切手買い取り「未使用切手」や「年賀切手」を高く売りさばく方法とは

あなたのご家庭には「未使用切手」や「年賀切手」や「古い切手」等があると思います。

貴金属と同じぐらいの資産価値のある「レア」な切手も実在します。

一度、切手買い取り専門業者に査定をしてもらうと良いかもしれません。

切手も「お宝」ですから現金にすぐになります。

 

使わない「未使用切手」や「年賀切手」の現金化

使わない切手はどのようにしているでしょうか。

年賀はがきで当選して交換した切手シートやバラバラな切手類は現金に交換できます。

 

基本的には、使わない未使用切手や年賀切手は1枚でも買い取り店に持ち込んで売りさばけます。

その買い取り店の評価基準もありますから比率は断定できませんが、必ず現金に変える事が可能です。

店は荷物などや書類を送る時に切手を使用しますから買い取りを実行します。

 

普通切手は額面を超えるものは少ないです。

反対に、記念切手の場合は、市場性とプレミアムが付けば高額取引もあり得ます。

 

記念切手の中には現在では販売されていない「レア」なものも沢山あり、1枚でも高額になる場合もあります。

未使用でも破れてしまった切手は買い取りはしてもらえませんが、郵便局では交換してもらえます。

 

中国切手の中には、物凄く「レア」なものがあり、まれに5万円や10万円の高額査定が付くときもあります。

使用済み切手は基本的には価値は殆どありません。

買い取り店によってはお断りする店もありますが、100枚や1000枚単位で買い取るお店もあります。

切手買い取り品の種類

 

生前仕分けや遺品整理で貴金属の買い取り時によく相談されるものの中に「切手」と「着物」があります。

切手の買い取り相談で多いのは下記の種類です。

 

タンスの中や引き出しの中の切手シートやバラ切手

将来の投資目的の切手ブックやコレクション

使うつもりで貯めていた切手シートとブック類

引っ越しで処分に困っていた事務用の大量の切手シート

東京オリンピックの時や他のイベントの記念切手

趣味で収集した記念切手や年賀切手シート

コレクションで収集したブック内の切手の数々

価格が不明な外国切手や中国切手

趣味で集めた大量の古い切手やバラバラな切手類

年代を感じる意味不明な未使用記念切手

 

いかがでしたか?

一つでも該当したら業者に買い取りしてもらい「現金」に変えるのも選択肢です。

切手を1円でも高く売る方法

切手を1円でも高く売るには汚れのない、欠けていない状態の良い切手です。

切手の一部が欠けていますと、店によってはお断りする場合と金額が安くても買い取る店もあります。

断りされると気分を害しますので、電話で確認をしておくとスムーズな取引ができます。

 

切手の量が多い時には、郵送での買い取りや出張買い取りでのサービスなど自分に合うやり方を選んで下さい。

くれぐれも、悪質な「押し買い業者」にはお気をつけてください。

 

年賀切手は勿論ですが年賀ハガキも店では買い取ってくれますので使わないのでしたら現金に変えてしまえば良いと思います。

切手を高く売る時の注意点

切手を売る時の「注意点」は、できるだけ同じ種類額面をまとめておくことです。

切手の枚数が少ない時は問題ありませんが、100枚以上などの場合は、金額別に分けておきますと査定時間の短縮になります。

買い取り店に持ち込みの場合は査定が早く終わり、待ち時間の短縮にもなります。

 

いつも「買い取り」に関して、記事内でお話ししていますが、繰り返しになりますが、売却する時は複数店舗で見積もりを取る事も大事な事です。

 

一般的には、切手の買い取り金額は想像もつきません。

ですから、査定金額が1円でも高く、買い取りしてくれる店か、実績のあるお店を選ぶのが良いと思います。

 

最近では、希望価格を聞いてくれる親切なお店もあります。

後ほど、切手買い取りの実績のあるお店をご紹介しますので参考にして下さい。

切手を高額で買い取りする業者とは

切手を買い取りしてもらう時に、どのような業者ですれば良いかお悩みの時もあると思います。

 

切手を売る時には、新聞折込チラシで紹介の業者やネット検索での切手買い取り業者か、どの業者が高額買い取りしてくれるかわかりません。

下記にご紹介します「切手買い取り業者」は信用実績がありますから、ご参考まで。

 

  切手の買取専門店【ザ・ゴールド 】

  高価買取専門店[おたからや]

コメントを残す