【宝石買取】宝石種類で、ブラックオパールの偽物・買取について

宝石で10月誕生石として人気のオパール

そんな、オパールの中でも別格なのが「ブラックオパール」です。

しかし、高額取引のブラックオパールは偽物も多いので注意が要ります。

今回、ブラックオパールの偽物の種類についてや「買取」情報もあります。

 

スポンサーリンク


宝石 ブラックオパールの意味とは

オパールグループの中でも希少価値の高い宝石

ブラックオパール(Black Opal)は、多くの貴石の中でも飛び切りユニークな個性にあふれている宝石です。

名前から分かると思いますが、オパールの一種で、黒いオパールと命名されたのは母岩が黒いことによります。

 

オパールの最大の特徴である七色の光彩を放つ遊色効果(プレー・オブ・カラー)が、黒い母岩の上に浮かび上がります。

これが、黒い母岩の影響を受けて最も鮮明に浮かび上がり輝くため、オパール類の中でも最も高く評価されます。

 

遊色効果とは、見る角度や光の具合によって表情が変化し、赤や緑、青などの断片がチラチラとモザイク模様のように浮かび上がります。

このように石の中でさまざまな色の光が散りばめられている現象を「遊色効果」と呼んでいます。

 

実際には、ブラックオパールの母岩は黒色だけではなく、濃い青色、緑色、グレーのものがありますが、黒色が一番キラメキが強く感じます。

乳白色のボディカラーのホワイトオパールと比べても、鮮やかさがとても美しいのがブラックオパールです。

 

ブラックオパールほど個性的な宝石はなく、二つとして同じ表情の石のものは実在いたしません。

どのような色が強く出ているかで評価も価値も大きく変わってくるのが特徴でもあります。

個性的な宝石だからこそ、価格基準の基礎知識を把握しておけば選ぶ時に役立ち、後世まで残せる宝石となります。

ブラックオパールの活用ポイントと見分け方

赤味が強く、バランスの取れているものほど高い評価

彩(いろどり)の出方は華やかな石ほど価値が高い

遊色効果がキラキラとよく出る石が狙い目で資産価値あり

【雑学】宝石 ブラックオパールとは

赤が入っているものほど評価が高い宝石

赤が入っているものが評価が高いですが、ジュエリーとしては好みで選んで楽しむ宝石です。

現在、ブラックオパールは、オーストラリアのニュウー・サウス、ウェルズ州、ライトニングリッジで殆ど産出されています。

しかも良質のブラックオパールの産出量は年々減少していて、希少価値はますます高まっているのが現状です。

ブラックオパールの特徴と鉱物学

ブラックオパールは、なんといっても鮮やかでたくさんの色が楽しめるのが魅力の宝石です。

遊色効果のあるブラックオパールは、一色ではない色のハーモニーが楽しめ、見る人を和ませてくれます。

石の中に赤が多く入っているほど最高とされています。

 

しかし、赤が多く入っていても全体のバランスとキラメキが美しくないと良くはありません。

赤が入っていなくても、緑と青の遊色効果が綺麗な石もあり、ブルー系のタイプも鮮やかで人気があります。

 

他には、黄色やオレンジ色の出るタイプも綺麗ですが、評価や価格面では赤が入っているものに比べると落ちます。

注しなければならないのは、安くても全体が曇り空のような鮮明さに欠けるタイプは避けると良いです。

ブラックオパールの意味

和名:蛋白石(たんぱくせき)

誕生石:10月誕生石

石言葉:安楽、希望

守護 :さそり座生まれ、火曜生まれ、

愛  :一白水星、六白金星

10月の誕生花:ヘリオトロープ(花言葉:献身、誠実)

ブラックオパールの鉱物特徴

主な色:白色、赤色、黄色、黒色、褐色など

透明度:透明~半透明

結晶系:非晶質

成分:SiO2+nH2O

硬度 :5.5~6.5

比重 :2.15

光沢:ガラス光沢

鑑別ポイント:比重、屈折率、インクルージョン(内包物)

