【天然石のパワーストーン】ブラッドストーンの意味と天然石のパワーストーン効果とは

天然石のブラッドストーン。

3月の誕生石といえば「コーラル(珊瑚:さんご)」や「アクアマリン」は有名です。

その隠れた存在で、実は「ブラッドストーン」も3月の誕生石なんです。

ブラッドストーンには、あの有名な宗教的な人物との深い関わりがありました。

 

スポンサーリンク


『宝石のパワーストーン』天然石・ブラッドストーンの意味とは

健康になりたい人のお守り天然石

ブラッドストーン(Bloodstone)は、濃い緑色の半透明の玉髄(カルセドニー)で、赤い斑点の含む天然石をいいます。

和名は、「血石(けっせき)」といい、また、別名は「ヘリオトロープ」とも呼ばれています。

 

かっては、エジプトのヘリオポスからこの石が産出していて、ギリシャ語の「ヘリオス(太陽)」と「トロポス(向く)」が名前の由来ともいわれています。

天然石・ブラッドストーンの石言葉と歴史

血に関わる病気から身を守る天然石。

ブラッドストーンは、古くから血にまつわる天然石とされてきました。

体内の毒素を排出して、血液を浄化して心臓を強化するといわれています。

 

ブラッドストーンには有名なイエス・キリストにまつわる伝承があります。

この石の緑色の中に赤い血潮がしたたるような点々は、「十字架にかけられたキリストの足の血」ともいわれています。

イエスがゴルゴの丘で磔(はりつけ)にされた時、十字架の下にあった石にイエスの血がしみ込んで出来たといわれています。

 

古代には戦争で血を流すことが無いように、怪我をしないように兵士がお守りとして身に着けていました。

その他にも、止血剤として用いられてこともあったといわれています。

 

色:深緑、赤

産地:オーストラリア、インド等

石の硬度:7.0

石のことば:知性、勇気、献身

守護:うお座、木曜生まれ

愛:おひつじ座、さそり座のサブストーン

結晶系:六方晶系

成分:SiO2+不純物

効果的な使用方法:ブレスレット、原石

誕生石:3月誕生石

結婚記念日:なし

誕生花:なし

天然石・ブラッドストーンのお願い事パワーストーン効果とは

健康運や病気の排除にパワーストーン効果が大きい

ブラッドストーンは、心身の疲れを取り去り、スタミナをアップするパワーストーン効果があります。

血液に深く関り、血行を良くして、低血圧や貧血を緩和するとされています。

 

また、古代より出血や腫れ物などにも効果があるといわれてきました。

健康面で自信のない人が所持すると、徐々にですが健康運がアップするともいわれています。

 

元気が無い時にはブラッドストーンを傍に置いてパワーチャージすると良いかもしれません。

ネガティブなものを、あなたから遠ざけるお守り効果もあり、精神的な強さを育み、積極性をもたらすパワー効果があります。

<天然石・ブラッドストーンで期待できる「パワーストーン10」の効果>

ブラッドストーンは、一般的に血液と非常に深い関係がある天然石です。

一例ですが、止血に有効であったり、腫れものを癒す効果があるとか、血液関係の病気全般に良い影響があると信じられています。

また、血液を元気にして酸素の循環を良くするパワーもあるため、この石を持つと脳の活性化と思考の明瞭性を高めてくれる効果もあります。

 

【天然石・ブラッドストーンの凄いパワーストーン効果10選】

元気や体力増強

生きる事への欲求を高める

安産のお守り

妊娠がしやすくなる

一族、同族の繁栄

血液関連の病気の快復有効

明瞭性を高める

心身のリラックス作用

知性と洞察力を高める

血液に力を与え、酸素の循環を高める

【お勧め】天然石・ブラッドストーンとお願いの効果を高める組み合わせ

天然石・ブラッドストーンを使った効果的な組み合わせをご紹介します。

天然石・レッドスピネルとの相性石

レッドスピネルは「若返りの石」といわれています。

心身を活性化してエネルギーを与えてくれるパワーストーン効果があります。

 

天然石・ユナカイトとの相性石

心身の回復を早める天然石といわれています。

健康的な肉体がつくられるようにサポート効果があります。

 

宝石・ペリトッドの相性石

心臓を強化して、神経からくる腸の不調を和らげます。

身体を丈夫にする宝石ともいわれています。

 

宝石・ペリトッドに関する情報はサイト内でもご覧いただけます。

  宝石 8月「ペリトッド(Peridot)」 意味は神秘的

 

天然石・ジャスパーとの相性石

ジャスパーは、心身の調和をさせる効果が大きいです。

ブラッドストーンとは、基礎体力を上げてくれる組み合わせです。

スポンサーリンク


この記事を読まれた方はこちらも読まれています

コメントを残す