【宝石のパワーストーン】天然石・ボージーストーンの意味と「ヒーリング」効果とは。

天然石・ボージーストーン。

ボージーストーンは、アメリカ、カンザス州の聖地で採掘されます。

「賢者の石」と言われ、欧米のヒーラーを中心に非常に人気の高い天然石です。

あなたもこの石の凄いパワーストーン効果をご覧になりませんか。

 

『宝石のパワーストーン』天然石・ボージーストーンの特徴

聖地で生み出される希少な天然石。

ボージーストーン(Boji Stone)は、アメリカのネイティブインディアンの聖地のみで産出される神聖な天然石です。

和名を「褐鉄鋼(かってっこう)」と言い、地表に姿を現したものを拾うことしか許可をされていない大変希少な天然石です。

 

この石の特徴には、男性性のエネルギーを持つ石と、女性性のエネルギーを持つ石があり、ヒーリングに使用の際にはペアで使用すると効果があります。

 

ボージーストーンは、表面がデコボコしたほうが男性石、なめらかな方が女性石です。

あなたの両手にボージーストーンを持ち、近づけると自力が反発しあう力を感じることが出来ると思います。

ボージーストーン豆知識

ボージーストーンには、多くの偽物も出回っているため、ご購入には信頼のおける店が大切です。

本物にはアメリカのヒーラーでありますカレン・ギルスビー女史が発行する本物の証しの黄色の商標書がついてきます。

天然石・ボージーストーンの石の鉱物知識

天候で産出量が左右される希少な天然石。

およそですが、約5憶年前(カンブリア紀中期)の海洋生物の化石が、黄鉄鉱(パイライト)化したもので、微量のパラジュムを含みます。

 

石の中から酸が染み出して変色しやすいため、市場に通常流通している石には黒っぽい特殊加工が施してあります。

水晶などの鉱物と違って、長い年月の間に、雨や風などで風化してしまいます。

ボージーストーンは、地面を掘って採るのではなく、浸食によって自然に地表に現れた石です。

 

色:ブラウンなど

産地:アメリカ合衆国(カンザス州)

石の硬度:6.0~6.5

石のことば:ヒーリング、瞑想

結晶系:不明

成分:FeS2+FeOOH・nH2O

比重:不明

効果的な使用方法:ブレスレット、ピアス、原石

誕生石:なし

結婚記念日:なし

誕生花:なし

天然石・ボージーストーンの意味とパワーストーン効果とは

全ての両極性を持つヒーリングに効果があります。

ボージーストーンは、陰陽のエネルギーを持つ非常にバランスの取れたヒーリングストーンです。

石の持つ陰陽のエネルギーで心身のバランスを取り、あなたの身体や心の不調をパワーストーン効果で和らげてくれるはずです。

 

また、男性性と女性性、陰と陽、現実と霊性などすべての両極性を持つもののバランスを整える作用もあります。

しかも、大地とつながるようにグランディングをさせてくれる効果もあります。

 

男性石(表面がデコボコしたもの)を左手に、女性石(表面がなめらかなもの)を右手に持って、ヒーリングや瞑想の際などに使用するとパワーが増して、より効果的といわれています。

天然石・ボージーストーンで期待できる「パワーストーン10」の効果

【天然石・ボージーストーンの凄いパワーストーン効果10選】

生命力上昇

鋭い直感力

現実と理想との均衝性

陰陽のバランスを取る

大地へのグランディング

瞑想を高める

体の歪みを整え正す

体内の気の流れを整える

心身のバランスをとる

身体や心の不調の緩和

こんな特に、ボージーストーンを使うと効果的

ギクシャクしてしまった交友関係を、もとのように円滑にしたい。

エネルギーの再生や、心身や心のバランスを整える。

グランディングをして、思考に明瞭さをもたらす。

【お勧め】天然石・ボージーストーンとお願い効果を高める組み合わせ

心身のバランスを整えて、不調を和らげる効果のある「ボージーストーン」。

さらに、下記の相性石によりパワーストーン効果が増大します。

天然石・サードオニキスとの相性石

交友関係を円滑にします。

また、夫婦関係を円満にしたり、恋愛成就に効果が期待できます。

 

天然石・サードオニキスに関する情報はサイト内でもご覧いただけます。

  おとめ座 パワーストーン「サードオニキス」意味と効果とは

 

天然石・リンガムとの相性石

心身のバランスを取り、活力をアップさせる効果があります。

 

天然石・セレスタイトの相性石

直感力を鋭くするように高める作用があります。

また、思考をクリアにして新鮮なアイデアが生まれます。

 

天然石・セレスタイトに関する情報はサイト内でもご覧いただけます。

  みずがめ座 パワーストーン「セレスタイト」意味と効果とは

この記事を読まれた方はこちらも読まれています

コメントを残す