宝石買取で、売り先をチラシだけで決めると損?間違いだらけの店選び

宝石買取で悩むのは、どのお店に持ち込みすれば良いのかわからないことです。

あなたもお悩みになったことがありませんか?

また、チラシやCMをよく見かけるお店は本当に高価買取してくれるのでしょうか?

そんな、買取に関しての実体験をもとに書いてみました。

 

スポンサーリンク


宝石買取では「なんでも屋」より「専門買取店」を選ぶ

宝石・貴金属の買取には専門的な知識が要ります。

昔の諺(ことわざ)に、「餅は餅屋に・・」というのがありますが、これは、専門的な言葉を指しています。

宝石・貴金属の買取の商品知識が希薄な「なんでも屋」ではなく、知識や鑑定経験が豊富な専門店に取扱い品目を絞った店が大事です。

なんでも買取します!」とよく見かけますが、一見便利な気がしますが、取扱い品目を絞った専門店に足を運ぶことが無難です。

理由ですが、なんでも買取る店では、店員が広く浅くしかスキルを学んでいなく、商品知識や鑑定経験が少ないケースがあるからです。

 

宝石の知識は奥深く、1年や2年位では類似石の見分けや、宝石の良し悪しが選別できません。

当然、買取価格が解らないから、色石はお金になりません、といった返事も出ますので、知識や経験をもった「専門店」が高価買取となります。

宝石買取はお店で査定額が違う理由

本来は、地金の買取価格やダイアモンドの買取価格は相場があり、ほぼ一定額と思うのですが実際には買取価格が大きく違います。

それは、買取店で査定額が安くなるの理由は、広告宣伝費や人件費の経費がかかるからです。

大勢の店員がいる店舗では、人件費がかかるためその分をお客様のお預かり品を安く買いたたいています。

また、チラシやテレビCMをよく見かけるから繁盛店という訳でもありません。

買取店は選ばないと損をします

以前、テレビCMやチラシで集客しているお店に視察がてらと、ダイアモンドとルビーの買取査定をお願いしました。

私は宝石業界に40年いますし、勿論、宝石買取もしていますので他店の買取額も気になります(笑い)

 

ダイアモンドの買取りでは、ダイアモンドの基準がわかる「鑑定書」と、ルビーの「鑑別所」を持参しての依頼です。

店員さんから提示された買取額に「ボーゼン」で、いかにチラシやテレビCMを流していても買取のスキルが全くないということです。

お客様の持ち込み品から、いかに経費の捻出するかを考えていますので、当然買取額も安価になる訳がここにあります。

知らないで、持ち込むことで大損してしまいますから、買取にお店は慎重にお選びください。

 

個人商店や少数精鋭で経費が少なく、口コミで集客しているようなお店は経費が少なく、その分、高価買い取りが期待できます。

宝石買取で「地域NO.1買取店」の嘘

地域NO.1といわれるとついつい信用してしまうのが人です。

そんな「地域NO.1」と謳う買取店が多いのは、耳障りが良い言葉ですから多用するお店が増えています。

これは、お店の客寄せのためのキャッチコピーで、お客様にイメージインパクトを与えます。

 

道端の「地域NO.1の買取宣言」というのぼりや、チラシ内でも書いていますが、これはあくまでも希望論で実際とは違います。

実際には、どこの地域で、どんな商品で、どのような買取金額で他店との比較がわかりませんし、提示もしていません。

ですから、これは単なるイメージと思い、こんな言葉に惑わされずに買取は慎重に考えることが大事なことです。

宝石買取の「10%UP」や「20%UP」の信頼性

よく見かける、キャンペーン中につき「10%UP買取」や、新規オープンにつき「20%UP買取」があります。

これは、あくまでも集客するためにお客様を振り向かせさせたいだけです。

そもそも、買取価格の元値が正確かどうかは分からない訳で、最初から差し引いた価格から「10%UP買取」では同じ金額です。

貴金属買取の実体験と結果

 

私も仕事柄、新規オープンしたお店のチラシを持ち「20%UP買取」のお店にK18(18金)のネックレスを持参しました。

同業者のお店に入るのは、これって結構勇気がいるので、仕事着(スーツ)ではなくジーンズでさりげない格好で出かけます。

 

