宝石・貴金属製品の「買い取り」裏事情と宝石価格の値引きの真実!?

あなたの宝石の価格は本当の値段?

最近は公正取引委員会が厳しく消費者保護のため、ジュエリーの不当な値引き広告が少なくなりました。

宝石価格の「〇〇%OFF」のお値引きは本当に安く買えたのでしょうか。

また、あなたが宝石・貴金属品を処分する時、業者の心の中の本音とは?

宝石・貴金属製品の買取り裏事情


宝石は高価な品です。自分の趣味嗜好もありますが、ほとんどが記念日やメモリアルジュエリーとしてお求め頂いたり、プレゼントが多いと思います。

ビジネスは「仕入れ商品」を「店内展示」または「催事販売」や「外商」として「消費者」の元へ届けられます。

商品の流通は、殆どの商品は、「メーカー」 →「問屋」 →「小売店」 →「消費者」へと次々に、流通していく過程で各自流通マージン(利益)が発生します。

宝石・貴金属品の買い取りの場合は、どのお店でも、自店販売商品(顧客)のお買い上げ商品はお名前で購入期日、販売価格は調べると分かりますので問題が無いのですが、お客さんの他店購入商品の販売価格は正直分かりません。

お客さまに、購入価格をお尋ねしますと、強めの定価設定で200万円の半額の半額、つまり50万円のバーゲン品で購入されても、お客さまは200万円で購入したと元値のプライス金額を言うほうが多いのですが、プロはある程度の商品価格は分かります。

売る方は「高く売りたい」買うほうは「リスクを少なく」が当たり前です。

お店は例えバーゲンでも50万円で販売していても損はしない訳で、そうすると、元値(仕入れ値)はいくらなの・・と、なります。買い取りする時は他店さんの利益まで計算は致しません。あくまでも、その商品の人気と現時点での地金相場での判断です。

宝石・貴金属の、その「査定」は本当ですか?

買い取り金額は、お客様の購入価格が、どのようなお店で購入されたかで違います。

同じような宝飾品(デザインが同じもの)でも、A店160万円、B店120万円、C店100万円と、こんな場合が良くあります。

 

なぜ、このような定価のばらつきが起きるのでしょうか?

 

理由は簡単です。デザインはオリジナルでない限り、キャスト枠(型枠)で、いくつでも作成可能です。

極端な話、メーカーからの注文で100本でもそれ以上でも作れます。その枠に入れる、ルビー、サファイアや他の色石を乗せて職人が石留めします。俗にいう大量生産品。その反対は、石に合わせて枠をデザインするフルオーダー品です。大量生産品はコストを下げることが可能で安くできますが、フルオーダー品は高くつきます。スーツでいえば、サイズ別にたくさん並んでいるのと、体形に合わせてスーツをつくるようなものです。

お店は仕入価格にマージンを加えて販売価格を決めます。当然、催事やセールで半額で販売する時にはそのように出来るような価格を決めます。業界用語で「上代」といいます。

消費者が半額で宝石を購入したから、その商品が安いとは限りません。買い取りには、この中間マージンを考慮しません。メーカーから小売店までの中間マージンも考えません。 そうしないと、その品の本当の価値が算出できないからです。

買い取り業者は、再販用の秘密のリスト表を持っています。それは、最終的に店頭でさばけない時の市場(質屋でのオークション)での売れる末端価格を調べます。ダイアモンドですとクラス別で、すぐに評価額がでますが色石は好みがあるので難しいです。

一般的に車や衣料品などの減価償却品は、年月を重ねるといつか価値はほとんど無くなるし、家電製品や車は、処分時には処分費用も必要な事もあります。

しかし、宝石・貴金属品の良いところは、どれだけ年月が経過しても資産価値があるということです。貴金属や地金製品、および宝石の相場価格がまったく「0」になることはありえません。信用できるお店は、宝石・貴金属製品を正しく査定して適正な価格で買い取り致しますが、買い取り金額はお店により違います。買い取り業者もビジネスです。ボランティアではありません。大きなお店は経費も多くかかります。当然、買い取り金額もシビアです。

ですから、200万円の定価の商品は、消費者はそれだけの価値のある商品と思っている。50万円で買えたのはお店の事情で、私が150万円も得をした。だから価値は200万円で評価して下さい。このようになる訳です。

買い取り業者は、販売店の定価は信用しません。もし、再販できるとしても、あくまでも、石の価格の判断、地金の重さ、枠のデザイン、商品の人気、流通性を考慮して価格を算出します。

良くて、買い取り相場は消費者が思う定価の1掛け、2掛けです。200万円で10万円~20万円です。がっかりですよね。

宝石価格の値引きは本当?

