生前整理や遺品整理での、宝石・貴金属の終活や買取の活用法とは

元気な内に「終活」したいと思う人は多いと思います。

生前整理」や「遺品整理」で困るのは、出てきたものをどうするか悩むことです。

とりわけ、宝石・貴金属の場合はそのものがお金と同じです。

宝石・貴金属の買取では少しでも高額で処分をしたい気持ちがあります。

では、どのようにすればよいのかを考えてみました。

 

スポンサーリンク


生前整理とは

最近よく耳にするのが「終活」や「生前整理」という言葉です。

若いうちには気にならないのですが、定年退職前や退職後には今後のことが気になる年代になります。

 

生前整理とは、自分が死後に身内の家族(遺族)が困らないように元気で生きている内に大事なことを整理するすることです。

今ある、資産、財産、動産、物品などで、自分の自宅(空き家になる場合)や故人になる場合の遺品整理をどのようにするのか。

葬儀やお墓などで、遺族になる家族に苦労を掛けないために自分が生きている内にもろもろのことを整理することです。

生前整理はやる内容もかなり幅広く、実際には大変なことと思います。

 

今回は、大きな資産や財産や物品は省略させていただき、小さくても「資産価値」のある宝石・貴金属の生前整理の活用方法をお話しします。

「生前整理」で、ご自分の宝石・貴金属を今後どのようにするのかは大事なことだと思います。

生前整理は自分が死んだ後に家族が楽になるように整理すること

私もそうですが、誰しも自分が死ぬことなどは考えたくありません。

ある程度高齢や、病気で入院しているのであれば自分の死期については覚悟もできます。

死んでしまえば、後のことは知らないではあまりにも無責任な考えで、困るのは残された家族です。

 

残された家族が、自分が死んだ後にスムーズに物事を運ぶことができる準備をするのが「生前整理」の役目です。

問題なのは、多くの財産がある時の自分の死後、家族(遺族)の間で財産分与での争いごとや、自分の財産が知らずに捨てられる問題もあります。

 

例えば、最近では電子化が進んでいて、ネット銀行での預貯金や証券取引などは家族は知りません。

のちのち遺族が知りえた場合でも、どれだけの資産があるのか、しかも、アクセスするためのIDやパスワードが解らない時もあります。

 

また、大きな家具や家電製品、衣料、呉服があれば残された家族も処分にはかなり苦労すると思います。

そうならないためにも元気な内に「生前整理」を始める必要があります。

宝石・貴金属の「生前整理」の具体的な活用法

では、宝石・貴金属を具体的にどのように考えれば宜しいのでしょうか?

これは一例で、それぞれおかれる環境も違いますから「こうしなければならない!」ということではないです。

 

あなたの状況に合わせた「生前整理」のやり方があり、あせる必要もありません。

元気な内に順序通りに一つ、一つ実行してやればよく、ストレスになると意味がありません。

宝石・貴金属の生前整理でよく体験したことを書きましたので参考になさって下さい。

 

宝石・貴金属は、修理して直して残すのか、そのまま誰かにあげるのか、換金するのか

宝石・貴金属の財産目録・エンディングノートの作成

貴金属(インゴット・金貨・金杯等)遺産相続に関する遺言書の作成

早めの断捨離での宝石・貴金属の生前整理

住宅関連の整理、賃貸住宅、持ち家の生前整理(中に貴金属はないか)

ネットで購入の純金積み立ての解約・現金化

宝石・貴金属のクレジット支払い残高の内訳

メルカリ、ラクマなどで販売済みの金額の移動

遺品整理とは

遺品整理(いひんせいり)とは、亡くなった人(故人)の残した品(遺品)を整理することです。

時には「遺品処理(いひんしょり)」や「遺品処分(いひんしょぶん)」という場合もあります。

 

遺品は、いわゆる亡くなった人の遺産(故人が残してくれた財産で、死亡時の所有権や債権だけではなく負債も含まれます)です。

当然、動産(不動産以外のものや財産を指します)などの物品全般を指しています。

故人が生前に使用していた、宝石・貴金属・ブランド品・生活雑貨や衣類・家具・家電製品などがあります。

 

しかし、中には古いだけの古物としては財産価値のないものも含まれている場合もあります。

昔からのしきたりでは、故人の遺品を遺族で分け合う「形見分け」もあり、急な出来事で、亡くなられる場合もあります。

 

例えば、借家や賃貸アパートなど賃貸住宅を明け渡さなけばならないようなこともあります。

大抵は、葬儀など法事が終わってから、遺族や業者に依頼しての遺品整理・遺品処分をされる事が多いと思われます。

 

