【宝石種類】3月誕生石「サンゴ(Coral)」の意味と、深堀話とは

「珊瑚(サンゴ)」と聞くと、南国の海を思い浮かべる人も多いと思います。

でも、宝飾品として使用するサンゴはシュノーケリングで楽しむ処にはありません。

それと、意外と知られていない密かなブームの3月誕生石があります。

アクアマリンではない違うパワーストーンとは?

 

スポンサーリンク


宝石 3月「サンゴ(Coral)」の誕生石と宝石言葉

日本女性の装いの必需品として昔から愛されている装飾品です。

珊瑚(サンゴ)と言うと南海のサンゴ礁(石サンゴ)を思い浮かべませんか?

実は宝飾品のサンゴとは種類が違います。

 

宝飾品用のサンゴは水深100メートルから1000メートルの海底で採取される貴重なサンゴです。

かっては地中海や高知沖でもよく採れましたが、最近は採取が少なくなりつつあります。

サンゴには「黒サンゴ」がありますが、これは石サンゴの種類です。

 

テレビでも問題視していましたが、北朝鮮や中国から船団で訪れ、日本近海で海底をトローリングしてサンゴを一網打尽でモラルもなく乱獲します。

乱獲しますと、サンゴの根元から根こそぎ無くなりサンゴが死滅します。

宝石屋としては悲しい限りですね。正直、怒っています。

 

宝石のことば:沈着、勇敢、聡明

結婚記念日:結婚35年目の珊瑚(サンゴ)婚式

石の硬度 :3.5~4.0

誕 生 花:三食すみれ(物思いや思索)

宝石誕生石 3月「サンゴ」の主な産地

サンゴの主な産地は、日本では、小笠原、八丈島、高知県沖です。

他には、ミッドウェーの近海、東シナ海、台湾沖、地中海などです。

宝石誕生石 3月「サンゴ」の歴史

日本での宝石サンゴが日本にもたらされた時代は定かではありません。

現存するものとしては正倉院に納められている珊瑚のビーズが最古の物と言われています。

海外では古代より地中海でサンゴ漁が盛んで、地中海で採取された「ベニサンゴ」は、世界各地で現在も宝飾品として利用されています。

宝石誕生石 3月「サンゴ」購入時のポイント

宝石としての、珊瑚の種類は、「血赤珊瑚」「赤珊瑚」「桃色珊瑚」「白珊瑚」の4つに分類されています。

 

買取する時は、日本産のサンゴと地中海サンゴの見分けをします。
国産のサンゴの血赤珊瑚や赤珊瑚には、よく観察しますと「フ」といわれる細い筋があります。

これは加工する時に出る白い模様ですが、地中海産のサンゴには見られませんので見分けるポイントです。

 

日本産の赤珊瑚やヒスイは中国や台湾の富裕層からの引き合いや人気も高く、「血赤珊瑚」と言うくらいに血の色に似通った色調が深くほど稀少で価値が高くなります。

 

リングやネックレス、ブローチなどに使用される宝石の赤サンゴは特に丸玉は大きいものは少なく、丸玉のカットは特に人気があり、10ミリを越える丸玉は高額で取引されています。

ご自分で購入されるポイントとしては、日本産サンゴで特に高知県沖で採れた大粒が財産価値があります。

色むらのない「フ」の目立たない品を選んでください。ただ、熱や酸に弱いので取り扱いが大事です。

 

「生前仕分け」「遺品整理」で赤サンゴの丸玉の簪(かんざし)がありましたら、偽物も多いので専門にご相談してください。本物なら思わない高額で取引されます。

宝石 3月の誕生石の番外編「ブラッドストーン(Blood Stone)

献身的な勇気で争いを鎮(しず)める効果がある石

3月の誕生石ですが、日本ではあまりなじみがありませんが、マニアの間では「パワーストーン」として人気があります。

日本では、珊瑚が誕生石ですが、アメリカやフランスではブラッドストーンです。

 

ヨーロッツパで古くから、緑色の中に赤い斑点のある輝きはあたかも「十字架にかけられたキリストの足の血」を思わせて
戦場で身を守る勇者の守護石として尊重されました。

 

和名は「血玉(血碧玉)」といい、濃い緑の石のジャスパー(潜品質石英)の地の中に血赤色の小斑点のあるものをブラッド(血)ストーン(石)と呼んでいます。

 

宝石のことば:知性、勇気、献身

石の硬度  :7.0

主な産地  :インド、ブラジルなど

スポンサーリンク


この記事を読まれた方はこちらも読まれています

コメントを残す