宝石には正直な話、定価はありません。ですから「○○off」は自己満足と思って下さい!!

先ほどの、宝石・貴金属品の買い取り事情でも話しましたが、宝石には正直な話、定価はありません。なぜなら、宝石は自然の産物で同じ色や大きさ、同等品質はあり得ないですし、また、価格が同じは考えられません。

なのにチラシ等で〇〇の宝石が〇〇%OFFや半額です。お得です!!の表示がされます。生成食品であれば賞味期限があり、売れなければ廃棄処分されます。だったら見切り処分となりますが、宝石、貴金属品は腐りません。デザインが古くなれば作り替えも可能です。

ここで、お値引きの信憑性ですが、閉店セールや換金処分の特別な理由は別として、一例ですが、150万円のエメラルドリングが70%OFFで45万円ですと、かなりのお値引きで物凄くお得感があります。

同じ商品が150万円、100万円、80万円とプライスが付いていても、本職でもその価格差を判定することは非常に難しいです。値入れ価格はお店の判断です。極端な話し販売価格はどうにでもなります。後はセールストークです。

販売価格は、仕入れルートによる仕入れ価格によります。現金問屋で大量購入で安く仕入れたり、質流れ品や倒産訳アリ品や質屋協同組合主催のオークション購入で全く仕入れ値が違います。

仮に通常の卸価格30万円の品でも、訳アリですと15万円位でも仕入れ可能です。

そこで、お店は通常卸価格の30万円を、セールの内容により4倍~6倍の定価をつけます。6倍で定価180万円です。それを80%OFFで36万円。利益は卸が30万円ですと6万円。訳アリですと21万円の利益となります。

殆ど、数字のマジックで数字だけのお値引きです。これがカラクリです。ですから、宝石定価の信憑性は不透明です。これに、ブランド品ですとブランド代も加算されます。ただし、ブランド品が人気なのは、専門店は著しい値引きは致しません。

一時問題になった話しがあります。ある悪い女性が誕生日や、クリスマスに、男性にナショナルブランドのジュエリーや時計をオネダリします。しかも、同じブランド品でも質屋ではなく、正規のブランド店での保証書の付いた品をお願いします。

悪い女性は自分に気のある男性数人に同じことを言います。すると、同じブランド品が数点集まります。女性は1点だけ身につけ、ありがとう。気に入ったわ。と、プレゼントしてくれた男性全てに言います。それぞれの男性は女性が身に着けているのは
自分からのプレゼント品を大事に着けてくれていると喜びます。

本題はココからなんです。

ある悪い女性は、男性からもらったブランド品の1点だけ残して、残りは買い取り業者で換金処分します。なぜ、質屋での商品ではなく正規のブランド店で、しかも保証書付きかお分かりですね。高く買い取りしてもらえるからなんです。作ったお金を別の買い物に使います。ずる賢いのです。これを真似をしないでくださいね?

通常、買い取り店はブランド品を人気にもよりますが、新品未使用品で、定価の約20~30%でお客様から買い、お客様は貰い物だから大喜び。買い取り業者は、自店の利益を乗せて再販します。買い取り業者や質屋さんは小売店と提携している場合もありますので、ブランド品の入荷を知らせます。

小売店は買い取り業者や質屋さんからの仕入れですと、メーカー仕入れよりもかなり安く仕入れる事が出来るので安く販売できます。これが安く販売できる複雑な仕入れルートの一つです。

ただし、これはあくまでも一般論です。個々のお店の判断で違いますので、ここに書いたことがすべてのお店の適用事項ではありません。

 

★スポンサーリンク

コメントを残す