日記・手紙・手帳(住所録やメモなど)・預金通帳などは、1年から2年程度は必要になることもありますから大事に保管が要ります。

特に、故人の通帳からお金を引き出す時は結構な労力も必要です(身分証明や戸籍謄本で故人との関係性の証明)。

 

また、その他の家具やタンスなどの家財道具や書籍などや、中には引き取り手のつかない、あるいは財産価値もなく処分を行うことのできない物品もあります。

家具やタンス類は福祉施設に寄付や、書籍は地域の図書館や学校への寄贈も出来ますが、買取業者で処分もできます。

遺品の分類例

貴重品:金品や宝石・貴金属や通帳や印鑑などの直接的な財産

思い出の品:写真や手紙・手帳などの他、趣味の道具や蒐集物(しゅうしゅうもの)など

衣類など:衣服や布団など

家具や家電製品:家具やタンスの家具類、生活家電など

食料品:冷蔵庫内の生鮮食品や保存食や冷凍食品など

遺品整理の活用法

買取業者で遺品の分類では、貴重品や思い出の品などは直接遺族に引き渡しします。

しかし、思い出の品の中で、遺族の気分を害する遺品が含まれる場合は、業者が遺族側の心情を思い処分する場合もあります。

 

食料品は原則として処分いたし、冷凍食品は賞味期間中であれば遺族にゆだねます。

家電製品は中古品として買取し、遺品整理業者の金額に充当するか、遺族に渡されます。

なお、処分するかしないかは原則遺族の意向によります。

 

宝石・貴金属・時計・ブランド品は遺品整理業者よりも直接に遺族が宝石・貴金属専門買取に任せた方が良いです。

なんでも買取る遺品整理業者の中には、宝石・貴金属・ブランド品の査定額が正確でない場合もあります。

結局、宝石・貴金属・ブランド品は専門買取業者へ転売して、手数料を取りますから遺族に渡るお金が少なくなる場合もあります。

宝石・貴金属・ブランド品の生前整理活用法

遺品整理の外部委託先としては、「遺品整理専門業者」「便利屋」「特殊清掃業務会社」があります。

大きいものや資産価値のないものは、上記の業者でも大丈夫だとは思いますが、宝石・貴金属・ブランド品は注意が要ります。

 

宝石・貴金属・ブランド品の処分で、業者に買取して欲しい時は安心できる業者をお選びください。

多くの、宝石・貴金属・ブランド品の買取実績のある、見る目がしっかりとした評価ができることが大事な事です。

宝石・貴金属の「生前整理」や「買取」活用テクニック

宝石箱の中や、タンスの奥を整理していて出てきた宝石・貴金属や、その他ジュエリーの数々。

 

リングのサイズが合わなくてそのままになっていたり、デザインが古いと感じて使用していないジュエリーはあるものです。

親や義母からのもらったもの、終活や、遺品整理で授かった品など、現在の資産価値はどれ位か気になる場合もあるのではないでしょうか?

 

ジュエリーと一緒に「鑑定書」や「鑑別書」が取り置きしてあると一番良いのですが無い場合もあります。

ダイアモンドの場合は「鑑定書」で、エメラルドなどの色石は「鑑別書」になります。

また、ご自分でかなり以前に購入した品で、鑑別書や付属品、記憶もあいまいな時には下記のように区分してみて下さい。

ジュエリーの中石の宝石は、ひび割れや傷がついていないか?

買取では、通常は、石に傷ついていたり、欠けていた場合は商品価値がありませんので、枠の価格が評価されます。

石に傷がついていても、特別高価な石(5大宝石)の場合は「リカット」して再生できます。

「リカット」とは、石そのものの外的な傷を研磨等して無くすことです。

宝石が欠けたり割れたりしている場合は、「買取」してもらい、換金(お金に変える)が望ましいです。

 

売却で「買取」時は、枠の素材が何なのか見ます(K18,PT900,PT850,K18WG,K14,K14WG,SV900,SV)、

ただし(K18GP,K18GFのGPやGFの刻印)は偽物やメッキ加工品です。

買取金額の計算方法

リングの中に「刻印」がしてあります。ペンダント等は枠の裏にあります。(無いものも中にはあります。)

(例)K18 5.00 0.30 (外国製品の場合は「18K」や「750」と刻印の場合もあります)

