【宝石種類】生前整理で見つけた宝石 エメラルド以外の緑色の宝石とは

緑色の宝石を生前整理をしていて見つけました。

一つは、自分で5月生まれなので購入した、誕生石のエメラルド。

しかし、以前いただいた緑色の宝石はエメラルドと違う感じで名前がわかりません。

緑色の宝石にはどんな宝石種類があるのか気になります。

 

そもそも「宝石」と「宝石種類」とは

宝石と呼びますが、宝石とは何でしょうか?

ついつい、呼び名の通りに瞬間的に思うのは「宝」の「石」と答えたくなります。

実際には、宝石とは、財産性や資産性・希少性が高くて、どこにでも持ち運びの出来る、もちろん美しい外観を有する固形物のことです。

 

「ウイキペディア(Wikipedia)」では、一般的に外観が美しく、アクセサリーなどに使用される鉱物をいうと明記されています。

また、主に天然鉱物としての「無機物結晶」を指していて、「無機物の固溶体」「非晶質」「生物に起因するもの」「人工合成物質」等があります。

宝石としての分類

無機物の固溶体:ラピスラズリガーネットなど

非晶質:オパールゴールデンオプシディアン(黒曜石)モルダバイトなど

生物に起因するもの:さんご(珊瑚)パール(真珠)アンバー(琥珀)など

人工合成物質:キュービックジルコニアなど

宝石と呼ばれるには条件もあり、関連記事は下記にも書いています。

  宝石種類で「高級天然宝石」としての、見分け方と条件とは

 

宝石のはなし(1989年発刊)」では「宝石は約70種ほどあるとされるが、よく知られた宝石は20種程度である

このように記述され、刊行後に発見されたものも含め、Wikipedia日本版では110種余りの資料を宝石として取り扱いしています。

宝石種類の緑色で「鑑別書」があると便利です。

あなたが今まで購入したり、プレゼントされ宝石箱の中に入っている色々な宝石やジュエリーたち。

ご自分で購入されたものであれば何となく記憶もあり、宝石の種類はわかりますが誰かからの頂き物ですと判明が出来ないものもあると思います。

こんな時に宝石(枠付き画像)の「鑑別書」が取り置きですと、すぐに宝石種類がわかり宝石名に悩まずに便利だと思います。

勿論、使用しなくなり業者に「買取」依頼する時も、「鑑別書」があると、業者も宝石種類の鑑別や評価の時間短縮となり便利です。

 

ただ、宝石種類の分類は「鑑別書」があれば、宝石と画像と照らし合わせれば判明しますが、「鑑別書」が付いているから良い品とは別問題です。

宝石に付いています「鑑別書」の役目は、その宝石種類や、本物、偽物の判断の基準となるもので宝石の価値や買取の価格が上がるというものでもないです。

 

真珠の場合には、パール(真珠)の上質の花球(はなだま)などの鑑別書には、「真珠科学研究所」発行の品質の評価(グレード)されているものもあります。

宝石種類の緑色の宝石とは

緑色の宝石種類には、高級天然宝石・中級天然宝石・並級天然宝石・合成宝石4種類に分類されます。

そんな緑色宝石には、希少価値の高いもの、財産性のあるもの、趣味趣向の石、資産価値はなくてもパワーストーン効果の強いものがあります。

 

また、透明石や半透明石、不透明石などもありますが、そのなかから今回は、緑色の代表的な宝石種類を取り上げてみました。

ご案内します緑色宝石は、すべての宝石種類から見ますと一部分ですが、ある程度の資産性や財産性のある宝石や人気石に絞り書いてみました。

宝石 エメラルド (Emerald)

宝石のエメラルドの美しい冴えた緑色を好む女性は多く、古代にはダイアモンドよりも高い評価をされていました。

エメラルドには、目によいとされる緑色と生命力を溢れさせる活力や力強さを持ち備えています。

 

古代エジプト時代には当時の女王のクレオパトラがこよなく愛した宝石がエメラルドでした。

鉱物学的には、3月誕生石の「アクアマリン」と同族のベリルで、成分中の微量な酸化クロムが独特な新緑色を出しています。

 

ただ、エメラルドには必ずといって良いほどインクルージョン(内包物)やひび割れがあります。

ですから、宝石種類のなかでもデリケートな宝石ですから取り扱いに注意が必要です。

誕生石としては「5月の誕生石」で、宝石言葉は「幸福」「幸運」「夫婦愛」

宝石「エメラルド」に関連する情報はサイト内でもご覧いただけます。

 【宝石種類】5月誕生石「エメラルド」誕生石とクレオパトラの関係とは

 【宝石種類】5月誕生石 エメラルドの「生前整理」や「買取」活用法とは

 【宝石買取】宝石 エメラルド 買取に役立つ知識やおススメの高価買取店

 【宝石のパワーストーン】エメラルドの意味と、お願い事効果とは

宝石 ひすい「翡翠:ジェード (Jadeite)」

中国では古来より高貴な宝石として、ダイアモンドより珍重されてきました。

半透明で濃い緑色のひすいは、表面に薄く油をぬったようなトロリとした光沢が、宝石としての特徴です。

 

ひすいには実は緑色だけではなく、カラーバリエーションが豊富な宝石で、オレンジや黒色もあります。

緑色の次に人気の色目は藤色のラベンダーで、ラベンダー翡翠とよばれています。

 

