宝石 の「鑑定書」と、宝石の「鑑別書」には大きな違いがありました

こんな疑問を持ったことがありませんか?

宝石店でプレゼントを買ってもらうのに探していたら、目に留まりました。

商品プライスに宝石鑑定書付きとか宝石鑑別書付きとか書いてありました。

それから、「保証書」もありますが、これって何!?どんな違いがあるの?

こんなことを感じたことがありませんか?

 

スポンサーリンク


宝石 鑑定書とは、どんな意味なの

宝石 ダイアモンドは高価な品です。

自分で買ったものや、「生前仕分け」「遺品整理」で頂いた宝石が「どのような品質で本物である」と証明できるものがあれば安心できます。

また将来、「買取」で、売買する時に役立ちます(換金処分時にスムーズに対応可能)

 

鑑別書は全ての宝石に発行可能で作成することは可能です。

しかし、「鑑定書」は別名を「ダイアモンド・グレーディング・レポート」ともいい、ダイアモンドのみに発行されます。

人の戸籍謄本みたいな感じと思って下さい。そのダイアモンドを特定するものです。

 

評価はダイアモンドの評価基準に基づいて4つの項目で、別名4C(カラー、カラット、クラリティ、カット)それぞれの英語頭文字をとり呼ばれています。その結果を記載したのが宝石鑑定書です。

 

ダイアモンドの4Cに関しましては、下記をご覧いただけます。

  ダイアモンド4C厳選の賢い購入方法とは!?

 

鑑定は、世界共通評価基準でひとつのダイアモンドを専門の宝石鑑定士が二人で行いより正確な判定を致します。

現在使用の日本の鑑定基準となっているのが世界的権威でもある「GIA(米国宝石学会)」が定めたものなんです。

宝石 鑑定書は、一粒ダイヤモンドにしかつきません。

宝石鑑定書は一粒のダイヤモンドの石のみに発行されます。

ダイアモンドの4C記載の鑑定書をみれば「成績表」のようなもので、購入しようとするダイアモンドのグレードが解ります。

ダイアモンドが沢山ついたリングやブレスレットやペンダントには一粒、一粒の品質が違うので鑑定書は発行されません。

まれに数個だけのダイアモンドを使用したジュエリーには、それぞれの石の鑑定書を稀に作成することがあります。

 宝石 鑑別書と、宝石 鑑定書との大きな違いとは

ダイアモンドには「鑑定書」が作成されますが、すべての宝石には「宝石鑑別書」が発行されます。

これは宝石の種類と天然石かどうか、本物、偽物を判定します。

 

例えば、宝石が本物のサファイアであれば「天然コランダム・宝石名サファイア」と記載されます。

また、その宝石に人工的な処理がしてあれば、どのような処理をしてあるのか記載します。

おもな宝石鑑別書の鑑別は、宝石の硬度、比重、屈折率、偏光性、多色性などを科学的機材を用いて測定して、その結果から「何という石なのか?」を特定致します。

 

鑑別書で大事なのは鑑別結果で、宝石鑑別書が付いているから高級とか、高価とは違い本物には付けれます。

鑑別書は石の「成績表」ではないので基本的には品質を意味する表現や、宝石の産地や価格は記載されないのが通常です。

宝石鑑別書を発行するのは、宝石店ではなく専門の検査機関です。

宝石 保証書の意味とは

宝石の保証書は鑑別書作成には費用がかかるので、比較的低価格品のジュエリーなどに販売店独自の「保証書」をつけて自店で購入された品という事を証明いたします。

ジュエリーの価値を証明するものではないので宝石鑑別書とは違います。

購入する時にはどのような保証を受けれるのかを購入時に販売店に確認をしておきますと後からのトラブル防止になります。

宝石の鑑定や、鑑別をしてくれる団体。

一般的には用事の無い場所ですが、宝石の鑑定書や宝石鑑別書を発行している機関はいくつもありますが、私どもが利用しています代表的な研究所や鑑別機関をご紹介いたします。

 

あなたが宝石に関心がありましたら、下記のホームにアクセスすると、より詳しい宝石の知識が得られます。詳しいダイヤモンドの説明や宝石に関するより深い情報を学べます。

 

  中央宝石研究所

  GIA

  AGTジェムラボラトリー

スポンサーリンク


コメントを残す