宝石買取を依頼する前に知っておきたいダイアモンドのカットの種類

ダイアモンドのカットは実は一種類だけではないのです。

カットの種類で、同じダイアモンドが別なものに見えてくるので不思議です。

宝石買取してもらう前に、せめてもご自分の宝石のカットは知っておきたいものです。

今回、そんなダイアモンドのカットの種類を調べてみました。

 

スポンサーリンク


ダイアモンドのカットの意味

ダイアモンドのカットは、人間が宝石に命を吹き込むための技術です。

 

多くの宝石の種類では、宝石の持つ美しさの秘密の中でも、色や透明度、光沢は自然に出来たものです。

その石がもともともって生まれたものですですから、これだけは人間がどうしようもできません。

 

しかし、ダイアモンドのカットは人間が宝石を美しく輝かせるために行う技術です。

ダイアモンドの石のもっている光の屈折率や耐久性などの性質を最大限に活かし、もっとも美しくみせるように考えれれています。

一口にカットといってもその形状は様々で、ダイアモンドの代表的なカットは「ラウンド・ブリリアントカット」です。

ダイアモンドのカットの種類

通常、宝石のカットのことを「ファセットカット」といいます。

「ファセットカット」のファセットとは「面」という意味で、いくつかの平らな面が合わさっているのが特徴で、おもに透明な宝石に使用されます。

 

ファセットカットには色々な種類があり、光の反射と屈折によって、内部から美しく輝くように計算されています。

余談ですがカットには半円状の「カボッションカット」がありますが、カボッションとは「はげ頭」に意味ですから可笑しくなります。

石の特徴によって違う相性のよいカット

ファセットカットの代表的なのが有名なのが「ブリリアントカット」です。

中でも丸い形が皆さん良くご存知の現在のダイアモンドのカットの主流である「ラウンドブリリアントカット」です。

このカットは、ダイアモンド特有の美しさを引き出すために生まれました究極のカットといわれています。

 

その他、ダイアモンドに多いのが楕円形の「オーバル・ブリリアントカット」、楕円形の両角がとがっている「マーキス・ブリリアントカット」です。

洋梨形の「ペアシェーブ・ブリリアントカット」や、四角型の「エメラルド・カット」があり、名前の通りエメラルドの代表的なカットです。

正式名は「ステップカット」といい、本来は色の濃い石が美しく見えるカットです。

ダイアモンドのカットは買取価格にも影響があるの?

現在ダイアモンドのカットで一番人気の高いのは「ラウンドブリリアントカット(画像左上)」です。

精密に計算されたこのカットは、ダイアモンドの輝きを最も引き出すことの出来るカットだと思います。

特に、カットでは最高級の「Excellent」であればまばゆい輝きは見る人をも完全に魅了させ虜にしてしまいます。

 

次に「プリンセスカット(画像上、左から3番目)」や「エメラルドカット(画像下、左から3番目)」も人気です。

買取が高くなるのは、需要が高いことが先決で、人気のカットは買取する人が見つけやすくなり買取価格にも影響します。

 

やはり人気は市場性も高い「ラウンドブリリアントカット」で、リングやネックレス、イヤリングなどに合い易いカットです。

品質の良いラウンドブリリアントカットは、一番買取価格も「4C」に照らし合わせて正確な評価がなされます。

高品質なラウンドブリリアントカットのダイアモンドは一番高い「買取価格」が期待できます。

その他の宝石に使用するカットの種類

殆どのダイアモンドやカラーストーンはファセットカットが主流です。

 

しかし、硬度の低いオパールターコイズ(トルコ石)にはこのカットは施さないのがほとんどです。

カボッツションカットは、ひすい(翡翠)やオーパールのように半透明や不透明の石に使用されます。

 

またはスター効果(スターサファイア・スタールビー)やキャッツアイ効果(キャッツアイ)の出る石に適してカットといえます。

このような石には、表面のつややかな光沢を美しく見せるのに最適なカットかもしれません。

 

また、硬度の低い石にファセット(面)をつけると、衝撃で角が欠けやすくなるため、丸みを帯びたカボッションカットにすることが多い理由です。

スポンサーリンク


コメントを残す