ジュエリーの喜ばれる、プレゼントの仕方

ジュエリーのプレゼントは、

贈る人は、贈る喜び!!

もらう人は、もらった嬉しさ!!

でも・・・

どんなふうに考えれてプレゼントすればよいのかな・・・

スポンサーリンク


ジュエリープレゼントする前の考え方

宝石やジュエリーは高価なプレゼントです。

せっかくプレゼントをしても相手が喜んでくれないと意味がありません。

ジュエリーをプレゼントする時には、単にモノを贈るのではなくて真心も一緒に贈ります。

先ずは、贈る相手の使用するシーン(場面)に合う感性を満足するプレゼントが優先。
また、お付き合いの度合いでプレゼント品も違います。

著しい高額品のジュエリーのプレゼントは相手から下心ミエミエ?で、警戒されます。(笑い)

低価格品(数千円)のジュエリーのプレゼントはもらう側に失礼になりますから、他の品を選ぶ方が良いです。
(相手が望むのでしたら良いのですが・・・)

指輪をプレゼントする時は、さりげなく事前に相手のサイズを調べておく事です。

ジュエリープレゼントの大事な5点

デザイン:スタイルや流行は相手の趣味を満足させます。

品質  :耐久性のあるジュエリーは経済的な欲望の満足。高級品は優越感を満足させます。

価格  :プレゼントをする相手にもよりますが、商品価値は経済面の安心感を与えます。

用途  :プレゼント品の適合性は、相手に幸福感、満足感を満たします。

調和  :相手の好みを把握したプレゼントは、趣味の適合性と優越感や好奇心の満足。

ジュエリープレゼントの5W1Hとは?

 Tiffany & Co.

5W1Hでプレゼントシーンを考える。

Who:誰が使うのか?

*女性か、男性か、恋人か、既婚か、

*学生か、OLか、キャリアか、主婦かご主人なのか、

*若いのか、中年か、年配者か

 

Where:どこで使うのか?

*家庭なのか、職場か、式場か、パーティーか、

 

When:いつ使うのか?

*使うシーンは、季節は、来客時か、訪問時か

 

What:何がつかわれるのか?

*主にどういうものが使用されるのか、

*コーディネートする時にあうのか、

 

Why:なぜ使うのか、または、なぜ使用しないのか?

*楽しむためか、贈り物か、冠婚葬祭用か、

 

How:どのようにして使用するのか?

*メーン用(つける指など)か、コーディネートか、

生前仕分け(老前仕分け)や遺品整理品のプレゼント

宝石、貴金属は贈る側は思いや、思い出の品を差し出すわけですから、単なるものではなく真心のプレゼントです。

自分と趣味や趣向の違う品もあります。

プレゼンするいう品は気持ちよく受け取りましょう。いつでも宝石、貴金属は換金できる資産です。

金色に輝いている品でも、アクセサリーも多いです。アクセサリーはメッキ品ですから資産価値はありません。

しかし、偽物の中にも本物がある場合もありますので、店舗のあるお店で査定してもらうと良いです。

スポンサーリンク


コメントを残す