【宝石種類】1月誕生石「ガーネット」宝石の意味とは

ガーネット(Garnet)は願い事や、夢が叶う宝石です。

一年の年初めの宝石誕生石はガーネット。

身に着けて、年間の希望や目的を決めると、あなたの夢が叶うかもしれません。

ガーネットにも色々な種類があるんです。

 

スポンサーリンク


宝石 1月「ガーネット」誕生石の宝石言葉


ガーネットの語源はラテン語の「種子」

石の色が赤紫で産出状態がザクロの実に似ているので、日本名は「ザクロ石」と言われています。

 

実際には色のバリエーションも多く、一口にガーネットと言っても、普通の石から稀少価値の高い逸品まで、その価格差は50~100倍の差がつく最高値と最安値があるんです。

 

ガーネットは結晶化の過程で赤からオレンジ、グリーンまで神秘の七変化の色が本当に魅力的な宝石です。

ガーネットは大きく分類すると結晶過程で7つに分類されます。

 

ガーネットの7種類:

アルマンダイト、ロードライト、パイロープ、スペッサータイト、グロッシュライト、アンドラダイト、ウバロライト

 

日本のガーネット市場:

日本の宝石市場では、デマントイド、グリーン、スペッサータイト、ロードライト、アルマンダイトの5種類が現在販売されていますが、それぞれ価値が大きく異なります。

 

結婚記念日:結婚18年目(記念日の名称は石留婚式)
石の硬度 :6.5~7.5
誕生花  :待雪草(花ことば=希望)

宝石 1月「ガーネット」の主な産地

ガーネットはガーネットグループと称されているように色々なカラーバリエーションのある宝石です。

主な産地

インド、マダカスカル、ブラジル、スリランカ、ロシア、アメリカ、タンザニア、ケニア、ミャンマーなど幅広く産出されています。

宝石 1月「ガーネット」の歴史

十字軍の兵士の護符となり権威の象徴とされた宝石です。

中性ヨーロッパでは、ルビーの赤とは明らかに違う「アルマンダイト・ガーネット」のような力強さを感じさせる濃い赤色のガーネットを厄病よけとして護符としたり、また友情に恵まれ権力の座につける石として、支配者の王冠につけたりして飾った歴史があります。

 

また、十字軍の兵士のお守りとされたガーネットは、負傷から身を守り、戦に勝ち、無事に家族の元へ帰れるように願いを込めました。

 

ガーネットは身に着ける人に、愛情面や仕事面でパワーを発揮して、成功へと導いてくれる石としていまでも愛されている宝石です。

宝石 1月「ガーネット」誕生石の購入時ポイント!!

エメラルド以上の評価をうけるガーネット「デマントイド」はこんな宝石

価格差が多いのもガーネットです。石の特徴を良く知って選ぶことが大事です。

同じガーネットと言う名前でも一般的な「アルマンダイト」「ロードライト」のように産出量の多いためそれほど評価の高くないものから、エメラルド以上の評価をうける「デマントイド」のような石まで様々です。

 

購入のポイント:

色(カラー)に力とテリ(輝き)があり、暗すぎる色や茶色を感じるものは避けて、濃くて色のあざやかな石を選ぶと良いと思います。

スポンサーリンク


この記事を読まれた方はこちらも読まれています

コメントを残す