提示された金額は「20%UP」ということで、元の買取額を聞き出しそこでの買取額をみてビックリしました。

他店ではこんな買取価格ですよ(自店での買取価格)」をいいましたら、「そんな買取価格は無理です」といわれました。

ということは、「20%UP買取」でもこの買取価格ということは、通常の買取金額を考えると寒くなります。

 

これは実体験ですが、結論では決して「20%UP買取」価格ではないということで、あくまでも集客の客寄せでしかありませんでした。

宝石買取は「宅配買取」が便利

最近は、便利な時代で宝石・貴金属を買取して欲しい時には買取業者に申し込むするだけで「宅配キッド」が届きます。

そちらに、商品、住所、氏名、連絡先、身分証明、買取実行時の振込先の記入して送るだけです。

査定がすめば、買取金額が提示されるのでその金額で宜しければ金額が振り込みされる仕組みで便利です。

なを、買取額に満足できなければ返却(無料)でしてくれます。

 

下記に、実績と信用のおけます宝石・貴金属専門買取業者をご紹介しますので参考になさって下さい。

  【金・プラチナ・宝石・ダイヤモンド・ブランドジュエリーの専門買取】

他のブランド品や時計、着物などの買取が必要な時は下記の記事を参考になさって下さい。

【貴金属買取】あなたの家に眠っている貴金属買取の安心業者の「口コミ」や「比較」サイト

  https://wp.me/p9lTUl-yR

宝石買取では貴金属「金・プラチナ」が優先順位

金やプラチナは世界中で投資対象になっているので価値があります。

使わないで、宝石箱やタンスの中にしまい込んだままのジュエリーの数々がありませんか。

金やプラチナは投資価値があるため、壊れた貴金属でも店頭で「買取」する即金化の魅力があります。

買取業者は「買取」した貴金属を転売して、精錬業者はそれらをまとめて加工してインゴットにして販売します。

 

金やプラチナはジュエリー以外にも、投資目的として世界中で人気があります。

投資というと、株や不動産、FX(外国為替証拠金取引)が代表的ですが、宝石・貴金属も大切な投資価値があります。

特にダイアモンドは、鑑定書で価値が安定しているので買取価格がでやすいです。

宝石 ダイアモンドは、10億円でも身に着けることもでき、貴金属は値上がりの楽しみがあります。

 

「現物」としての金やプラチナは、すぐに現金交換が可能で、しかもどこの国でもできるので、世界中の投資家が毎日の相場を注目しています。

投資目的で、純金積み立てをする人も以前より増えています。

どんなに古い指輪でも、切れたネックレスなども「金・プラチナ」の資産価値

チラシやネットでも盛んに貴金属の買取をススメています。

金やプラチナは価格を変動しながら少しづつでも値上がりしていて、特にリーマンショック後から注目されています。

どんなに古くても、壊れていても金やプラチナであれば専門業者が溶解して再利用するためにどんな状態でも現金になるのです。

貴金属はそのものが「現金」と同じですから、買取してもらう時には慎重に買取店を選ぶことが大事です。

使っていない貴金属は、すぐに現金化が理想

金・プラチナの製品は、石の付いた指輪やペンダントと比べますと鑑定がしやすく、買取価格の提示がしやすいです。

色石がついていますと、世の中の嗜好性や流行と正直な事を言えば、カラーストーンの価値がわからないスタッフもいます。

 

何十万円もするエメラルドの指輪が、枠だけの重さで買取されたり、ひどい店では枠に付いているメレーダイヤも無視します。

ですから、シンプルなデザインで石のついていないリングやネックレスは誰でも専門知識がなくても計算できます。

指輪の裏側に名前が入っていても、変形していても溶かしてしまえば再利用できるので現金に換ります。

 

ただ、ダイアモンドは、どのお店でもダイアモンド4Cに基づいて評価しますから未経験のスタッフでも買取表で試算できます。

ダイアモンド買取に関しては、あなたがダイアモンドの知識があれば、業者との買取価格の正当性が見分けることができます。

相場で損をしないための、詳しく情報を知りたい方は下記の記事が便利です。

 

宝石「ダイアモンド」に関連する情報はサイト内でもご覧いただけます。

 宝石買取で、ダイアモンドの買取相場を簡単に調べる方法

 宝石4月 ダイアモンドが相続財産として人気が高い理由とは

 【宝石種類】4月誕生石 ダイアモンドの意味や「生前整理」活用法とは

スポンサーリンク


コメントを残す