宝石の生前整理で役立つ「鑑別書」の意味とは

先日、宝石箱や金庫の中、タンスの奥にしまい込んである宝石を見てみました。

宝石類を生前整理するのに、宝石と一緒に保管してあるものを見つけました。

そこには、いくつかの宝石と「鑑別書」がありました。

気になるピンク色の宝石は鑑別書がないと多分、石名はわからなかったと思います。

鑑別書がありましたから、高価な宝石だとわかり嬉しくなりました。

ところで、鑑別書にはどんな意味があるのか気になります。

 

スポンサーリンク


宝石の「生前整理」に役立つ安心感

宝石は高価なものです。

ご自分で購入したものや、過去に誰かの生前整理で頂いたものや、形見分けや遺品整理品の宝石。

 

また、よい宝石なら子供さんや大事なお孫さんに託して後世に残すことも出来るのが宝石です。

しかし、後日に単に宝石だけですと、その石が何かわからないことも起きてしまいます。

 

そんな時に、ご自分が買った宝石が「どんな石で、本物である」と証明するものがあれば安心できます。

同様に、頂いたものにも石名、本物を証明するものが宝石と一緒にあると安心でき価値観を認めることもできます。

生前整理で宝石の内容を証明するものがあれば、将来財産として売買するときにとても役に立ちます。

宝石の「鑑別書」とは

宝石鑑別書は、宝石の客観的データーを記録したもの

宝石鑑別書はすべての宝石に対して発行されるもので、宝石の種類と天然石かどうかを判定するものです。

上記画像は、ご自分で購入したものなら石名はわかりますが、プレゼントでしたら何かわかりにくいです。

単にピンク色の宝石は多く、特定するには鑑別書が必要になります。

鑑別された宝石が本物であれば「天然 サ ァイア(パパラチア)」のように書かれます。

実際には、非加熱の天然サファイアで、とても高価な宝石だということが鑑別書があるのでわかります。

また、その宝石に人工的な処理が施されているか、もししてあればどのような処理をしてあるのかを記載されます。

宝石鑑別書の内容

宝石の鑑別は、宝石の硬度、比重、屈折率、多色性などを、化学的機材を用いて測定し、その結果から「何の石」かを特定します。

実際の鑑別書はサンプルのように、たくさんの検査項目の結果が書かれていますが、もっとも大事なのは「鑑別結果」です。

鑑別書の他の検査項目結果はその結果を導くための過程を述べて記載されたものなんです。

宝石鑑別書にはこのように細部まで細かく調べた鑑別書と、屈折率と比重だけを検査した簡易鑑別書(ソーティング)があります。

鑑別書は「成績表」ではない

宝石の鑑別書は石の「成績表」ではありません。

ですから品質が良いとか悪いとかの意味する表現や、宝石の価格、その宝石が産出された産地は記載されないのが通常です。

宝石鑑別書はどこで発行されるの

宝石の鑑別書を発行するのは、宝石店ではなく公正、公平に判別する第三者の宝石の専門検査機関です。

日本には数多くの宝石鑑定・鑑別機関が存在していますが、日本三大鑑定機関と呼ばれるところがあります。

それは、中央宝石研究所・全国宝石学協会・AGTジェムラボラトリーが代表的な宝石鑑別・鑑定機関です。

宝石鑑別書の料金はいくらぐらいなの?

検査機関によっては宝石鑑別書の発行にかかる料金は違いますが、おおむね5000円位です。

一個石とセット石、または石の種類で変わってくる場合もあります。

 

ある程度の高価のジュエリーを購入すれば、殆どは販売店がサービスで鑑別書を付ける場合が多いです。

生前整理して、自分の手持ちの宝石の種類がわからなく鑑別してほしい場合には作成することも可能です。

宝石に鑑別書が付いていますと、買取してもらう時にも評価が違ってきます。

 

宝石鑑別書を作成したい時は、信用できる鑑別機関に連絡して持っていくか、宝石店で実費でしてくれる場合があります。

事前に電話などで確認をすれば対応が可能だと思います。

スポンサーリンク


コメントを残す