【宝石種類】宝石 スピネルは、縁の下の力持ちの陰のパワー石でした

天然石「スピネル」は忍耐強い石です。

長年、ルビーと間違えられても、その美しさは不動でした。

人間社会でも表に出なくても、人の見ていないところでも頑張っている人がいます。

今、人気は「ブラックスピネル」

スピネルを身に着けると、内からの元気なパワーがでるのはなぜでしょうか?

スポンサーリンク


宝石「スピネル(Spinel)」の宝石言葉

評価の高いのは、レッドとブルー色のスピネル

宝石「スピネル」の和名は「尖昌石(せんしょうせき)といいます。

スピネルは赤、青、赤紫、紫、ピンク、緑、オレンジ、褐色、黒、無色とカラーバリエーションが豊富な石です。

レッドスピネルが18世紀後半まではルビーと信じられていた不遇な歴史時代もありました。ルビーが採掘されるコランダムの鉱山とスピネルは同じ鉱山で産出されていたことが誤解を招いたようです。

 

しかし、後日になってコランダムと異なる化学組織の鉱物として、独自名の「スピネル」が認知されました。

日本では、お守りとして「ブラックスピネル」が、「パワーストーン」としての人気があります。

宝石のことば  :  安全

宝石誕生石  : スピネルには誕生石はありません。

石の硬度   :  8.0(ルビーより少し低い)

スピネルの関連情報

 【宝石種類】宝石 スピネルの賢い「買取」や「生前整理」活用法

 【宝石種類】宝石 スピネルは、キムタクにも愛された、人気の意味と効果とは

 【天然石のパワーストーン】ブラックスピネルは、芸能人が多数愛用している人気の天然石

ブラックスピネル愛用芸能人写真一覧

⇒ ブラックスピネル芸能人写真一覧

宝石「スピネル」の主な産出地

スピネルの主な産出国はスリランカ、ミャンマー、タンザニアなどです。

特にミャンマーのルビー産出地で有名なモゴク鉱山周辺で採れる石は色の濃い良質と人気があり評価も高いです。

宝石「スピネル」の歴史

ルビーと信じられて、王冠に飾られた赤いスピネル

宝石のルビーが見つかり「ルビーの陰で不憫(ふびん)」な思いをした石」と言われてしまうスピネル。

こんな逸話があります。
世界でもっとも有名なルビーといわれた「黒太子のルビー」。実はこの170カラットの大粒の赤い石は、イギリスの国王の戴冠式(たいかんしき)の冠にはめこまれていて、ロンドン塔の宝物館できらびやかに燦然(さんぜん)と光輝いています。実はルビーと信じられていましたが、これが「スピネル」でした。

また、英国王室の「ティムール・ルビー」もスピネルであることが、後ほど判明しました。

宝石「スピネル」購入時のポイント

良質の石はルビーと見間違えるほど美しい



スピネルは、色の濃さ、内包物の少なさ透明感と輝きが評価のポイントです。
特に高い評価の石は、レッドやブルーのスピネルですが、クロムが内包されると赤色に鉄やコバルトが内包されると青色のスピネルになるので不思議です。

色々なカラーバリエーションのスピネルの中でも「コバルトスピネル」とよばれる深い藍色は稀少です。
このようなコバルトが原因でうまれた深くあざやかなブルーはサファイヤにも負けない美しさです。

 

スピネル購入のポイント

レッドはミャンマー産が高品質で、ネオピンクが人気の色です。

ラベンダーカラーの紫は気品があり、今が狙い目の石です。

スポンサーリンク


コメントを残す