ひすいの中でも「琅玕(ろうかん)」と呼ばれるひすいが最高ですが、めったに日本ではお目にかかることがありません。

本当の琅玕は価値が高く、高価で購入される香港や、ヨーロッパ、ドバイの愛好家や富裕層の手に渡ります。

誕生石としては、「5月の誕生石」で、宝石言葉は「長寿」「健康」「平穏」「慈悲」

宝石「ひすい(翡翠):ジェイド」に関連する情報はサイト内でもご覧いただけます。

 【宝石種類】5月誕生石「翡翠(ヒスイ)Jade」 の意味とお得な情報

 【宝石種類】5月誕生石 ヒスイ・翡翠(ひすい)の「生前整理」や「買取」活用法とは

  宝石 ひすい(翡翠)の生前整理・買取の団塊世代の裏技ワンポイント

 【宝石のパワーストーン】ジェイド(翡翠)の宝石の意味と効果とは

宝石 トルマリン (Tourmaline)

トルマリンは、宝石種類の中でも一番色のバリエーションが豊富な宝石です。

緑色の代表ではグリーントルマリンですが、他にはピンク、青、紫、赤、黄色と宝石の中でも色が豊富です。

トルマリンは色によって人気が一番大きく変わってくる宝石で、和名では「電気石(でんきせき)」といいます。

 

トルマリングループの頂点にいるのはなんといっても「パライバトルマリン」で、人気も評価もずば抜けています。

グリーントルマリンの良いものは、森林を思わせるような深い緑色で、エメラルドに似た色目が評価が高いです。

誕生石としては「10月の誕生石」で、宝石言葉は「希望」「安楽」「忍耐」「招幸」

宝石「トルマリン」に関連する情報はサイト内でもご覧いただけます。

 【宝石種類】10月誕生石のトルマリン「生前整理」と「買取」活用法

 【宝石種類】トルマリン 10月誕生石の意味と不思議な効果

 【宝石種類】パライバトルマリン 10月誕生石の意味と人気の秘密とは

 【宝石種類】宝石 パライバトルマリン「買取」&「生前整理」活用法

 【天然石のパワーストーン】「ウオーターメロントルマリン」10月誕生石としての意味や効果とは

 【天然石のパワーストーン】グリーントルマリンの意味とパワーストーン効果とは

 【天然石のパワーストーン】トルマリンの意味と「電磁波防止」効果とは

 【天然石のパワーストーン】「恋愛」や「恋愛運アップ」に、ピンクトルマリンの意味と効果とは

  ふたご座  パワーストーン「ブルートルマリン」意味と効果とは

宝石 アレキサンドライト (Alexadrite)

宝石種類の中では、アレキサンドライトは昼の顔と夜の顔に「色変わりする宝石」として人気があります。

これはクリソベリルの変種で、鉱物内のクロムの含有によって二色に変色します。

昼間の自然光では「暗緑色」に、夜はロウソクの光でも「赤色」に変わり、それが鮮やかなほど価値があります。

 

1831年、ロシア・ウラルで発見された日が当時のアレキサンダー二世皇帝の誕生日でした。

しかも色が緑と赤の国旗と同じだったことからこの宝石名が付いたといわれています。

現在では、とても産出量も非常に少なく、もっとも希少価値が高く、色変わりの良い石は高価で取引されます。

日本では誕生石は「6月の誕生石」ですが、アメリカでの誕生石は「7月の誕生石」で、宝石言葉は「高貴」「情熱」

宝石・アレキサンドライトに関連する情報はサイト内でもご覧いただけます。

 【宝石種類】宝石 アレキサンドライト の賢い、買取、生前整理とは

 【宝石種類】宝石 アレキサンドライトの意味と不思議な色変わり効果とは

 【天然石のパワーストーン】クイズ:「アレキサンドライト」は、何月の「誕生石」かご存知ですか?

宝石 ペリトッド (Peridot)

宝石種類の中でも、ペリトッドの緑色は独特のオリーブグリーンが個性的で魅了的な宝石です。

ペリトッドの明るいイエローグリーンは心が軽くなるような美しい色です。

 

ペリトッドというのは宝石名で、鉱物的には「オリビン(Olivine)」といいます。

つづりからも推察できるように、オリビンとは「オリーブ」のことで、独特の緑色がオリーブの実に似ているから名付けられました。

和名は「橄欖石(かんらんせき)」といい、「かんらん」はオリーブを指しています。

誕生石としては「8月の誕生石」で、宝石言葉は「友愛」「夫婦愛」「幸福」「夫婦の和合」

宝石・ペリトッドに関連する情報はサイト内でもご覧いただけます。

 【宝石種類】8月の誕生石「ペリトッド(Peridot)」 意味は神秘的

 【宝石種類】8月誕生石 ペリトッドの意味や「生前整理」と「買取」情報

 【天然石のパワーストーン】8月誕生石・ペリトッド「ストレスを軽減する」効果とは

宝石種類の緑色のまとめ

宝石種類で緑色の宝石と呼ばれるものは、本当はご紹介したい宝石はもっと沢山あります。

今回は、あなたの身近にあると思います「緑色」の宝石種類を書いてみました。

 

古来から、緑色は目の疲れを取り除く作用があると信じられています。

現在では、パソコンやスマホでの長時間の目を酷使することも多く疲れ目になる場合も多いです。

緑色の宝石は目を癒す作用があるということを覚えて頂くと嬉しく思います。

今回のご訪問を心から感謝申し上げます。

コメントを残す