレット、原石

誕生石:11月誕生石

結婚記念日:5年目の結婚記念日(木婚式)

誕生花:菊(白=清浄、赤=愛情)

宝石「シトリン」お願い事のパワー効果とは

シトリンは豊かさを引き寄せる宝石として有名で、仕事の成功や金運の上昇にパワー効果があります。

精神的にも物質的にも充実することで、人生を明るく前向きに歩んでいけるようにサポート効果もあります。

自己肯定感を高める作用があり、富を所有し管理する強い精神力を身につけさせてくれます。

 

また、職場や部屋の隅など「気」の貯まる場所に置くと、会社や家全体の財運が発展します。

シトリンは快活なエネルギーを持っており、好奇心を高めてくれます。

 

物事に対して「無理」「出来るはずがない」という言葉に影響されたり、信念がすぐに揺らいでしまう人にはお薦めのパワー効果があります。

 

自己の夢や目標を叶えるために強力なサポートしてくれるのが「シトリン」です。

子供の身の安全を守るお守りとしてもおすすめです。

 

宝石「シトリン」で期待できる「パワーストーン10」の効果

【宝石「シトリン」の凄いパワーストーン効果10選】

商売繁盛

仕事の成功成就

金運招来

幸運や幸福

希望

明瞭性をもたらす

人生の満足感と充実感

充実した日々の確立

自信が付く

物事の良い効果を引き寄せる力

【お勧め】宝石「シトリン」と効果を高める組み合わせ

シトリンは傷がつきにくい硬度がありますが、ポイント(水晶原石)の場合は先端が欠けやすいから、取り扱いには注意が必要です。

先端が欠けたりしますとパワーストーン効果が低下します。

また、下記の宝石や天然石との組み合わせで、さらに強い効果が得る事ができます。

 

天然石「タイガーアイ」との相性

ビジネスの成功を導く組み合わせです。

ふたつの石の組み合わせは、長期にわたる「金運」をもたらします。

 

天然石「ゴールデントパーズ」との相性

シトリンの「金運」とゴールデントパーズの「財運」の組み合わせは繁栄をもたらします。

収入アップの願望を叶えてくれるでしょう。

 

宝石「トパーズ」に関する情報はサイト内でもご覧いただけます。

  宝石  11月「トパーズ」と「シトリン」誕生石の意味とは

 

宝石「アメシスト」との相性

シトリンと同じ水晶グループなので相性抜群の組み合わせです。

持つ人に豊かさをコントロールする力をもたらしてくれます。

 

宝石「アメジスト」に関する情報はサイト内でもご覧いただけます。

  宝石 2月「アメシスト」誕生石の意味と石言葉とは

 

天然石「デンドライト」との相性

別名を「デンドリチッククオーツ」といいます。

豊かさを引き寄せる最強の組み合わせです。

古くから農作物の五穀豊穣をもたらすとされてきました。

スポンサーリンク


この記事を読まれた方はこちらも読まれています

コメントを残す