主な産地 :オーストラリア

類似石 :ダブレット、トリプレット、合成オパールなど

ブラックオパールの偽物や種類

ブラックオパールは偽物が多いので注意

トリプレット・オパール

トリプレット・オパールとは、ごくごく薄いオパールの切れ端の上下をプラスチックや鉄鉱石などの素材でサンドイッチのように挟んだものです。

時には、上下ではなくガードルラインの位置で上部と下部を色のついた接着剤で張り合わせる場合もあります。

 

トリプレット・オパールは、ブラックオパールに似せるための加工技術としてもよく使われる方法です。

オニキスなどの黒い素材を下にして、そこにオパールの薄いものを載(の)せます。

そこにプラスチックをかぶせることでブラックオパールのような黒い輝きを放つ偽物のオパールが出来上がります。

ブラックオパールには裏に黒い母岩が付いていることが多いためにこの手法が多く使われます。

 

しかし、必ずしもすべてのブラックオパールに母岩がある訳ではありません。

トリプレット・オパールも本物のオパールではありませんから、上にかぶせられたプラスチックなどの素材は脆く、表面にも傷が付きやすいです。

 

特にリングなどにして使用している場合などは、年数と共に正面に小傷が付き曇ったようになり輝かなくなります。

当然偽物ですから、宝石としての価値もなく、買取依頼しても石の価格はありません。

ダブレット・オパール

ダブレット・オパールとは、天然のクリスタルオパールの下に鉄鉱石などの母岩を貼り合わせて作る加工品です。

そのように加工することで、遊色効果や輝きが増し、貴重なブラックオパールやボルダーオパールに似たようになります。

簡単な加工品では、トップの部分に天然宝石を貼りつけたもので、下部にはガラス、水晶などを用いる場合もあります。

 

トリプレット・オパールとの大きな違いは、トリプレット・オパールは上下をプラスチックなどの素材で挟まれています。

ダブレット・オパールは、宝石の上になっている部分は本物の天然オパールだということもあり、上からだと見分けが難しいです。

 

例え、上が本物のオパールだとしても、やはり人工的に張り合わされた偽物ですから、年数の経過と共に接着剤が剥がれてくる場合もあります。

折角、購入されてもまったく価値もなく、買取もしてもらえることがありません(枠の地金の価格のみ)

ホロー・カボッション

中をくり抜いたカボッションの石の中にゼリー状のオパールに似せた着色材料をつめます。

そして、下に蓋をしてつくります。(ヒスイの偽物にもよく使われます)

フォイル・パック

カボッションカットされたもともと薄い色の石の底部に銀箔等を裏張りして色を美しく見せるようにします。

ペインテッド・パック

カボッションカットされた底部を染料で着色することにより色を良く見せたりします。

特殊効果がより良くみえるようにしたもので、ペインテッド・オパールの加工品が有名です。

オーパライト

オパールに似た人工石もあり、「オーパライト」や「オパライト」と呼ばれるものがあります。

こちらはガラスや、その他の素材で人工的にオパールのような輝きがでるように真似をして作られたものです。

パワーストーンなどの一種として取り扱いされることも多く、これらは宝石といえない「シンセティックストーン(人工石)」の部類です。

10月誕生石 ブラックオパールに関するおススメ情報

オパールは人生の暗闇に希望をもたらしてくれるような明るさに満ちた宝石です。

憂鬱を払いのけ、何事にもとらわれない柔軟さや、人の意見に左右されない強い自分自身になれるように助ける宝石でもあります。

もっと色々と、オパールの各種を知りたい方は下記にも関連記事がありますので、ご覧いただけると嬉しいです。

宝石「オパール」に関連する情報はサイト内でもご覧いただけます。

  【宝石種類】宝石10月「オパール(Opal)」は大切なジュエリーの贈り物

  【宝石種類】10月誕生石 メキシコオパールの不思議なキラメキマジック

 【天然石のパワーストーン】オパールは、幸運を呼び込む石だから、宝くじの高額当選も夢でなくなる?

 【天然石のパワーストーン】「恋愛占い」「安産のお守り」には、ピンクオパールの意味と効果とは

ブラックオパールの「生前整理」や「買取」活用テクニック

宝石箱の中や、タンスの奥を整理していて出てきた「ブラックオパール」やジュエリーの数々。

リングのサイズが合わなくてそのままになっていたり、デザインが古いと感じて使用していないジュエリーはあるものです。

 

親や義母からのもらったもの、終活や、遺品整理で授かった品など、現在の資産価値はどれ位か気になる場合もあるのではないでしょうか?

