宝石種類で美しさを保つために知っておきたい基本お手入れと保存法

美しく煌めく大切な宝石

しかし、折角の価値ある宝石が保存方法を間違えると台無しです。

将来的に、生前整理や、後世に残したり、必要がなくなり「買取」のお願い時に困ります。

日頃の基本的なお手入れや保存方法を雑にすると宝石の資産価値も目減りします。

いざという時に困らないための宝石がいつまでも輝いてくれる方法を考えてみました。

 

スポンサーリンク

宝石の基本的お手入れ&保存法

宝石の美しさを保つために知っておきたい基本的なお手入れ法について案外知らないことが多いものです。

大切な宝石の輝きを永久に持続させるには、適切なケアと保存の方法を覚えておく必要があるのではないでしょうか。

これは宝石に限ったことではなく、人間も美人になるには日頃のケアが大切なことだと思います。

 

宝石では、間違った取扱い等で大事な石にキズなどついてしまうと大切な宝石が泣くに泣けない事態となります。

ここでは、簡単にできる日頃の宝石の基本的なお手入れ方法と保存方法をご紹介したいと思います。

宝石の基本的お手入れの仕方

宝石を身に着けると、自然と皮脂や汗が付いてしまいます。

宝石の使用後はシリコンクロスやセーム皮で汚れを拭き取ることが大事なことです。

特にダイアモンドは油になじみやすく、放っておきますと手の油や指紋が取れにくくなり光沢が損なわれてしまいます。

真珠は汗でも変形するといわれるほどデリケートで、食品や化粧品、洗剤、香水なども触れたままにすると、真珠層が破壊される恐れもあります。

だれでも簡単にできるクリーニング方法

宝石と爪、枠の間はホコリが溜まりやすいので、ブラシなどで丁寧なケアが必要となります。

それでもくすんできましたら、簡単なケア方法をお知らせいたします。

①まず、洗面器にぬるま湯を入れて、中性洗剤を2、3滴たらします。

②宝石を入れて軽くふり洗いして、汚れが目立つ箇所は歯ブラシで軽くこすり、洗剤を洗い流します。

③蛇口の下では排水口に流す危険もありますから、必ず洗面器の中で洗うことが無難です。

④最後に、柔らかい布で丁寧に水分を拭き取り終了です。

ただし、上記の方法は真珠やトルコ石などの宝石は水分が染みて変色の原因となりますから、ケアは専門の宝石店に依頼が良いと思います。

他の石も汚れがひどい時や不安な時などは、購入された宝石店に頼みますと無料でケアしてくれます。

 

ただ、宝石店の中でも宝石に詳しくない人は注意が必要で、石の性質を無視して超音波洗浄器に入れるスタッフも中にはおります。

超音波洗浄器の利用は、硬度の低い石やエメラルドには厳禁で、ルビーやサファイアでもまれにヒビが入る場合もありますので要注意です。

超音波洗浄器の使用後は、メレーダイヤ(枠の脇の石)や中石がズレて緩む場合もありますから必ず石留点検をしてもらって下さい。

 

宝石の基本的保存方法

購入した宝石は将来のためにも慎重な保管が大事なことです。

宝石箱の中に指定石を用意して、宝石同士がぶつかり合わないように最善の注意が大事です。

宝石の種類により性質が異なりますし、硬いように見える宝石でも実はとてもデリケートな面もあります。

 

例えばエメラルドは硬度は高いですが、内包物も多く、劈開性があり割れやすい性質があります。

ダイアモンドも万物最高の硬度ですが、以外にも衝撃に弱くて割れやすいく、硬度の低いオパールなどは砂でさえもキズが付く場合もあります。

宝石はこのように保存すれば安心です

宝石箱の中で硬度や性質の異なる宝石同士がぶつかり合う状態は絶対に避けるべきです。

硬いダイアモンドがパールとぶつかってパールにキズが付くというトラブルも起こる場合があります。

リング等は差し込み溝に一定間隔をあけて溝に深く差し込んで保管するとキズがつきません。

ネックレスやイヤリング、ブレスレット、ブローチや小物は個別のケースに仕舞うのが最善策と思います。

宝石箱の中のケースに別々の宝石の種類(ピアスやイヤリング)を仕舞うなら、必ずひとつづつシリコンクロスに包むと良いかと思います。

宝石の硬度(モールス硬度)

スポンサーリンク
宝石の硬度比較表

10:ダイアモンド

 9:コランダム(ルビーサファイア

 8:アレキサンドライトキャッツアイ

7.5:エメラルドアクアマリンガーネット

 7:水晶トルマリンヒスイ(硬玉)

