宝石の「カメオ」素晴らしいアートの世界ですね。

カメオは素敵なアートです。

カメオにも色々な素材があるんですね。

その素材に風景や人物、動物と見事な彫刻がしてあります。

また、カメオブローチを洋服に付けるとオシャレ度が増します。

でも、実際に付けるとなると迷う事もあると思います。

そんなカメオについて書いてみました。

カメオとは?

カメオ(英語:cameo)とは、瑪瑙(めのう)オニッキスやカルセドニーや大理石、貝殻、コーラル(さんごを利用)などに浮き彫りの彫刻を施した装飾品や工芸品の総称をさします。

カメオ作成には、通常2つないしそれ以上の色層(色違いの層)をもつ材料の上層部分に、デザインを上から見ますとその彫り物が浮かび上がらせるように立体感の彫刻を施したものです。

シェルカメオの種類は、 サード二クスシェル(褐色)、コルネリアン(茶褐色)マザーオブパール(パール色)、コンクシェル(ピンク)などがあります。

カメオの歴史

カメオの歴史は古く、古代ギリシャで発達した技法で、カメオもしくはインタリオを施した宝石を指輪にはめ、当時では印章代わりに使用していたと考えられています。

また、カメオは古代より装飾品として人々から愛され、古いカメオとしてはローマ時代のものも発掘され見つかっています。

近年ではイタリアなどの国で工芸品として貝殻に彫り出したシェルカメオが、装飾品として珍重されているようです。

現在のシェルカメオは、南イタリアのナポリ近郊の港町(トーレ・デル・グレコ)が中心で製作されており、この地では、多くのカメオ彫刻家がそれぞれの個性や特性などを生かして現代アートカメオを製作しています。

カメオの種類

日本では主に「マンボウガイ」「トウカムリ」「ホシダカラ」等の厚い貝殻に浮き彫り彫刻を施したシェルカメオのことを指しています。

 

カメオには下記のような種類があります。

シェルカメオ:マザーオブパール(パール色)、コンクシェル(ピンク)などがあります。

ストーンカメオ:瑪瑙(めのう)オニッキスやカルセドニー、珊瑚、トルコ石や大理石に彫刻をしたもの

インタリオ:カメオと逆に、風景や動物、意匠や文様などが素材に凹状に彫刻されたものです。

ラーヴァカメオ:溶岩に彫刻を掘り出したカメオです。

カメオ・アビレ:カメオに彫刻された人物像等をさらにダイヤモンド、ルビーなどで豪華に装飾したもの

アクリルカメオ:アクリル樹脂をカメオ風に成形してカメオ風にしたもの

メタルカメオ:金属をカメオ風に成形したもの

カメオブローチの付け方

カメオブローチを洋服に付けるとオシャレ度がワンランク増します。

でも、実際に付けるとなるとどのように付けたら良いのか迷う事もあると思います。

そこで、洋服や他の方法でオシャレにカメオブローチの付け方の画像を見つけましたので下記から参考になさってください。

 カメオブローチ付け方の画像

カメオの手入れの仕方

カメオの手入れには、薄めた中性洗剤で毛先の柔らかいブラシで優しく汚れを洗ってください。

その後には十分な水洗い洗浄して乾拭きすることが大事です。

カメオ(シェル、ストーン)は衝撃や圧力に大変弱いため(落下時のワレ、ヒビ)、服装に付ける際は、必ず低姿勢での着用が良いと思います。。

また、ブローチの留め金には落下防止のシリコンゴムの利用をお勧めします。
長時間使用しない場合や外したカメオは、直射日光、強度な乾燥を避けて保存してください。

カメオの「買い取り」方法

カメオについてお分かりになりましたでしょうか?

良い作家物のカメオは後世に残すジュエリーとしては最適なものですが、譲り受けたり持っていて「断捨離」をして使用しなくなったカメオは買い取り相談をお奨めします。

 

あなたのカメオはどのような種類でしょうか?

貝に彫刻をしたのをシェルカメオ(これが一番多いです)。

それ以外の宝石(オニッキスやカルセドニーなど多し)の石に彫刻をしたのをストーンカメオと呼びます。

カメオは、石の価値と言うよりはカメオは作者付きかどうかに正直価格が左右されるといっても過言ではありません。

 

上記の情報をご覧になられた上で、さらに「カメオ」買い取りの内容を詳しく知りたい方はこちらにリンクを貼っておきます。

  【金・プラチナ・宝石・ダイヤモンド・ブランドジュエリーの専門買取】

コメントを残す