この場合は、素材がK18(18金イエローゴールド)、5.00は中石のカラット(重さ)、0.30は、脇のメレーダイヤモンドの総カラット数(重さ)です。

最近では、K18WG(18金ホワイトゴールド)も多いです。ちなみに、1ct(カラット)は、0.2グラムとなります。

 

例えば、リングの総重量(石を含む)が15.0グラムですと、石の重さは(5.00ct + 0.30ct X 0.2グラム=1.06グラム

15.0-1.06=13.94グラムが枠の正味の重量となります。

正味の重さが解れば、おおよその地金の買取価格の目安が解ります。

K18の<枠>買取価格の目安

当日の地金買取相場価格(純金)X枠の地金重量X0.75(K18は18/24の意味)X0.7(係数:お店で違います

したがって、金地金買取相場価格が4.600円/gの場合の、K18枠13.94グラムの買取価格の計算です。

4.600X13.94X0.75X0.7=33.665円となります。

Pt900の<枠>買取価格の目安(古い品で、Pm900の刻印の場合もあります)

当日の地金買取相場X枠の地金重量X0.90(Pt900は900/1000)X0.7(係数:お店により違います

したがって、Pt地金買取価格が3.500円/gで、Pt900で、13.94グラムのときの買取価格の計算です。

3.500X13.94X0.90X0.7=30.737円となります。

ちなみに、Pt850(Pm850)の場合の計算方法は(850/1000=0.85)です。

 

スクラップとしての買取の場合は、上記の地金買取価格に中石と枠についている脇石のメレーダイヤの合計金額となります。

業者が再販できると思えば、通常は中石の代金を査定して加えますが、あまり期待しないほうが良いかと思われます。

リングやペンダント使用の中石の宝石が美しい時

その品に愛着があるか、無いかを考えます。

愛着のある品は、後世に残すことを考えられてはいかがでしょうか?

 

子供さん、お孫さん、お世話になった人にプレゼントも良いかもしれません。

デザインが古い場合は、もらった人が最新のデザインにリフォームして楽しむことも可能です。

その時は、旧枠を下取り金額として加工代金の一部としても使用も可能です。

 

どのような宝石でも、決してご自分で枠から外さないようにして下さい。

無理に外そうとして、宝石に傷がついてしまいますと、それで価値がなくなり石の「買取」査定も「0」となります。

 

少しでも高価で買取してもらうためにはジュエリーは綺麗なものが良いです。

宝石が留めてある枠の裏側が汚れていますと、宝石が輝きませんので評価が下がります。

しかしご家庭や、宝石店でサービスの、超音波洗浄器でのクリーニングには不向きな石もありますので避けた方が良いです。

リングやペンダントのデザインが古いと感じる時

その品に愛着が無く、しかもデザインが古い場合は地金枠として換金処分も良いかと思います。

製品として再販のための「買取」できるか、「スクラップ処分」にするかは市場性を考えた業者の判断です。

 

中石が特別な美しいと思われる場合などは石だけ取り置きも良いかもしれません。

どれだけ、中石に価値があっても「買取」してもらう時は残念な買取価格となりますから処分時は、慎重に業者を選定して下さい。

良心的な買取店であれば、地金、メレーダイヤ(枠についてる小さなダイアモンド)、中石と良い価格評価をしてくれます。

 

宝石の価値や、地金(金・プラチナ)の価格を調べてみたい時は下記のサイトが便利です。

  【金・プラチナ・宝石・ダイヤモンド・ブランドジュエリーの専門買取】

宝石・貴金属の「買取」に関する関連情報

宝石・貴金属の「買取」に関する関連情報は下記に掲載してみました。

  宝石・貴金属、買い取り前の秘密の「整理整頓」と「断捨離」

 【貴金属買取】宝石・貴金属の有効利用で、お金が欲しい!そんな「急な資金」を作る方法とは

 【貴金属買取】定年前に始める、宝石・貴金属の「終活」と「生前整理」「断捨離」の始め方

 【貴金属買取】ネックレスの買取で「換金価値」の高いものとは

宝石・貴金属・ジュエリー・ブランド品を「買取」してもらいたい時

安心できる「信頼」と「信用」できる買取店の記事を下記に書いていますのでご参考になさって下さい。

 

【貴金属買取】あなたの家に眠っている、貴金属買取の安心業者の「口コミ」や「比較」

  貴金属買取の安心業者の「口コミ」や「比較」

 

節税・相続に効果的!金地金の精錬分割加工サービスをご存知ですか?

  金地金の節税対策【リファウンデーション】

スポンサーリンク


この記事を読まれた方はこちらも読まれています

コメントを残す