【宝石種類】宝石 スピネルは、芸能人の「キムタク」さんにも愛された、人気の意味と効果とは。

スピネルの中の、ブラックスピネルはたくさんの芸能人が愛用していました。

芸能人の着けている画像一覧では、キムタク(木村 拓哉)さんやEXILE(ATSUSHI)さんも愛用していました。

また、お二人以外にもたくさんの芸能人が「ブラックスピネル」のネックレスを着けているんですね。

しかし、本当の「スピネル」の密かな人気の秘密は別の理由です。

なぜ、こんなににも水面下で人気があるのか調べてみました。

 

スポンサーリンク


宝石 スピネル(Spinel)とは?

スピネルの和名は「尖晶石(せんしょうせき)」と言います。

名前のスピネルはラテン語の「棘(とげ)」を意味する「Spina」に由来し、八面体の結晶として産出されます。

 

赤色のスピネルはルビーにそっくりな宝石です。

スピネルは12か月の「誕生石」にも「結婚記念石」にもありません。

 

暗いレッドの宝石のイメージが強いですが、実は色鮮やかで硬度もあり品質の高い宝石の一種です。

 

宝石ことば:内面の充実、安全

硬度:8.0(ルビーやサファイアは硬度9.0)

宝石 スピネルの大きな「誤解」

スピネルは「ルビーの陰で不憫(ふびん)な思いをした石」と言われ続けられました。

 

それには理由があります。

世界でもっとも有名なルビーといわれる「黒大使のルビー」

この石は170カラットもあるという大粒です。イギリスの戴冠式(たいかんしき)の国王冠にはめ込まれています。

そして、ロンドン塔宝物館で燦然(さんぜん)とした見る人を魅了する光を放っています。

ところがビックリな話で、実はこれがルビーではなくて「スピネル」だったのです。

 

また、英国王室の「ティムール・ルビー」も「スピネル」であることが判明しました。

当然ですが、加工する時には専門家が石を選びますが、ルビーよりもスピネルが美しかったという事です。

その何とも言えない赤色の魅力が密かな人気の秘密なのです。

宝石 スピネルの色と種類

スピネルの色は、無色または半透明で、カラーバリエーションには、色鮮やかな赤(レッド)。

それ以外には、青色、緑色、ピンク、ラベンダー、オレンジ、黄色、褐色と色も豊富です。

 

色が豊富なスピネルですが、ネオンピンク、ネオンレッドは近年で人気が高くなり、相場が急上昇しています。

昔はルビーの代用品として呼ばれていた日陰の存在が嘘のようです。

 

似たような話はよくありますが、余談ですが、富山湾の深海魚「ゲンゲ」ですが、昔は漁師さんが邪魔者扱いしていました。

しかし、その珍味とコラーゲンが人気が出て今では「幻の魚」として人気急上昇です。

宝石 スピネルの評価

 

スピネルの色には先ほども書きましたが、紫色、ピンク、ブルー、オレンジ、無色とカラーバリエーションが豊富です。

 

ラベンダーカラーの「紫色」は、今はまだ人気がありませんが購入には狙い目だと思います。

気品のある「紫色」はスピネルのイメージを変えます。

 

最近特に人気急上昇の色目は「ピンク」です。

ネオンピンクのスピネルはピンク色は色鮮やかで安物のルビーよりも数段も美しいです。

宝石・スピネル関連情報

宝石・スピネルに関連する情報はサイト内でもご覧いただけます。

 【宝石種類】宝石 スピネルは縁の下の力持ちの陰のパワー石でした

 【宝石種類】宝石 スピネルの賢い「買取」や「生前整理」活用法

 【宝石種類】宝石 スピネルは縁の下の力持ちの陰のパワー石でした

 【天然石のパワーストーン】ブラックスピネルは、芸能人が多数愛用している人気の天然石

ブラックスピネル愛用者の芸能人写真一覧

  ブラックスピネル芸能人写真一覧

宝石 スピネルの産地

スピネルの主な産地は、ミャンマー、スリランカ、アフガニスタン、マダカスカル等です。

 

ミャンマー産

赤いスピネルはミャンマー産(以前はビルマ)の評価は高いです。

ルビーの名産地のモゴック鉱山近くのものが特に良質で有名です。

良質なものは、まさにルビーに見間違うほどの美しいレッドで、惚れ惚れしてしまう色合いだと思います。

私も以前、仕入れに行った時には、ルビーと間違えました。

見た目は完全に良質のルビーでしたが・・(笑い)

スリランカ産

スリランカ産(以前はセイロン)は、ピンク系の色目が多いです。

時折、濃い色のピンクの良質なスピネルが産出されます。

宝石としてのスピネル購入ポイント

スピネルの硬度は8.0でルビーやサファイアよりも少し低いです。

しかし、透明度の高さと言い、テリの美しさと言い、宝石としての条件は申し分なく備えています。

 

また、ブルースピネルの中でも「コバルトスピネル」と呼ばれる深い藍色のスピネルは、稀少です。

このコバルトスピネルはコバルトが原因で生まれます。

 

色は石全体が深く鮮やかなブルーで、決してサファイアにも負けません。

石の名前よりも質にこだわるのでしたら私はスピネルはお買い得なのでお薦めします。

 

スピネル購入ポイント

人気のスピネルは「ネオンピンク」入手も困難。レッドは断然ミャンマー産が高品質です。

ラベンダーカラーのスピネルは気品のある紫色で、今が狙い目の石です。

オレンジ色はレアなタイプでめったにお目にかかりませんが、宝石店でみつけたらラッキー。

の石も、インクルージョン(内包物)の無い、透明度とテリや色むらのない石が最高。

スポンサーリンク


コメントを残す