6.5:(ナイフの刃ぐらい)

 6:正長石、オパール

5.5:アパタイト(燐灰石、りんかいせき)トルコ石

 5:フローライト(ホタル石)

3.5:真珠珊瑚

 3:カルサイト(方解石、ほうかいせき)

 2:石膏

 1:タルク(滑石、かっせき)

上記に記載の宝石の硬度はごく一部です。

このサイトでの宝石の種類では、詳しく宝石の意味や硬度も掲載しています。

宝石取り扱い注意分類表

宝石類は基本的にはお化粧の後に着けることが重要です。

宝石類は日頃の優しい気づかいや心遣いでいつまでも美しく輝いてくれます。

しかし、思いやりを持たないで雑に宝石を取扱いしていますと将来的に困ることが起きます。

例えば、パール(真珠)のネックレスを着けてまま、香水をふりかけてパールが変色してしまうことがあります。

汗や化粧、家事に注意の宝石

宝石はデリケートですから、酸やアルカリを含む汗や化粧品、洗剤、水道水、果汁に弱いものもあります。

誤って使った場合には、水で洗えるものは素早く洗い、すぐに柔らかい布で拭き取って下さい。

真珠(パール)、オパール、トルコ石、琥珀ラピスラズリムーンストーン瑪瑙(めのう)など

日光の紫外線に弱く要注意の宝石

何気なく着けたまま外出していまうと日光の紫外線で褐色することがありますので注意が必要です。

日光の当たる場所に長時間放置したりしないような気づかい(窓際で置いたままにする等)が大切です。

アメシスト、シトリン、クンツァイト、トパーズ(一部)、トルコ石、ラピスラズリ、真珠、珊瑚、琥珀など

衝撃に注意の宝石

ダイアモンドのように万物の中で最高の硬さがあるから衝撃に強い訳ではありません。

硬度が高くても衝撃に脆いものや劈開の性質が著しいものは割れやすい性質があります。

宝石はたとえ枠で囲まれていても、強くぶつけますと爪から石に衝撃が走り欠ける場合もあります。

宝石類はすべてが激しくぶつけたりしないような配慮が必要で、数百万円するダイアモンドのリングでも欠ければ価値が下がります。

実際に、300万円位のエメラルドのジュエリーが衝撃で割れてしまったこともあります。

ダイアモンド、エメラルド、トパーズ、クンツァイト、ペリトッドゾイサイト(タンザナイト)、オパールなど

火や高熱、乾燥に注意の宝石

全ての宝石に当てはまり、火に近づけるとよくありません。

高熱は全ての宝石によくなく、暖房器具の近くに長時間放置しないように注意が要ります。

オパールなどは長時間の乾燥で石にヒビが入ったり、色が変わったり、最悪時は割れてしまうこともあります。

パール(真珠)、エメラルド、オパール、琥珀(こはく)、珊瑚(さんご)、トルコ石など

ちなみに英語では、琥珀はアンバー、珊瑚はコーラル、トルコ石はターコイズとなります。

キズに注意したい宝石

エメラルド、オパール、トルコ石、真珠、べっ甲など

割れやすい宝石

エメラルド、タンザナイト、ムーンストーン、トパーズ、クンツァイト、アマゾナイトマラカイトなど

汚れが溜まりやすい宝石

ダイアモンド、トルマリン、トルコ石、オパールなど

水などが内部に沁み込み変色しやすい宝石

トルコ石、真珠、象牙など

虫に弱い宝石

べっ甲、象牙など

宝石関連情報

宝石に関連する情報は、下記サイト内でもご覧いただけます。

宝石 相続財産として、形見分け出来る、色別にみる宝石の種類とは

[icon image="arrow2-r"] https://wp.me/p9lTUl-Ds

宝石 種類で「高級天然宝石」としての、見分け方と条件とは

[icon image="arrow2-r"] https://wp.me/p9lTUl-Dy

【宝石買取】宝石を買取してもらう時の、宝石種類のランクとは

[icon image="arrow2-r"] https://wp.me/p9lTUl-DC

金製品で、金の純度を知らないと金・貴金属の買取で大きな損をします。

[icon image="arrow2-r"] https://wp.me/p9lTUl-E9

金製品(GOLD)で、へそくりを簡単に貯める3つの方法とは?

[icon image="arrow2-r"] https://wp.me/p9lTUl-bN

スポンサーリンク