ジュエリーコーディネートもっと知りたい納得の「Q&A」

ジュエリーコーディネートは簡単なようで難しいです。

いざという時に悩みませんか?

ジュエリーを着ける時の素朴な疑問を集めてみました。

 

ジュエリーコーディネート普段使い(オフ)

デイリーだからといっていつものジュエリー使いと同じではダメです。

オシャレな女性は「オン」と「オフ」の上手なジュエリーの使い分けをしています。

ちなみにデイリーとは、【daily】で、デーリーとも言います。毎日の、日常の意味を表しています。

 

オフ(休日)の日はボリューム感

休日やショッピングなどのカジュアルな場面ではどのようなジュエリーコーディネートが良いのでしょうか?

 

オフには、人の視線を少し気にして、ジュエリーのオシャレをじゅうぶんに楽しむことが出来ます。

好みの石を使った個性的でボリューム感のあるデザインは気分を盛り上げてくれます。

 

ネックレスの長さや、リングの素材(金、プラチナ、シルバー)などにこだわらずにジュエリーが引き立つ洋服とのバランスのとれたコーディネートの心がけが一番です。

逆効果なのは、ここぞとばかりにネックレスもイヤリングもリングも装飾性の高いものばかりはアンバランスです。

 

例えばネックレスを主役にお考えでしたら、他のアイテムは控えめにすれば、全体のバランスが良くなると思います。

休日なので家族とゆっくり過ごしたり、あるいはスポーツなどのアクティブな場面では、小ぶりでシンプルなもの。

 

またはスポーツでは体を激しく動かすこともありますから動きを妨げないアイテムが最適です。

休日だからこそジュエリーのもっている最大の魅力でウインドーショッピングなどを楽しむと心が癒されます。

ジュエリーコーディネート普段使い(オン)

さあ、今日から仕事だ!! こんな時のジュエリーコーディネートはどのようにしていますか?

 

オン(平日)のジュエリーはシンプルでさりげなくが一番

職種にもよりますが、共通して言えることは身に着けるジュエリーは、基本的にはシンプルで自分も人目にも邪魔にならないものが適しています。

 

オフィスでのジュエリーコーディネート

オフィスでのジュエリーはデザインに気をつけましょうね。

例えば、「ドロップ型のイヤリング」や「長く下がったピアス」などは、電話使用時にはうっとうしく見えます。

ネックレス、ペンダントやピアスも、ジャラジャラする長いデザインものは好ましくありません。

 

スーツ着用でしたら、チョーカータイプ(長さ38~43センチ)のネックレスが最適です。

リングは立爪タイプは注意が必要です。

不注意でぶつかったり引っかかったりしやすいのでキズがつきやすくなります。

女性が一番困るのは、爪でストッキングが破れる事です。

オフィスでのジュエリーは、爪の無いフクリン留め下記説明文】や石がカボッションカットがお勧めです。

フクリン留め:

  覆輪(ふくりん)留め(Bezel Setting) 宝石のガードル部分をぐるりと爪ではなく、地金で取り囲んだ留め方で、伏せ込みともいいます

 

かと言って、どのアイテムもあまりにもシンプルなものばかりですと、楽しくありませんよね。

そこで、リングやネックレスを重ねづけしたり、一点だけ個性的なデザインにしたりと、さりげないけれど、周りへの配慮や気づかいと品を感じさせるジュエリーコーディネートができれば上級者です。

ジュエリーの付け方の疑問

Q:ジュエリーは一度に何か所、何個までつけていいのですか?

A:ジュエリーには、何か所、何個までなら大丈夫というきまりやマナーはありません。

TPOと服装のバランスが大事で、あまりにもジュエリーばかりが目立ちすぎては、品が無く、オシャレが台無しとなります。

複数のジュエリーを身に着けたい時には、まずどれを主役にするか決める事が大事です。

 

ネックレスにするなら、同じ顔周りにつけるイヤリングはやめます。

リングが主役ならブレスレットは着けない。

 

このように鏡で全身を映し洋服の色やジュエリーとのバランスを確認してコーディネートを考えましょう。

入学式や卒業式のジュエリーマナー

Q:子供の入学式や卒業式にはジュエリーはどうしたらよいの?

A:子供さんが主役の式典ですから、親が着飾りすぎてはいけません。

上品でシンプルなジュエリーコーディネートが一番大事な事です。

最近のお母さんたちはオシャレ上手です。

式典に参加する洋服もライトブルーやピンクなどの華やかなカラーの着用も多く見受けられます。

スーツに似合う「アクアマリン」や「モルガナイト」などの個性の強くないシンプルなリングがお勧めです。

襟元にパールの飾りのついたブローチもオシャレだと思います。

もし、着物で参加される場合はジュエリーは不要です。

注目される、ネイルとの組み合わせジュエリー

あなたの手元は注目されていて、さりげなく着けたリングには視線があつまります。

手入れの行き届いた指先のオシャレにネイルは必需品だと思います。

ただ爪だけが目立ちますとジュエリーが映えませんので、注意が必要です。

 

ジュエリーを引き立てるネイルカラーは?

ジュエリーを引きたてるネイルカラーは、やはりナチュラルな色味が適していると思います。

ピンクやベージュは清潔感と温かみのある自然な色味がよいと思われます。

 

ネイルカラーだけでも充分にオシャレな印象ですが、ジュエリーと合わせて、部分的にラメを重ねると、華やかな感じになります。

注目のオシャレテクニックは、一本の指の爪にだけ、ラインストーンでアクセントをつけるとオシャレです。

 

ジュエリーコーディネートの装いには、全体のバランス(ジュエリー、リング、ネイル、洋服)のトータルで考える事が一番だと思います。

コメントを残す