オパールの宝飾品と一緒に「鑑別書」が取り置きしてあると一番良いのですが無い場合もあります。

 

また、ご自分でかなり以前に購入した品で、鑑別書や付属品、記憶もあいまいな時には下記のように区分してみて下さい。

ジュエリーの中石のブラックオパールは、ひび割れや傷ついていないか?

買取では、通常は、石に傷ついていたり、欠けていた場合は商品価値がありません。

特にブラックオパールの場合は、乾燥によるひび割れや、変色、色むらになることがあり注意が必要です。

 

石に傷がついていても特別高価な石(5大宝石)の場合は「リカット」して再生でき、ブラックオパールは可能です。

「リカット」とは、石そのものの外的な傷を研磨等して無くすことです。

 

売却する時には、枠の素材が何なのか見ます(K18,PT900,PT850,K18WG,K14,K14WG,SV900,SV)、

ただし(K18GP,K18GFのGPやGFの刻印)は偽物やメッキ加工品です。

 

貴金属買取の参考記事は下記にもあります。

 【貴金属買取】ネックレスの買取で「換金価値」の高いものとは

 

リングやペンダントの中石のブラックオパールが美しい時

その品に愛着があるか、無いかを考えます。

愛着のある品は、後世に残すことを考えられてはいかがでしょうか?

 

子供さん、お孫さん、お世話になった人にプレゼントも良いかもしれません。

デザインが古い場合は、もらった人が最新のデザインにリフォームして楽しむことも可能です。

その時は、旧枠を下取り金額として加工代金の一部としても使用も可能です。

 

ブラックオパールは、高級天然宝石のため、決してご自分で枠から外さないようにして下さい。

無理に外そうとして、ブラックオパールに傷がついてしまいますと、それで価値がなくなり石の「買取」査定も「0」となります。

また、ご家庭や宝石店でサービスでの、超音波洗浄器でのクリーニング(まれにスキルのない販売員もいます)は禁物です。

リングやペンダントのデザインが古いと感じる時

その品に愛着が無く、しかもデザインが古い場合は地金枠と、ブラックオパールを換金処分も良いかと思います。

製品として再販のための「買取」できるか、「スクラップ処分」にするかは市場性を考えた業者の判断です。

 

中石が特別な美しいと思われる場合のブラックオパールは、石だけ取り置きも良いかもしれません。

大粒のブラックオパールで、品質の良い品は石だけでも高価な価格で「買取」可能です。

 

どれだけ、中石に価値があっても「買取」してもらう時は残念な買取価格となる場合もありますから、処分時は慎重に業者を選定して下さい。

良心的な買取店であれば、地金、メレーダイヤ(枠についてる小さなダイアモンド)、中石と良い価格評価をしてくれます。

 

宝石の価値や、地金(金・プラチナ)の価格を調べてみたい時は下記のサイトが便利です。

  【金・プラチナ・宝石・ダイヤモンド・ブランドジュエリーの専門買取】

宝石・貴金属の「買取」に関する関連情報

宝石・貴金属の「買取」に関する関連情報は下記に掲載してみました。

 【貴金属買取】定年前に始める、宝石・貴金属の「終活」と「生前整理」「断捨離」の始め方

 【貴金属買取】宝石・貴金属の有効利用で、お金が欲しい!そんな「急な資金」を作る方法とは

  宝石・貴金属、買い取り前の秘密の「整理整頓」と「断捨離」

 

節税・相続に効果的!金地金の精錬分割加工サービスをご存知ですか?

  金の買取りならリファウンデーションです☆

全額配送補償付の宅配買取なら全国どこからでも安心!

宝石・貴金属・ジュエリー・ブランド品を「買取」してもらいたい時

安心できる「信頼」と「信用」できる買取店の記事を下記に書いていますのでご参考になさって下さい。

【貴金属買取】あなたの家に眠っている、貴金属買取の安心業者の「口コミ」や「比較」

  貴金属買取の安心業者の「口コミ」や「比較」

スポンサーリンク


コメントを残す