【宝石種類】宝石 ゴールデンベリルの意味と、エメラルドの関係とは

太陽への捧げもの」とも呼ばれた黄金の宝石 ゴールデンベリル

宝石ゴールデンベリルは、ちょっと聞きなれないと思いますが、「エメラルド」や「アクアマリン」も仲間の石です。

また、黄色のベリルは最近「金運アップ」の宝石として密かな人気石です。

そんな「宝石ゴールデンベリル」を調べてみました。

 

スポンサーリンク


宝石イエローベリルとは?


イエローベリルは、名前の通り黄色を帯びた「ベリル石」のことです。

以前は「ヘリオドール」と呼ばれていました。

 

ヘリオドールとは、ギリシャ語で「太陽への捧げもの」を意味する言葉で、黄色から黄金色に輝くベリルの名前の総称として用いられてきました。

宝石ゴールデンベリル

現在の宝石業界では、濃い色の黄金色のベリルは「ゴールデンベリル」として、他のベリルとは別々に捉(とら)えるのが一般的です。

 

金運アップの宝石「ゴールデンベリル」

ゴールデンベリル」や「イエローベリル」はその石の色から「金運」に効果がある石と密かな人気石です。

最近、金運から見放されていましたらチャンス到来かもしれませんね♪

 

ゴールデンベリルは9月13日の「誕生石」です。

宝石言葉:希望

宝石の「ベリル」とは何?

 

「ベリル」とは、そもそも鉱物学的な名称であり、和名では「緑柱石」と言います。

同じベリルに属しているのは、知らない人がいない五大宝石のエメラルドです。

同じ鉱物でありながら、金属元素の含有量や結晶構造の微妙な違いによって、「エメラルド」と「ベリル」は異なる色を持つ石になります。

 

従って、ゴーデンベリルはエメラルドと姉妹関係にあるといえます。

姉妹ですから当然、石の硬度も7.5度で同じ硬さです。

また、ベリルの仲間では「アクアマリン」も人気の宝石です。

五大宝石とは?

宝石の定義は「天然の鉱物の中でも、硬質でとくに光沢の美しいもの」を指しています。

中でも産出量が少なくて、稀少性の高いものほど価値があるとされています。

 

不動の四大宝石

ダイアモンドルビーサファイアエメラルド

五大宝石

ダイアモンド、ルビー、サファイア、エメラルドに、パール「真珠」を加えた宝石。

七大宝石

五大宝石にオパールヒスイアレキサンドライトのなかから二つを加えたもの。

但し、国により価値観や考え方の違いから、キャッツアイ水晶パライバトルマリンを加える事もあります。

宝石ベリルの主な産出地

画像:ロシアウラル山脈の航空写真

 

ベリルの主な産出地

ロシアのウラル地方(上記画像)、ブラジル、マダカスカル、ウクライナ、ナミビア、アメリカ

花崗岩質ペグマタイトのなかでもベリルに属するアクアマリンとともに見出しされることもあります。

宝石ゴールデンベリルの評価

 

ゴールデンベリルには、細長いチューブ状の内包物が目立つ石が多いです。

インクルージョン(内包物)が少なく透明感のある美しい黄色の輝きが得られる良質の石が産出される事は稀です。

宝石店で濃い色の「ゴールデンベリル」にインクルージョンの少なく、透明感のある美しい石に出合えたら「宝くじ当選」みたいなものです。

ゴールデンベリルの金色は「金運の良い石」ですから見逃す手はないと思います。

 

宝石「ゴールデンベリル」に関連する情報はサイト内でもご覧いただけます。

 【宝石種類】宝石 ゴールデンベリル の「生前整理」や賢い「買取」とは

スポンサーリンク


この記事を読まれた方はこちらも読まれています

コメントを残す